ルパンの娘の第2話ネタバレと感想をご紹介!泥棒と警察の家族の顔合わせは取り調べ?三雲家が詐欺被害に遭う?

Pocket

スポンサーリンク

2019年7月11日(木)22時からスタートしたルパンの娘も第2話までのオンエアが終わりました。

第1話のネタバレと感想をに書いた通り三雲家がハイパーソーシャルクリエイターと華の兄に書き換えられていて、桜庭家の家族が挨拶に家の前に来るところで終わりました。

この、ハイパーソーシャルクリエイターの肩書を付けていた事に関しては、華も知りません。

第2話では、なんと桜庭家と三雲家の顔合わせもあります。

いったいどの様な顔合わせになるのでしょうか?

そして今回は、Lの一族の三雲家は何を盗みに行くのかが気になる所です。

第2話でも、華のアクションシーンがありますよ!

そんな気になるルパンの娘の第2話のネタバレと感想を一挙ご紹介いたします。

ジラフくん
三雲家に桜庭家の家族が警察と分かったら三雲家の家族はどんな反応をするんだろうね。
エフレファンくん
今回は、三雲家の祖母マツが詐欺被害にも遭うんだって!

スポンサーリンク

 

ルパンの娘第2話のネタバレ

華の父親がハイパーソーシャルクリエイターと知った和馬は、華の家に家族と行きます。

ここまでは、第1話の放送でありましたね。

そして、桜庭家の両親は華の家に押し寄せますが和馬のお父さんとお母さんはいつもスーツしか着てません。

実際自宅のシーンでも、こちらの夫婦はスーツです。

いくら、警察一家だからと言ってスーツばかりで暮らすなんて疲れそうですね。

そんな警察一家の桜庭家は、いったいどの様な挨拶をするのでしょう。

 

三雲家VS桜庭家 自宅に押し寄せ物色しながら取り調べ?

家まで来てしまった桜庭家の両親を引き返すわけにもいかず、とりあえず仮の実家の一軒家の中へ両親を案内しました。

玄関に入るとそこには靴が5足ならべてあり、和馬の母はさっそく真っ白な手袋をして靴を物色しだして「靴が全然すり減ってないですが、ご家族はあまりお出かけにならないのですか?」とするどいツッコミが入ります。

この靴はダミーの靴を置いていたので、華はするどいツッコミに動揺しました。

その一方で、華の実家のタワーマンションでは警報器が回り続けていて警戒状態です。

華は、たぶん自分の親はこの仮住まいには来ないだろうと踏んで桜庭家の家族を家に入れたのですが、両親は来てしまいました。

お互いの家族が挨拶をすると、両両親は固まり「焦げ臭い」そう言っていたら祖母が兜焼きの入った鍋を持ってお決まりの大阪弁で「焦がしてもうたわー!」と現れたのです。

「仕方ない何か取ってこよう。」と華の父親は言い、和馬やその両親が見えないすきにタワーマンションに通じる畳の下に飛び込んでいきました。

たぶん、何かを盗みに行ったのでしょう。

盗んだ食材で豪勢な食事ができあがって話し出すと、代々公務員であると和馬が話をし、警察官だという事まで話そうとすると華は、「公務員なんだよね。」と警察官の言葉を止めます。

華の家族は、役職仕事は堅いイメージがあって好かないだとか、国民の税金をもらって働くなんてとあまり良いイメージはない事を伝えると桜庭家の両親も反撃をしだしました。

「国民からお金をもらっているので安全を提供する責務が生まれるのです。」と言うと、華の父は「公務員という仕事は嫌いなんです。」と言ってどんどん空気が悪くなり、家族のバトルが始まりました。

和馬の父親は「そもそもハイパーソーシャルクリエイターとはなんの仕事なんですか?ソーシャルクリエイターだけでも分からないのに。」

和馬の母は、「うさんくさい肩書ね。具体的な仕事を教えてください。」ときつい言葉で言います。

父親は仕方なしに「インフラの整っていないアジア諸国に出向いて、貧乏な子供の学校も作っていてまさにその国の社会をハイパーにクリエイトしている。」と嘘の仕事を伝えました。

