Iターンのキャスト・あらすじや相関図を画像付きで紹介!主演はムロツヨシ!

Pocket

スポンサーリンク

7月12日から毎週金曜日の深夜0時12分から主演ムロツヨシで「Iターン」が放送されます。

このドラマの原作は福澤徹三さんが著書した本がもとになっています。

その本では、ただのしがないサラリーマンなのに面白い展開が人気を集めています!

それがドラマになるっていうのは、一体どんなキャスト陣を迎え入れ、どのようなあらすじ・相関図になるのか気になるところですよね!

それでは早速「Iターン」のキャスト陣や相関図、あらすじもふまえて紹介していきますね!!

スポンサーリンク

 

 

Iターンの主演ムロツヨシを含めたキャストや相関図はどんな感じ?

主演ムロツヨシを含む豪華キャストは誰なのでしょう?

そしてそれぞれどんな役割を担っており、どんな関係性になっているのでしょうか?

それでは早速、ドラマを見る際に絶対に気になるキャストの役割や相関図を分かりやすく紹介していきます!

 

狛江光雄(こまえみつお)役:ムロツヨシ

不幸の無限ループに陥る冴えない中年サラリーマンをムロツヨシが演じていきます。

広告代理店に勤める営業マン・狛江が、左遷で地方の小さな支社に異動を命じられ、単身赴任することになります。

赴任先は、ヤクザが行き交う“修羅の街”!!一度の仕事のミスが、人生を大きく変える受難の日々の始まりだった―。

 

ムロツヨシが演じる狛江がどうやって乗り越えていくのか気になってきましたね。

続いてムロツヨシさんのコメントもどうぞ!!

  • ドラマ24の主演が決まったときの感想
    いろいろ経験させてもらった場所で、主演として呼んでもらえたことが、歴史がある感じがして嬉しいです。
    ドラマ24と信頼関係を築いて、やっと今ここで真ん中に立たせてもらうということがありがたいです。
  • 「Iターン」の脚本を読んだときの感想
    ドラマでは、岩切と竜崎というタイプの違うヤクザのバチバチ感や、僕が演じる狛江と岩切と竜崎の妙な三角関係がより濃くなっているなと。
    僕はこの2人にやられ放題なんですけど、「やられてみようかな」とすんなりと思いこめる脚本だったなと思います。
  • 狛江という役を演じるにあたって
    30代前半の頃は“やられる”役が多かったですが、最近は “やられる”よりも、コメディで人に笑ってもらえる役が多かったので、自分の中に潜んでいるMの心が久々に出てきました。
    僕自身、SとM両方持っていると思うのですが、今回はMを全面にだしたほうがいいなと思って演じています。
    あと、監督からは、「サラリーマンは決して楽ではないけど、かわいそうではない」というのを出したいと言われました。
    役ではありますが、いちサラリーマンとして、そして家族を持った一人の男として、それを背負って演じたいなというのは一番大事にしています。
  • 視聴者の皆様へみどころ・メッセージをお願いいたします
    ドラマ24ならではであり、今までのドラマ24を超えるくらいのすごいバランスのキャストが集まっています。
    僕が憧れていた俳優さん、嫉妬するくらい、いいお芝居をするなぁと思っていた俳優さんたちと、なかなかこういう関係性と役で「会話」ができることはないので、その「会話」を楽しみにしていただきたいです。
    また、これからどんどんドラマや映画で見ていくであろう俳優さんたちも多く出ていますので、是非そこは注目してほしいと思いますし、脚本・監督に内田英治という監督がやってきてくれましたから、新しい深夜ドラマとして楽しみにしていただけたらなと思います。

 

岩切猛役役:古田新太

狛江(ムロツヨシ)を振り回す「岩切組」の組長を古田新太が演じていきます。

岩切は、人情に厚く仲間を絶対に裏切らない一方で、裏切り者には容赦がない昔気質のヤクザです。

狛江の左遷先・阿修羅市を牛耳るヤクザの親分として君臨しています。

狛江は、仕事で起こしたミスがきっかけで、無理やり岩切の舎弟に…!?サラリーマンとヤクザの二重生活を始めることになる!?

 

この感じだと狛江と岩切の絡みはかなり多そうですね!!!

古田新太さんのコメントもどうぞ!

