箱根駅伝の応援場所おすすめ穴場は?大手町・箱根・横浜など時間はどこを何時かも紹介!

Pocket

スポンサーリンク

いよいよ箱根駅伝の開催まで、残り一週間を過ぎました。

来年2020年度の箱根駅伝は、100周年と令和初開催が重なる記念すべき大会です。

箱根駅伝と言えば、スタートの大手町から横浜、湘南の絶景を抜けて、箱根に入ると名物の函峯洞門バイパス等、数多くの名物スポットを通過していくのも特徴ですよね!

テレビで応援するのも良いですが、やっぱり箱根駅伝は現地で観るのが一番です!

そこで今回は、現地で観戦される方のために、おすすめの応援場所や穴場スポットをご紹介したいと思います!

この記事では、スタート地点の大手町はもちろん、横浜から折り返し地点の箱根までの、詳しい応援地点だけではなく!どこを何時に通過するのかも調べてきました!

2020年度の箱根駅伝まで時間も残り僅かですが、流石に今から応援場所を確保している人は少ないかと思われます(笑)。

ですので、今、この記事を見ている方も間に合いますので!そこはご安心を。

お待たせしました!

いよいよ次からは、オススメのスポットと穴場スポット&そこを何時に通過するかまでのご紹介です!

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2020のおすすめ穴場スポットの応援場所はいったいどこ?

続いては穴場スポットのご紹介です!

箱根駅伝は多くの人が訪れます。

上記で紹介したおすすめの応援場所は、当然ながら多くの人達が訪れます。

そこで!

人混みは嫌!穴場のスポットって無いの?という方向けに、穴場のスポット(応援場所)を紹介していきましょう!

 

4区小田原駅付近

ここも結構な穴場スポットです。

まず、応援場所が沢山あります!

テレビで観ているのと実際に現地に行くのとでは全く違いますよね。

ですので、応援する側が色々場所を選べるというのは、実は結構有り難いことなんです!

この小田原駅付近は、小田原駅を降り、駅伝コースの国道1号に出るまでにたくさんの道がありますので、色んな場所を選ぶことが出来ます。

人気は小田原城を見物できる通りから国道1号へ出る道ですが、メインは走者ですので!そこは外しても良いと思います。

 

5区 箱根宮ノ下郵便局付近

最初の穴場スポットは「箱根宮ノ下郵便局付近」です!

最寄り駅は箱根登山鉄道小涌谷駅になっています。

この場所は宮ノ下駅と小涌園前のちょうど中間の地点にあります。

大半の人は宮ノ下駅や小涌園前に集まるので、ここは人が少なく、場所取りが非常にしやすいです。

近くの消防署に併設されているトイレも近いので、特に女性の方は安心ですね。

 

10区 馬場先門交差点付近

実は最終10区にも人が少ないポイントがあるんです!

この馬場先門交差点付近は、ちょうど有楽町とゴールの間にありますので、人が少なめな傾向にあります。

やっぱり大手町のビル郡付近で見たい!そんな方には絶対オススメの応援場所でしょう。

道幅も広いため、場所の確保にも困りません。

遠方から来る方はそのまま東京観光もできますので、オススメです!

スポンサーリンク

 

箱根駅伝2020の大手町・箱根・横浜など通過時間は何時?

さて!いよいよ定番の応援場所と穴場スポットのご紹介です。

場所の紹介に合わせて通過時間も記載していきます。

箱根駅伝は2日間に渡って行われ、その合計走行距離は217.1kmに及びます!

現地で応援と一言に言っても、その全てが見られる訳ではないのです。

ですので、応援場所選びは慎重に行う必要があります!

スタート地点やゴール地点に設定されている読売新聞社前や箱根芦ノ湖入口駐車場前には、当然多くの方が訪れることが想定されます。

一方で、現地の方しか知らない穴場スポットも有るハズです!

それ以外にも、様々なスポットを全区間!往路と復路を含めてご紹介していきたいと思います!!

では、区間ごとの応援場所の情報をどうぞ!

 

1区(21.3km)大手町~鶴見

【読売新聞社前】(通過時間8:00~)

やはりスタート地点になっており、復路のゴール地点でもある大手町、特に読売新聞社前は外せないlでしょう!

スタート前の緊張感はここと箱根芦ノ湖入口駐車場でしか味わえません。

ビル群がそびえ立つ大通りに大勢の観客が集うその光景は、それだけで観に行く価値が有ります!

しかし、初日のスタート地点ということもあるので、最も多くの人々が集うことが予想されます。

どうしても観戦したい方は、それなりの心構えと準備をして向かいましょう!

【六郷橋】(通過時間8:50~

東京都大田区東六郷と神奈川県川崎市川崎区本町との境に架かる、六郷橋は1区の終盤の地点です。

ここを抜けると2区の走者が待っている鶴見中継所が見えてくるので、序盤の激しいレース展開が見られます!

そういう意味では、ここも穴場スポットと言えるでしょう。

 

2区(23.1km)鶴見~戸塚

【戸塚中継所付近】(通過時間10:00~)

出場校のエースが集い、通称花の2区とも呼ばれるこの区間。

5区に続いて2番目に長い区間ともなっており、否が応でも選手達に掛かる負担が大きい区間です。

中でも一番の勝負どころと言われるのが、区間終盤の戸塚中継所前。

通称「戸塚の壁」です!

2区のゴールが残り3キロに迫る中、突然急勾配の坂に襲われます。

間違いなく最初にドラマが訪れる区間となっておりますので、オススメスポットと言えばまずここです!