和馬の父は、鼻で笑い「ようするに、何事にもいっちょ加味して利益を得る泥棒猫のような認識でよろしいでしょうか。」

それを聞いた華の母は、「あんまりですよ。主人を泥棒扱いするなんて。」とどんどん空気は悪化し和馬も両親に怒ります。

とどめを刺すように、和馬の父は「この世で一番うさんくさい肩書が嫌いなんですよ。」と和馬は困り果てると、窓側に飾ってある、祖父の写真と野球ボールを見つけ「おじい様は野球をやられていたのですか?父も野球をしてたんです。」

その言葉で父親同士の空気は一変して両父親は、野球の話で盛り上がりしかも高校時代大戦をしていたのでした。

お互いの父親が手をにぎり野球の話で盛り上がりを見せているのです。

「一杯やりましょう。」と一気に和むのでした。

和馬の母だけをおいて。

家に帰っても和馬の父はご機嫌で、捜査一課に配属したら結婚を認めるとまでいいだしましたが、母は、あの家族は変で家に生活臭がしない!と嫌がるのでした。

 

迫るアポ電強盗!そして、華VS和馬の母!!ふたりのアクションのようなシーン

いつものように華が図書館で仕事をしていると、背後に人の気配を華は感じ取ったのです。

これは、なんだかアクションシーンのようです。

見えない誰かを華は走って身を隠しながら追って、最後にジャンプをして高い本棚を飛び越えるとそこには和馬の母親がいました。

和馬の母は、華に和馬と別れるように言いに来ていました。

華は、それを聞いて「私の様なものは和馬さんにふさわしくないとおもっています。別れます。」そう伝えると、和馬の母親は安心していました。

帰り際、和馬の母親は「それにしてもあなた、おっとりしていると思ったのに意外と身のこなしがいいのね。」と去っていったのです。

そのころ和馬は、最近流行っているアポ電強盗の捜査をしていました。

被害に遭った老人は、自宅に電話があり出ると息子からで痴漢をしてしまって示談金を払わなくてはいけなくなり150万を用意してくれとの電話です。

それをおかしいと思い電話をかけなおそうとすると、警察を装った人間から電話が来てオレオレ詐欺に遭っているからと監視しているので取りに来た相手にお金を渡すように言われたようです。

そしてまんまとお金を取られて警察にいる被害者の老人は嘆いています。

その嘆きを聞いて、和馬は必ずこの手で犯人を捕まえます。

そう言って決心したのでした。

スポンサーリンク

 

三雲家に忍び寄るアポ電強盗!イケメン強盗円城寺は今日も片思い中の華のもとへ

ルパンの娘の登場人物には、円城寺輝もいます。

円城寺輝は大貫勇輔さんが演じられています。

大貫勇輔さんはミュージカル俳優なのでもちろん歌もダンスも得意です。

円城寺は、華の幼馴染でずっと華にあこがれを持っています。

円城寺は、世界をまたにかけて泥棒をしているので華にはぴったりかもしれませんね。

ここから、円城寺のシーンも一緒にご紹介していきましょう。

 

イケメン強盗円城寺と華のミュージカルシーン!和馬との関係に終止符を打つ助言をもらう?

仕事を終えて華は図書館を出て帰ろうとしていました。

クラクションが鳴り振り返ると、バイクに乗った円城寺が待ってます。

円城寺は、華と話すために待ち伏せしていました。

いつものように、花畑に行って二人で歌いながら話をしています。

別れるならいっそ彼に嫌われて別れたらどうだ。

わがままを言って相手の都合を考えず「私と仕事どっちが大事なの?」とKOさせるのさ。

それを聞いて実践に移す事にしました。

華は仮の家で電話をかけます。

「私と仕事・・」まで言って、「どっちかなんてえらばなくていいから。」と言えませんでした。

 

