TWO WEEKS第2話あらすじ&ネタバレ!三浦春馬の圧巻の逃亡劇?

two weeks
Pocket

スポンサーリンク

2019年7月23日(火)の21時から『TWO WEEKS(ツーウィークス)』の第2話が放送されました。

第1話放送後には、三浦春馬さんが歌う主題歌や演技が話題になっていましたので、第2話のあらすじ&ネタバレがどうだったのか気になるところですよね。

第1話で無実の罪を着せられた結城大地は、娘の命を助けるために逃亡。

結城の陥れたのは誰なのか、柴崎と結城の関係は何なのか、月島の父親の8年前の事件とは何なのかなど、気になるポイントがたくさんありました。

そして第2話では、警察や検事から必死に逃げ惑う結城の姿と、結城を陥れた真犯人が誰なのかが描かれました。

それでは気になる『TWO WEEKS(ツーウィークス)』第2話のあらすじ&ネタバレを見ていきましょう!

第2話を視聴した方の反応や感想も紹介していきますね。

ジラフくん
三浦春馬さん演じる結城大地がどんな逃亡劇を繰り広げるのか楽しみだな!
エフレファンくん
ハラハラドキドキする展開に目が離せそうにないね!

スポンサーリンク

 

 

『TWO WEEKS』第2話のあらすじ!三浦春馬の圧巻の逃亡劇

第2話から本格的に始まる逃亡劇ですが、三浦春馬さん演じる結城大地がどんな逃亡劇を繰り広げるのか気になるところですよね。

また、初回では伸び悩んだ視聴率はどうだったのでしょうか?

それでは第2話のあらすじと視聴率をみていきましょう!

 

第2話あらすじ

元チンピラで服役した過去がある結城大地(三浦春馬)は、ある日元カノの青柳すみれ(比嘉愛未)から娘がいることを告げられます。

そして、その8歳になるはな(稲垣来泉)という娘が白血病を患っていることを知り、血液検査を受けに行くと、奇跡的にドナーが一致し、2週間後に手術をすることになりました。

しかしその矢先、結城は誰かに陥れられ、殺人の濡れ衣を着せられて逮捕されてしまったのです。

はなの手術が2週間後に迫る中、結城を護送中の車が事故を起こしたことをきっかけに、車から脱走したのでした。

一方、結城が殺害したと思われているホステスの柏木愛(立花恵理)の協力者で、実業家の柴崎要(高嶋政伸)のスパイをさせていた検事の月島楓(芳根京子)は、愛の死の真相を知ろうとしていました。

すると、以前すみれが愛に渡したデジカメが無いことに気付き、それに柴崎のヤバイ証拠が写っているのではないかと思います。

政治家の久我早穂子(黒木瞳)の口利きで、今回の結城の事件を担当することになった楓は、愛がデジカメを結城が働いていた質屋に入れたと思い捜索します。

しかしデジカメを預かった記録があるものの、デジカメ自体が見つからず、楓は何としても結城を見つけ出さなければいけないと躍起になったのです。

その頃、検問をくぐって逃走を続ける結城は、有馬海忠(三浦貴大)たち刑事に追い詰めれ、人気のない場所で身をひそめながら8年前のことを思い出します。

結城の脳裏にはある男の顔が浮かび、「また俺を身代わりにしようとしている……?」と思ったです。

しかしすぐ巡回中の警察官に見つかり、結城は息つく間もなく再び駆け出しました。

 

第2話の視聴率

『TWO WEEKS(ツーウィークス)』第2話の視聴率は、5.9%でした!(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

第1話では8.4%でしたので、2.5ポイントダウンとなりました。

しかし、ドラマが製作されている関西テレビで放送された関西地区では、10.2%と2ケタに乗せていました!

結城大地の逃亡劇に、視聴者をどれだけハラハラドキドキさせられるか、どれだけ視聴者を引き込めるかが今後のポイントとなってきそうですね。

スポンサーリンク

 

 

『TWO WEEKS』第2話の完全ネタバレ!

ここでは、『TWO WEEKS(ツーウィークス)』第2話の完全ネタバレを紹介していきます。

三浦春馬さん演じる結城大地のスリルある逃亡劇に大注目ですよ!