  • 岩切という役について
    岩切は、人情に厚い昔ながらのヤクザで、結構武闘派です。
    今の時代ではちょっとコンプラ的にダメな人かなと思います(笑)。
  • 共演のムロツヨシについて
    ムロ(ツヨシ)は、いくらいじめられる役をやってもお客さんに笑われるというすごくいい才能を持っています。
    今回も、殴ってほしそうにしているからオイラは普通に殴っています(笑)。
    それがかわいそうにみえると残念ですけど、ムロの場合はおもしろい。
  • 視聴者の皆様へメッセージをお願いいたします
    ムロくん演じる狛江が、オイラが演じる岩切と竜崎にどんどん追いつめられていきます。
    そんないじめられっ子のムロくんを楽しんでいただければ。
    いじめられる人によっていじめている側の見え方が変わってきますが、ムロくんはその才能が素晴らしいので、ぜひともいじめられているムロくんをみて、ゲラゲラ笑ってください。

 

竜崎剣司役:田中圭

狛江(ムロツヨシ)を利用し、岩切(古田新太)率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司を田中圭が演じます。

竜崎は“冷徹で計算高い頭脳派ヤクザ”です。昔気質の岩切とは全く違う新しいやり方でのし上がり、バチバチと火花を散らしていきます。

そんな2つの組が対立する街にやって来た崖っぷちサラリーマン・狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には“舎弟”にされてしまいます。

竜崎は、トラブル続きの狛江をアメとムチを使い分け、言葉巧みに利用。

昔気質の人情派な岩切と冷徹な竜崎に睨まれた狛江-。

岩切組舎弟とサラリーマンの二重生活に加え、次々と仕掛けられる竜崎の罠も……。

 

この感じですと田中圭はクールなインテリヤクザって感じですね!

田中圭さんのコメントもどうぞ!!!

僕が演じる竜崎は、わかりやすい言葉で言うとインテリヤクザ。

こういう役は久々だったのと、ムロツヨシさんや古田新太さん、他にも知っている人がいたので、楽しそうだなと思いました。

“ムロ節”を生で体感できておもしろかったのですが、ムロさん得意のアドリブをもう少し堪能したかったなと思います。

作品自体はコメディ要素がすごく強い作品なんですけど、僕とムロさんのシーンは毎回僕が脅しているので(笑)。

新太さんは、こういう役を相当数やられているので、そんな新太さんに同じヤクザ役としてなんとか対峙できるように、気持ちの面では負けないよう意気込みを持って現場に臨みました。

脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところがおもしろく追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。

主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、おもしろおかしくみてくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)。

そんな主人公をムロさんがきっとすごく愛せるようなキャラクターにしているので、みなさんで愛していただければなと思います。

 

柳直樹役:渡辺大知

服装や髪形もだらしないうえにやる気がなく、定時退社が当たり前の宣告社阿修羅支店の営業・柳直樹。

 

吉村美月役:鈴木愛理

仕事も恋も興味がないマイペースな宣告社阿修羅支店の事務・吉村美月

スポンサーリンク

 

Iターンのあらすじは?原作とのキャスト・相関図の違いなどはある?

さてキャストも分かったことことですし、大まかなあらすじを紹介していこうかなと思います!!

また原作とのキャストや相関図に違いがあるのか気になりませんか?

そういった所も紹介していきます!!

それでは早速見ていきましょう!!!

 

あらすじ

中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社に行くことに。

妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任。

社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。

家のローンに、娘の進学…リストラされるわけにはいかない!

馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。

そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が鳴った!!!

怒り心頭の社長・竜崎が手にするのは狛江が担当したチラシ。

そこにはとんでもないミスが!

しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。狛江は絶体絶命のピンチに陥る。

さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切も怒鳴り込んでくる。岩切が激怒しているワケとは一体…!?

突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。家族のために働く冴えないサラリーマンの人生が一転、借金を抱え、身売りのピンチになる。

さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に!?

“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート!

不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!?

早く放送して欲しくなってきましたね!!

 

原作とのキャスト・相関図の違いはある?

やはり注目を集めるのは主演のムロツヨシを中心としたアドリブの面白さも含まれると思います!!

そういった所で原作との違いが出てきそうですが、相関図などに違いはないと見られています。

ドラマ24ということもあって原作により近づきやすいのかなと。

またそれ以上を期待してもいいと思います!!

楽しみになってきましたね!!

スポンサーリンク

 

まとめ

以上、2019年7月12日から放送される最新ドラマ「Iターン」のキャスト陣や相関図、あらすじを紹介させて頂きました。

あらすじだけでも面白そうなのに主演ムロツヨシを筆頭に個性あふれるキャスト陣でどのような展開になっていくのか楽しみですね!

またムロツヨシのアドリブも注目していきたいですね!!

相関図からキャスト同士の絡みも楽しみになってきました!!

2019年7月12日が待ち遠しいですね!!!

以上、主演ムロツヨシ「Iターン」のキャストや相関図、あらすじについてでした。

スポンサーリンク