家族は次なる強盗の場所を決めて作戦会議

タワーマンションに帰ると、家族はまた盗みの話をしていました。

次は秀吉の愛した茶釜を盗もうとしているのです。

華は「ねぇ、やめときなよ。どうせまた危険な人から盗むんでしょ?」と呆れます。

すると、祖母は「今回のターゲットはこの男や!」と楽しそうにタブレットの情報を見せてきました。

この男は、介護事業を営む社長です。

この男は、実はアポ電強盗の犯人。

介護を必要とする老人がこの会社にアクセスして資料請求をして個人情報を入手して、後は手下や受け子にアポ電強盗をさせていたのです。

これは、兄がターゲットを物色していたら30億で茶釜を落札した社長の猪熊を発見しました。

でも、会社の成績は悪く社内にハッキングをするとこのことが分ったと兄はキーボードを使って発言し、機械音でタブレットから隣の部屋にいて放送しました。

すでに、エサは仕掛けてあり祖母はこの猪熊の会社にアクセスして資料請求をしたのです。

スポンサーリンク

 

犯人を分かってしまった華!どうやって和馬に伝えるか悩み、どう別れるか?

華は、和馬からメールで動画が届きます。

動画は、会えなくて悪かったことからです。

「今日は、会えなくてごめん。でも、犯人を捕まえるのが俺の使命なんだ。これから会えなくても我慢してほしい。その代わり毎日動画を送るよ。」

そう言って動画は切れました。

華は悩みました。

どうやって犯人を分かった事を伝えるか。

今回も華は和馬のために活躍します。

そして、今回も和馬の白目を向いて気絶するシーンもありますよ。

後半をお楽しみください。

 

三雲家にアポ電強盗がやってくる

ある日、家族が仮の住まいに集まり電話が、アポ電強盗の電話でした。

それは家族に任せて、華は悩みながら和馬に別れをうまくできるように電話をしたのです。

動画を見たけど今すぐ会いたいの。今から家の近くに迎えに来て。

捜査会議があるから夜じゃだめかなと言う和馬を振り切り、今じゃなきゃダメ!私と仕事どっちが大事なの?

そう電話をして自分から電話を切りました。

そして、和馬は巻に捜査会議を始めると呼ばれ行ってしまいました。

部屋に戻ると、祖母にアポ電強盗の受け子が来たらしとめるように周りが説得しています。

祖母は「おちゃのこさいさいや」と言ってちょうどチャイムが鳴ったので玄関にひとり向かいました。

出た瞬間、祖母はチョップをして男は白目を向いて倒れました。

華は、玄関に行くと「かずくん」と言いました。

和馬と受け子を間違え祖母は和馬をしとめてしまったのです。

和馬は白目を向いたまま気絶しています。

そのすぐあと本物の受け子が来たので急いで和馬を隠し受け子もしとめました。

受け子を物色すると受け渡しのばしょが分かりました。

両親はその場に急ごうとすると、華も付いていくと付いていくことになったのです。

 