 

決死の逃走をする結城

結城大地(三浦春馬)が逃走したという連絡を受け、有馬海忠(三浦貴大)たち刑事や、月島楓(芳根京子)は驚きます。

すぐに包囲網が敷かれますが、警察の目を掻い潜り逃走する結城。

そして結城が逃走したことは、柴崎要(高嶋政伸)の耳にも届いていました。

一方、楓は上司の岩崎恭二(神尾佑)に結城の事件を担当させてほしいと頼みますが、全く取り合ってもらえませんでした。

そんな時、亡くなった柏木愛(立花恵理)からメッセージが届き、急いで開いてみると、それは誕生日のお祝い動画がだったのです。

愛からの動画を見て涙ぐむ楓は、ふと愛に渡していたデジカメが無いことに気付きます。

愛の家に角田智一(近藤公園)と一緒に捜しに行きますが、デジカメは見当たらず、結城が働いていた質屋の預かり書が大量に見つかったのです。

 

楓が結城の事件を担当

結城は逃げながらも、病院にいる青柳すみれ(比嘉愛未)に電話をかけます。

しかし、ちょうど席を外していて話す事は出来ず、同居人の相良サトル(森永悠希)の仕事場に電話し、誰かにはめられて自分は無実であることを伝えたのです。

その頃、楓の携帯に岩崎から電話があり、結城の事件を担当するように上から通達があったことを知らされます。

楓は国会議員の久我早穂子(黒木瞳)の元を訪れ、根回ししてくれたことに感謝し、結城の事件と父の事件の真相を暴くことを誓ったのです。

一方、結城は逃げながら8年前のことを思い出していました。

結城は柴崎から、すみれに手を出さない代わりに、身代わりで服役する取引をしていました。

「また俺を身代わりにしようとしている……?」

と思った矢先、大勢の警察官に見つかり逃げ出すのでした。

 

愛を殺した真犯人は柴崎

警察官に追い詰められ、ビルの屋上まで逃げた結城は、病院で会ったはな(稲垣来泉)の顔を思い出し、隣のビルへと飛び移ろうとしたのです。

しかし手が滑って落下してしまうも、下に合ったネットや段ボールがクッションとなり、なんとか助かって逃げ切ります。

夜になり、人気のない工場で座りながら眠る結城は、夢の中ではなと話します。

大変そうだねと言うはなに対し、生きてはなに会いに行くために逃げると誓ったのです。

その頃、デジカメを質屋に預けたのではないかと思った楓は、質屋を捜索します。

しかし、デジカメを結城が預かった記録はあるもの、デジカメ自体はそこには無く、楓は何としても結城を見つけ出さないといけない状況になったのです。

このことは柴崎の耳にも入り、愛がデジカメで証拠を取っていたことが判明。

柴崎は愛が何かを探っていることに気付き、拉致して問い詰めたが白状しなかったために、包丁で刺し殺したのでした。

 

謎の男に助けられる結城

警察官に追われ、林の中に追い詰められた結城。

有馬たち刑事がたくさん集まり、楓も駆け付けます。

結城はもう逃げきれないと思ったそのとき、その場で爆発がいくつも起きたのです。

驚く結城だったが、後ろから何者かに服を掴まれ、「こっちだ。」と連れていかれたのです。

警察から逃げ切り、「助けてくれたのか?」と謎の男に尋ねる結城。

するとその男は突然ナイフを取り出したのです。

その頃病院では、結城の事件のニュースをはなの主治医・小池夏美(原沙知絵)と見たすみれは驚いていた。

 

以上が第2話の完全ネタバレです。

今回のポイントは3つ!

  • 結城は8年前にも柴崎の身代わりで服役していた
  • 愛を殺した犯人は柴崎で、結城をはめた張本人
  • 愛が結城に渡したデジカメに、柴崎のヤバイ証拠が残っている

第2話の最後に結城を助けた謎の男は、敵なのか味方なのか?

次回の展開も気になることばかりで楽しみですね。

スポンサーリンク

 

『TWO WEEKS』第2話を見た視聴者の反応は?

元々はチンピラだった男が、愛する子供のために変わっていく姿には、本当に胸を打たれますよね。

結城が夢の中ではなちゃんと話すシーンでは、結城を勇気づけるはなちゃんの演技が可愛かったですね。

スピード感ある迫力の展開にはハラハラドキドキしましたよね。

スリル感がリアルに伝わってくる感じが面白かった、という視聴者の声が多いですね!

第1話ではなちゃんの主治医から、移植手術までケガに気を付けてと言われていたので、ケガをしないか心配になりますね。

第2話の最後に登場した、謎の殺し屋・灰谷にも注目が集まっています。

次の第3話の逃亡劇にも目が離せません!

 

まとめ

『TWO WEEKS(ツーウィークス)』第2話のあらすじ&ネタバレや視聴者の反応や感想を見てきました。

原作の韓国版にも劣らない、三浦春馬さん演じる結城大地の逃亡劇シーンのアクションは、スリルと迫力が凄かったですね。

視聴した方の多くは、リアルな逃走シーンにハラハラドキドキさせられて、カッコイイ三浦春馬さんにメロメロになっています。

第2話でも原作のストーリーとは大幅な相違はありませんでしたが、原作を見ていた方でも楽しめた内容だったと思います。

柴崎の悪を暴くことが出来るのか、月島の父親が殺された8年前の事件の真相と何なのか、これからの展開にますます目が離せませんね。

以上、『TWO WEEKS(ツーウィークス)』第2話のあらすじ&ネタバレや視聴者の反応や感想の紹介でした。

スポンサーリンク