闇営業のお笑い芸人まとめ!メンバーの一覧その実態は?お金や吉本の企業体質が原因!?

闇営業のお笑い芸人一覧・闇営業の実態は?吉本の企業体質が原因!?
Pocket

スポンサーリンク

テレビやラジオでは連日お笑い芸人の闇営業問題で持ちきりですよね!

「闇営業」とは一体なんのことを指すのか?

関わったお笑い芸人一覧にし、経緯について調べてみました!

「闇営業」の実態とはどんなものなんでしょうか?

そもそも吉本の企業体質が悪いのが原因ではないかとも言われています。

闇営業をしてしまったお笑い芸人は誰?

闇営業をしてしまった原因が吉本興業の企業体質が問題なのではないか、とも言われています。

一体どんな企業体質なのか、関わったお笑い芸人一覧など、実態についてもわかりやすくまとめました!

では詳しく掘り下げて見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

闇営業のお笑い芸人まとめ!メンバーの一覧とその実態は?お金や吉本の企業体質が原因!?

連日テレビやラジオで報道されているお笑い芸人たちの闇営業の解雇・謹慎処分。

お笑い芸人たちにとって営業は大きな収入源でもあるはずなのに…

お笑い芸人たちに一体なにがあったのでしょうか?

 

闇営業問題ってなんのこと?

連日取り沙汰されているお笑い芸人による闇営業問題。

「闇営業」とは、芸能事務所に所属するお笑い芸人(芸能人)が所属する事務所を通さず行う営業のことです。

別名・直営業ともいわれています。

今回報道されている闇営業問題は、特殊詐欺グループのパーティーに所属する事務所を通さずお笑い芸人を出席させたことが発覚。

出席に際し、謝礼として金銭の授受があったにも関わらず、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮は「金銭の授受はありません。」と真っ向から否定。

しかし、後に金銭の授受があったことが発覚。認めた。

営業の相手がまさか特殊詐欺グループだとは知らず、というのは同情します。

しかし宮迫、田村の売れっ子ふたりが中心になって「金銭の授受はなかった」と発言し、世間は冷ややかな反応です。

営業相手が特殊詐欺グループなら表面上はダミー会社などで応対していたでしょうし、わからなかったのは仕方がないとは思います。

しかし、芸をし、盛り上げていたのに金銭の授受がなかったなんて…誰も信じないでしょう。

実際、すぐに金銭の授受が発覚しました。

自身の保身のためだけについたウソが事態を悪化させてしまいました。

 

カラテカ入江慎也が仲介役?入江は解雇処分

この闇営業問題では、特殊詐欺グループとお笑い芸人を仲介したのは元カラテカの入江慎也です。

入江慎也はお笑い芸人としての仕事はほとんどありませんが、人脈が広いことで知られています。

その「コネ」を最大限に生かした会社、株式会社「イリエコネクション」を経営しています。

しかし、闇営業問題で仲介していたことが発覚し、吉本興業を解雇。

それ以降は共同経営者は退任、入江自身も雲隠れ中です。

 

闇営業していたお笑い芸人一覧(16名)

  • 雨上がり決死隊の宮迫博之
  • ロンドンブーツ1号2号の田村亮
  • カラテカの入江慎也
  • レイザーラモンHG
  • ガリットチュウの福島善成
  • ザ・パンチのパンチ浜崎
  • 天津木村
  • ムーディ勝山
  • くまだまさし
  • ストロベビーのディエゴ
  • 2700の八十島
  • 2700の常道
  • ザブングルの加藤
  • ザブングルの松尾
  • スリムクラブの真栄田
  • スリムクラブの内間

スポンサーリンク

 

闇営業は吉本興業の企業体質やお金が原因!?

以前より吉本興業に所属するお笑い芸人たちがこぞって言っていたのは、芸人本人と吉本興業との割合。

テレビ出演、営業そのほか事務所通じていただいた仕事の収入は、ほとんどが1:9だと。

お笑い芸人が取り分1/10で、残り9/10が事務所が持っていくと。

笑いのネタとして言っているのかと思っていましたが、どうやらこれは事実とのこと。

10万円でネタを披露しても1万円しか入ってこない、コンビならば、そこからさらに1/2。

これは事務所通さずに営業してしまうのも仕方ない気がします。

しかも吉本興業では、売れるまでは月給500円なんていうことも普通にあるそうです。

それを思うと、すでに売れっ子の宮迫や田村はともかく、あまり売れていないお笑い芸人たちは仕方のないことだと思えますよね!

そこから改善しないと根本的な解決にはならないと思います。

 

ナベプロの危機管理広報が適切だと話題に!

ナベプロことワタナベエンターテインメントのある“決定”が吉本興業との対応の違い、評価されています。

それは、今回の闇営業問題ですでに謹慎中のお笑いコンビ・ザブングル(加藤歩・松尾陽介)への処遇を書面にて改めて発表しました。

その対応は適切なものであり、今回の闇営業問題が発覚してからきっちりと社内で協議され、対応していることが伺えます。

まさに危機管理広報のお手本とも言える対応です。

発表された書面には世間が知りたい内容、情報が書かれており、吉本興業との明暗がはっきり分かれているのです。

ナベプロの発表した書面はどんな内容だったのか?