華の華麗な泥棒姿が解禁

華の父親は、受け子に扮してイカツイ男にお金を渡してバイト代をもらうとその男の襟にてんとう虫3号(盗撮付き盗聴器)を漬けました。

そして華と父は仮面のスーツをまとい車で追いかけました。

男の車が猪熊の会社に着くと車を降りました。

降りると、トランクから音がするので開けると母がトランクにいて高濃度催眠スプレーZZZをかけて男を眠らせました。

即座に華と父は来て、華は受け子に渡した金を奪い返しさっさと行くよ!とトランクに男を詰めて階段で30階まで登ります。

猪熊が地下に降りている間に盗む作戦です。

階段であがるとそこには、武闘派の男が見張りをしています。

そこで、てんとう虫3号改をなげてから母は超指向性メガホンMIGPを使い、いやらしい女と男の営み声を出して男をそらせます。

すると3人は布で体をかくしてその布が廊下と同化するようにてんとう虫3号改でしてしまいました。

じわじわと進むと母は布からはみ出してしまったのです。

しかも、てんとう虫3号改は靴で潰されてしまい壊れてバレてしまったので父は高濃度催眠スプレーZZZで眠らせ眠らせました。

そして部屋に入れるカードで中に入ります。

すると茶釜を見つけ夫婦は警報装置を解除するのに必死になりますが、華は違います。

華は、猪熊のアポ電強盗の証拠をパソコンから盗み出しています。

華はコピーに時間がかかり、夫婦は警報装置解除に時間がかかっています。

不審に思った猪熊は30階に戻り眠っていいる男を見て「侵入者だ!警備の者を」と言って中に入ると誰もいません。

茶釜置きにはやかんが置かれ驚いていると、華がとどめを刺しにドアに隠れています。

そして声をかけてとどめのアクションシーンです。

しとめて母は拍手をしていますが、追手が来ているのでみんなで逃げました。

スポンサーリンク

 

華のてがらで茶釜を盗んだが、どうやって証拠をわたすのでしょう。

茶釜は、しっかりと盗み一件落着という事ですが華にはまだしなければいけないことがあります。

持っている証拠を渡さなければならない。

そして、和馬とうまく別れなければならない。

さあ、華はどうするのでしょうか。

今回、第2話の結末です。

しっかり最後まで読んでください。

 

第2話の結末

まだ気絶したまの和馬を仮の家で看病しています。

そして華は、愛おしく顔を触ります。

すると、和馬は目を覚ましました。

和馬の目の前には受け子が倒れています。

和馬は「だれ?」と言うと華は「覚えてないの?かずくんの捕まえてくれた犯人だよ。家のおばあちゃんがアポ電強盗に遭いそうになって、だから急いでかずくんを呼んだの。そして、この人がお金を取りに来た人!たぶんだけど」

そう言うと犯人の服を物色しだしました。

ポケットには、華が取り出したデーターのメモリースティックが入っています。

華は「なんだろうね。あやしいデーターが入ってそうだね。」と知らなそうにします。

そこから猪熊は逮捕されました。

和馬は巻に「お手柄だ。」と褒められます。

ですが、猪熊のスーツを着た人物にやられた。

という一言を聞いて、巻と和馬はLの一族だと気が付きます。

和馬はLの一族を捕まえて捜査一課に配属されたいのでくやしがりました。

いったいどこにいるのだろうと。

そのころ、華の両親はテレビを観ながらワインを飲んでいると華の祖母が被害女性としてテレビの取材を受けて騒いでいます。

それも、落ち着くと華は和馬の待ち合わせ先に行くと、華は別れの言葉を話始めました。

すると、祖母が現れて和馬の顔に何かを差し出しています。

よく見ると和馬の警察バッチでした。

どこに行ったのか分からなかったバッチは、祖母が気絶させたときにしばらくの間借りていたのです。

和馬は喜び、3人で食事に行くことになりました。

祖母に警察官だという事がバレてしまいました。

華に祖母は奇妙な笑みを見せます。

今回はここでエンドロールです。

 

第2話の感想

第2話ではまさかの両両親同士が仲良くなってしまいましたね。

でも、まだまだ桜庭家の母は納得のいかないようです。

華も、もっと早く別れなければと別れを切り出しますがなかなか別れられないようです。

一度好きになった人と好きなまま別れるというものは辛いものですからね。

なんとなくわかるような気がします。

これからも、ルパンの娘のストーリーが気になるので見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回も第1話に続きルパンの娘の第2話のネタバレと感想を書いていきました。

泥棒のグッズはいっぱい登場してびっくりしましたね!

特にてんとう虫3号ってあんな小さなものなのにいろいろな機能があるのですね。

そして、華が別れを切り出すのはもっと後になりそうな気がします。

来週は、華の家族までにも別れるように言われそうです。

次の第3話も書いていきたいと思います。

それでは今回は、ルパンの娘第2話のネタバレと感想を調べてみました。

スポンサーリンク