TWO WEEKS最終回のネタバレ結末はどうなる?原作や視聴者の感想は?

TWO WEEKS
Pocket

スポンサーリンク

娘の命を救うために2週間の逃亡劇をするタイムリミットサスペンスの『TWO WEEKS』の最終回がついに近づいてきましたが、結末はどうなるのか気になる方も多いかと思います。

カッコいい主人公の三浦春馬さんの演技と、毎回ハラハラドキドキする展開に目が離せないドラマTWO WEEKSですが、最終回ネタバレを公開してしまいます!

このドラマは2013年に韓国で放送されたドラマのリメイク版となっているのですが、原作はどんな最終回の結末だったのか、視聴者の反応はどうだったのでしょうか?

今回のリメイク版では、主人公を務める三浦春馬さんが主題歌を務めたり、豪華なキャスト陣の多さにも注目が集まっています。

だんだん最終回が迫り、三浦春馬さんが逃げ切れるのか、本当の悪者は捕まるのか、はなちゃんは助かるのかなど、最終回が待ち遠しいと思います。

それでは、原作『TWO WEEKS』の最終回ネタバレ結末とリメイク版の結末はどうなるのか、原作の最終回を実際に見た方の感想や反応を見ていきましょう!

ジラフくん
三浦春馬さんのカッコイイ演技には毎回惚れ惚れしちゃうね!
エフレファンくん
可愛い娘のはなちゃんにも注目してほしいぞ!

スポンサーリンク

 

原作『TWO WEEKS』最終回完全ネタバレと結末!

ここでは、リメイク版の第7話までの簡単なあらすじと、原作『TWO WEEKS』の最終回ネタバレを紹介していきます。

分かりやすいように、原作の役名の()にリメイク版の役名をつけて見ていきましょう!

 

リメイク版のここまでのあらすじ

主人公の結城大地(三浦春馬)の前に、8年前のある事件がきっかけで別れた元恋人・青柳すみれ(比嘉愛未)が現れ、自分に娘がいて、そのはな(稲垣来泉)という娘が白血病であることを知ります。

奇跡的に結城とはなの骨髄が一致し、2週間後に移植手術をすることになりました。

そんな矢先、結城は何者かによってはめられ、柏木愛(立花恵理)を殺害した容疑で警察に捕まってしまいます。

しかし、結城は娘の命を救うため、自分の無実を晴らすために、護送車が事故に遭った隙にバイクで逃走したのです。

一方、検事の月島楓は(芳根京子)は、結城が殺害したとされる愛にスパイをさせ、実業家の柴崎要(高嶋政伸)を調べさせていたのです。

そんな愛の死の真相を探るため、彼女に託していたデジカメの行方を追います。

必死の逃亡を続ける結城は、8年前に柴崎の身代わりで服役したことを思い出し、今回もあの男の仕業なのではないかと感じていました。

有馬忠海(三浦貴大)たち警察に雑木林に追い込まれた結城は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われます。

しかし灰谷はナイフを持って結城に襲い掛かり、デジカメの在処を聞き出そうとしましたが、結城はなんとか逃げ切ります。

事件のカギがデジカメにあると確信した結城は、同居人の相良サトル(森永悠希)に連絡し、デジカメを持ってきてほしいと頼みました。

サトルとの待ち合わせ場所に結城が行くと、そこには何者かによって殺されたサトルが横たわっていました。

悔しさを感じながらもその場から立ち去り、柴崎が裏で手を引いていることを確信します。

一方、結城を必死に追いかける有馬は、捜査していく中で婚約者のすみれが結城と繋がっているのではないかと疑いはじめます。

そして、結城の安否も分からず、娘の命を心配しているすみれの元に楓が訪れ、真実を暴きたいという楓の想いを信じたすみれは、結城から連絡があり、無実を訴えてたことを伝えます。

その話を聞いた楓も、結城は娘の手術のために逃亡しながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと思い始めたのです。

デジカメを奪い取ろうと、柴崎と灰谷は結城を捕まえましたが、なんとか隙を見て逃亡したところを楓に助けられます。

楓は8年前に結城が身代わりになった被害者の娘であることを結城に伝え、自分を信じてほしいと訴えます。

そして楓は、結城の逃亡先にタイミング良く柴崎が現れたことから、警察や検察の中に内通者がいるのではないかと疑い始めました。

結城と楓はやっとデジカメを手に入れ、そこに残された動画を見ると、そこには柴崎と密会する国会議員の久我早穂子(黒木瞳)が映っていました。

早穂子を母親のように慕っていた楓はショックを受け、そんな2人に灰谷が襲い掛かり、デジカメを奪われてしまいます。

一方、有馬はすみれから真実を全て聞き、ショックを受けながらもはなのために結城を死なせてはいけないと捜査を続けます。

そして柴崎ははなの前にも姿を現し、危険を感じた有馬は柴崎に直接会いに行きますが、そこである取引を持ち掛けられるのでした。

 

ここまでが現在リメイク版で放送されているあらすじになります。

その後の展開が原作ではどうなっているのか、どんな結末になっているのか見ていきましょう!