 

3区(21.4km)戸塚~平塚

【茅ヶ崎(サザンビーチちがさき入口付近)】(通過時間10:50~)

富士山を正面に遊行寺坂を下って、その先に湘南海道に出る比較的フラットな区間です。

かつては繋ぎの区間として見られていたこの3区も、近年では2区の遅れを取り返すため強力な選手を配置する校が多くなり、ごぼう抜きも見られるようになりました。

特にオススメする応援場所は、海が見渡せる茅ヶ崎(サザンビーチちがさき入口付近)です!

せっかく3区の応援に行くのであれば、海をバックにという条件は外せないでしょう。

見晴らしが良いので、遠くから選手が来ているのが分かるのも特徴です!

 

4区(20.9km)平塚~小田原

【二宮駅近辺】(通過時間11:20~)

昔は最も短かったこの区間ですが、現在ではそれも変わり、準エース区間とも呼ばれるようになりました。

この区間では距離が短い代わりにアップダウンが激しいため、特に二宮駅近辺はそれが顕著です。

4区の特徴とも言える二宮駅近辺が、見どころスポットと言えるでしょう!

 

5区(20.8km)小田原~箱根

【箱根駅伝ミュージアム前】(通過時間13:25~)

5区は小田原中継所から芦ノ湖のゴールまでを駆け抜ける「山登り」区間です!

いよいよ箱根を目前にし、往路のゴール争いとなる区間。

標高0mの地点から874mも登ることになりますので、選手達の適正がまさに求められる区間でもあります。

応援場所は数え切れないほどあって選ぶのが難しかったのですが、やはりナンバーワンと言えるのは箱根駅伝ミュージアム前でしょう!

ミュージアムで食事を取りながら観戦できるため、競争は激しいと思いますが、最もオススメできるスポットです。

スポンサーリンク

 

6区(20.8km)箱根~小田原

【箱根口インターチェンジ付近国道1号線沿い】(通過時間8:50~)

小田原中継所の手前のエリアです。

前日とは打って変わって下り坂が続く区間ですが、終盤の3キロで平坦な道に戻ります。

下り坂から平坦な道への切り替えと、終盤という二重苦が選手達を襲います。

通常の区間よりも体力が残っている選手が多いと思われますので、ラストスパートがより激しい区間とも言えるでしょう。

ですので、6区は終盤のインターチェンジ付近がオススメです!

 

7区(21.3km)小田原~平塚

【長者町交差点を左に入る134号線沿い】(通過時間10:00~)

こちらの区間もオススメするのは終盤のエリアです!

特にこの長者町交差点を左に入る134号線沿いは、平塚中継所まで残り1キロメートルの激戦区の上り坂があります。

更に、最後の上り坂は往路では通らないエリアのため、復路でしか見られないという部分もポイント!

少しマニアックなエリアですので、応援する人も比較的少なめだとか。

レアな画にこだわる人は必見のエリアでしょう!

 

8区(21.4km)平塚~戸塚

【戸塚中継所付近】(通過時間11:05~)

こちらもやはり、終盤戦となる戸塚中継所付近が最もオススメのエリアと言えるでしょう!

景色が豊かな区間ですので、正直、どこでも選び放題と言って差し支えないです(笑)。

オススメは戸塚中継所付近ですが、人が多い事が予想されるので、それ以外のエリアも検討してください!

 

9区(23.1km)戸塚~鶴見

【鶴見中継所付近】(通過時間12:10~)

いよいよ復路の終盤です!

最終10区の一個手前ということもあり、既に白熱したレース展開になっていることが予想されます。

やはりオススメとなりますと、最終ランナーにバトンを手渡す光景が見られる鶴見中継所付近でしょうか。

既にこの辺のエリアから人でごった返していると予想されますので、注意は必要です。

 

10区(23.0km)鶴見~大手町

【鶴見中継所付近】(通過時間12:10~)

いよいよ最終区間です!

こちらも一つ目のオススメの応援場所としましては、やはり最終ランナーがタスキを貰って走り出した鶴見中継所付近が挙がるでしょう。

中継所の間近ですと大勢の観客が居ることが予想されますので、あえて数百メートル離れた場所に行くことをオススメします。

最終ランナーが次々とやってくる光景は圧巻です!

【大手町・読売新聞社前】(通過時間13:20~)

ここを外すのはありえないでしょう!

とうとう箱根駅伝のゴールが見られる読売新聞社前です!

当然ながら最も多くの人々が押し寄せていると予想されます。

報道陣でごった返していて、とても楽な観戦はできないかもしれません。

それでも!ゴールの瞬間を見たいのであれば、絶対に外せないスポットでしょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大手町、横浜、湘南、箱根…。

数々のスポットの中でも、やはりスタート地点とゴール地点や中継所の付近が人気の応援場所だと言えそうですね。

穴場スポットもここでご紹介した以外にも沢山ございますので、もっといい場所は無いの?という方は、グーグルマップ等を参考に自ら探すのも良いと思います。

2020年度の第96回大会は令和初開催ということもあり、例年以上の観客動員数が予想される箱根駅伝。

やっぱり現地で選手達を応援するのが、迫力も興奮も一番だということには、異論ないでしょう。

それが箱根駅伝を愛する方なら当然だと思います。

もちろん、今まで箱根駅伝を見たことがなかった方も、今回のこの記事を参考にしてださればと思います!

以上、箱根駅伝2020応援場所おすすめ穴場はどこ?大手町・箱根・横浜など時間はどこを何時かも紹介!でした!

スポンサーリンク