吉本興業との違いはどこにあるのでしょうか?

 

ナベプロと吉本の対応の違い

ナベプロは今回の闇営業問題で危機管理広報が評価されています。

ではなぜ吉本興業は非難されているのでしょうか?

その違いについてみていきたいと思います。

吉本興業が闇営業を行ったお笑い芸人、雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮などには謹慎処分。

スリムクラブと2700には無期限活動停止と重い処罰を与えています。

そんな中、ナベプロはザブングルの加藤歩と松尾陽介の謹慎期間は8月末までの約2ヶ月間とすることを発表。

その処分内容だけを聞くとナベプロは甘いんじゃないか?

吉本興業の方が重い処分を決定して、対応がいいのではないか?と一瞬思いますよね。

では実際、本当にそうなんでしょうか?

ナベプロは謹慎期間中にボランティア先を見つけて活動する等の社会貢献を行わせることを発表。

そして詳細な聞き取り調査を続けた結果、2人はカラテカ入江慎也から15万円(折半し、各75,000円)の金銭を受領したことも公表しました。

その際に得た収入は申告していなかったため、今回修正申告を済ませ、納税したとのことです。

ナベプロは闇営業のことが発覚してからきちんと適切な対応をしている、と感じますよね。

謹慎して、その間なにをするのか、特に世間が知りたがっていた金銭の授受があったのか?

それはいくらだったのか?申告し、納税していたのか?などの世間の疑問に全てきちんと回答しています。

そこまできちんと対応しているナベプロに対し、吉本興業はどうでしょうか?

コンプライアンスに対する声明文などを発表してはいますが、所属する芸人たちが実際に受領した金額・詳細の説明・謹慎処分となった芸人たちに対する今後の具体的な方針は出していません。

それは世間の反応を見ながら謹慎解除の時期や、今後については決めていこうという態度が見てとれます。

 

吉本興業の対応に加藤浩次が痛烈批判!

世間の反応をみて今後は決めようというスタンスの吉本興業の考え方に初めから非難していたのが、加藤浩次です。

7月25日に放送された朝の情報番組「スッキリ」では、吉本興業という会社の初動ミスもあると思っていると発言。

そして吉本興業は芸人たちが「お金は貰っていません。金銭の授受はないです。」と言った際に「そうか、そうなんだ」と追及を緩めたこと、加藤浩次はそこを疑問視していました。

今回ナベプロの取った方針を聞いて、より吉本興業の対応に違和感を覚えたのでしょうね。

 

謹慎で影響を受けるアメトーーク!ロンドンハーツこれからどうなる?

1番の影響が懸念されているのは雨上がり決死隊の冠番組のテレビ朝日系「アメトーーク!」です。

雨上がり決死隊のコンビ名から由来された番組名は、今回宮迫が謹慎処分となったことで番組名の変更を検討しています。

蛍原の名前から「ホトトーーク!」になるのではないか!?

との報道もありましたが、テレビ朝日の社長が定例会見で「今のところ番組タイトルの変更などは考えていない。」

MCに関しても「蛍原(徹)さんで考えているが、MC側にゲストに入ってもらうことも考えている。」と発表。

ロンドンブーツ1号2号の冠番組「ロンドンハーツ」についても番組の続投を明言しました。

スポンサーリンク

 

まとめ

今回発覚したお笑い芸人による闇営業問題では、現在16名もの解雇・謹慎処分者が出ています。

今回の問題で、処分対象となったお笑い芸人一覧も記載しました。

元カラテカの入江慎也による仲介で闇営業に参加しているものがほとんどで、入江慎也の責任は重大として入江慎也は解雇処分となりました。

しかし、この闇営業問題の根本には「お笑い芸人」 という、売れるまでは収入にならなくても仕方がない、という良からぬ風潮が、原因としてあるのだと思います。

特に吉本興業では取り分が1:9とも言われ、ほとんどが事務所側に搾取されている現状があります。

この吉本興業の企業体質を根底から変えていかないと、真の解決には至らない気がしてなりません。

そして今回の闇営業問題は、まだまだ氷山の一角だと思います。

吉本興業含め、今後もそういった闇営業をしていたお笑い芸人たちが次々に出てくるのではないかと推測されます。

お笑い芸人が所属する事務所や、給与や所得のあり方を見直さなければ、今回のような問題は解決しないと思えて仕方ありません。

全てにおいてクリアなお笑い芸人たちによるお笑いが、早くお茶の間に届くようになってほしいですね!

今後は今まで以上に反社会的勢力との繋がりに敏感になり、少しでもブラックな噂があるような方との仕事は避け、まっさらホワイトな芸人の需要も高まることでしょう。

今回はお笑い芸人による闇営業について調べ、処分されたお笑い芸人一覧、吉本興業の企業体質までみていきました!

ジラフくん
お笑いって何も考えずに純粋に楽しめるもんね!闇なんて無くなったらいいのになぁ

スポンサーリンク