 

原作の結末

キム先生(灰谷)を警察が逮捕しますが、弁護士を呼ばれ、証拠不十分で釈放せざる得なくなります。

そしたテサン(結城大地)は、ムン会長(高嶋政伸)宅にデジカメがあると確信し、潜入を企てます。

ジェギョン検事(月島楓)は、不十分な証拠を元にミスク(柏木愛)の殺人容疑でムン会長を緊急逮捕に踏み切りました。

一方、テサンはムン会長宅に潜入しましたが、そこには逮捕されているはずのムン会長の姿があり、なんとチョ議員(久我早穂子)が裁判官に彼のアリバイを証言し、釈放されていたのです。

その後テサンを取り逃がしたムン会長は、イネ(青柳すみれ)と、さらにスジン(はな)を拉致し、テサンを誘き出そうとします。

そこにテサンが駆けつけ、ムン会長をボコボコにし、イム刑事(有馬忠海)に連絡して、イネの救出にも成功します。

テサンはムン会長だけでなく、チョ議員も逮捕するために彼女の元へ向かい、ムン会長をまた釈放させたら、ムン会長とチョ議員の癒着をばらすと脅し、2人でいるところをジェギョン検事にカメラで撮影させたのです。

テサンはムン会長の手下であるデジュン(久留和保)を追い込み、ムン会長がミスクを殺害したときに着ていた服を手に入れます。

有力な証拠が出てきたことで、イム刑事らはムン会長の家に乗り込みますが、危険を察知していたムン会長は、チョ議員の元へ行き密航による逃亡をしようとしていました。

テサンの無実は証明され、チョ議員の悪行もジェギョン検事によってばらされ、彼女は国民からの信頼を失いました。

テサンは手術の日をわざと1日ずらし、イム刑事のチームにムン会長のスパイがいることを把握していたテサンは、その情報をムン会長に流させます。

テサンに対して怒りが収まらないムン会長は、彼を殺そうと病院へ向かいますが、そこで待ち構えていたテサンと直接対決になり、見事テサンが勝利してムン会長は逮捕されたのです。

スジンの手術も無事成功し、イム刑事はスジンに必要なのはテサンだと告げて、自ら身を引きます。

しかしテサンは、胸を張って会える父親になるまでは一緒に暮らせないと言ってイネとスジンの元を離れ、イネはずっと待ってると伝えたのでした。

 

以上が原作版の最終回完全ネタバレです。

ハッピーエンドではありますが、悲しいお別れもあって、韓国ドラマらしい結末のような感じですね。

スポンサーリンク

 

原作『TWO WEEKS』最終回を実際に視聴した方の感想や反応は?

ムン会長やチョ議員の悪行がなかなか暴かれないことには、見ていてイライラする気持ちすごく分かります。

スジン役のイチェミちゃんは本当に可愛いくて、このドラマがきっかけでファンになった方も多いのではないでしょうか。

 

毎回ハラハラドキドキする展開が用意されていて、見ていて飽きないドラマでしたね。

ただスリリングなだけじゃなくて、涙なしでは見れない感動のシーンもあったのがよかったですよね。

 

最後は感動シーンで締めくくり、涙なしでは見れない人が多かったと思います。

家族3人で暮らさず、イネとスジンの元を離れるテサンには切なくて胸が痛みましたね。

スポンサーリンク

 

リメイク版『TWO WEEKS』最終回のネタバレ結末はどうなる?

ここからは現在放送中のリメイク版『TWO WEEKS』がどういう結末になるのか予想していきたいと思います。

肝心な最終回放送日も見ていきましょう!

 

最終回の放送日

  • 最終回:第10話
  • 放送日:9月17日(火)
  • 放送時間:21時から

最終回である第10話は、9月17日になる予想です。

放送時間の拡大があるかは発表されていませんが、初回放送日も15分拡大されています。

最近のドラマの傾向で行くと、15分ぐらいの拡大か、もしくは2時間スペシャルといくことも考えられるのではないでしょうか。

 

リメイク版の結末は?

どういった最終回になるのか、気になるポイントは5つです。

  • 結城大地(三浦春馬)は2週間逃げ切れるのか?
  • 結城の無実は証明されるのか?
  • 娘のはな(稲垣来泉)の命は助かるのか?
  • 柴崎要(高嶋政伸)、久我早穂子(黒木瞳)、灰谷(磯村勇斗)の悪行は暴かれ、逮捕されるのか?
  • 結城大地と青柳すみれ(比嘉愛未)の関係はどうなる?

5つのポイント全ての結末は、原作と同じような形になるのではないかと思います。

ですがリメイク版では、結城とすみれとはなの3人で暮らす、本当のハッピーエンドになるのではないかと予想されています。

日本のドラマは悲しい結末になったり、モヤモヤする終わり方をするドラマはほとんどありません。

なので、本当のハッピーエンドでの結末を期待したいですね!

 

まとめ

ここまで原作『TWO WEEKS』の最終回ネタバレ結末や感想、リメイク版の結末予想を見てきました。

最終回が迫り、ハラハラドキドキする急展開に目が離せなくなってきていますね。

原作とは設定が違うかった国会議員の早穂子も、第6話になって原作と同じく柴崎と裏で繋がっていたことが分かり、面白くなってきました。

最終回に向けて、どんな結末になるのか本当に楽しみになってきましたね。

きっとハッピーエンドで終わってくれると期待したいです!

以上、原作『TWO WEEKS』の最終回ネタバレ結末と感想、リメイク版の結末予想を紹介しました。

スポンサーリンク