ドクター・スリープ映画ネタバレ結末やあらすじを簡単に!原作との違いは?

https://enta-jouho.com/?p=4170&preview=true
Pocket

スポンサーリンク

2019年11月29日公開された映画ドクター・スリープですが、もう映画館で鑑賞されましたか?

今回は映画ドクター・スリープのあらすじやネタバレ、原作との違いなどを簡単にご紹介していきます。

1980年に制作されたスティーヴン・キング原作の同名小説を巨匠スタンリー・キューブリックが映画化したシャイニングをご存知でしょうか?

呪われたホテルに管理人として越してくる家族に降りかかる恐怖を描いており、ヒッチコックの「サイコ」と共に『ホラー映画の偉大な古典』として称されている名作です。

映画ドクター・スリープはシャイニングのあの惨劇から40年後、夫婦の1人息子ダニーを描いている作品ですが、一体どのような内容になっているのでしょうか?

それでは、映画ドクター・スリープのネタバレ結末やあらすじ、原作との違いについて簡単にみていきましょう!

ドクター・スリープを観にいく前に、必ず前作シャイニングは押さえておきたいところ!シャイニングを無料視聴する方法も調べましたのでこちらも是非ご覧くださいね!

スポンサーリンク

 

 

映画ドクター・スリープの前にシャイニングのあらすじを簡単に!

隙間からすごい形相で睨むジャックニコルソンのポスター。

映画シャイニングを観ていなくても、あのポスターを知っている人は多いはずです。

ちなみに映画のこのシーンは、僅か2秒ほどのシーンでありながら、なんと190テイク以上が重ねられたそうです。

ジャック・ニコルソンの狂った表情は繰り返されるテイクにまいってしまった本当の表情だったのかも。。。。

 

シャイニングのあらすじ

冬の間は豪雪で閉鎖されるホテルの管理人職を得た小説家志望のジャック・トランスは、妻のウェンディーと不思議な能力のある息子ダニーとともにホテルへやってきます。

そのホテルでは、かつて精神に異常をきたした管理人が家族を惨殺するという事件が起きており、当初は何も気にしていなかったジャックも、次第に邪悪な意思に飲みこまれていくのです。

主演のジャック・ニコルソンがみせる狂気に満ちた怪演は非常に見どころ!

とりあえずジャック・トランス扮するジャックニコルソンが徐々に壊れていく姿が怖い!!

とにかく、非常に高い評価を受けた作品になっています。

原作は『キャリー』『スタンド・バイ・ミー』で有名なスティーヴン・キング。

実は映画シャイニングは原作と大筋は同じながら、結末をはじめとして大きく異なる部分が多いのです。

スティーブン・キングが映画シャイニングに否定的なのは有名な話ですね。

 

スティーブン・キングのプロフィール

  • 名前:スティーヴン・エドウィン・キング
  • 生年:1947年72歳(2019年10月現在)
  • 出身:アメリカ合衆国メイン州生れ

1974年に『キャリー』でデビュー。

以後『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを生み、“モダンホラーの帝王”と呼ばれています。

代表作に『シャイニング』『IT』『グリーン・マイル』『ダーク・タワー』シリーズなどがあります。

 

原作者キングは映画シャイニングが大嫌い!?原作との違いは?

映画シャイニングは原作を大幅に変更しており、殆ど別作品に近い趣になっています。

大まかな流れはほぼ原作通りである一方、原作と映画ではかなり乖離している部分もあります。

原作では邪悪な意志をもつ巨大な存在であるホテル自体が過去の出来事なども含めて圧倒的な存在感をもって描かれているのに対して、映画ではそれがあまり描かれていません。

更に、原作ではホテルの邪悪な意志がジャックを狂気へと導くのに対して、映画ではホテルがジャックを狂気に導く描写は存在するものの、仕事のプレッシャーや孤独に耐え切れず自ら発狂したともとれる曖昧な描写がなされています。

これらは作品の非常に重要な部分であるため、原作と映画の印象を決定的に異なるものにしています。

原作ではウェンディ(ダニーの母)もダニーも、ジャックの発狂はホテルのせいだということを理解していますが、映画版では不明です。

原作では家族の歴史、ジャック・トランスの前歴、夫婦の関係や葛藤、夫婦それぞれの親の問題までも細かく描いて、登場人物の心理の掘り下げをしていますが映画版ではそれらを描くことをしていません。

なのでキングは、映画シャイニングをエンジンのないキャデラック「エンジン」つまり心理を動かす深い部分がない映画と批判しているのでしょう。

 

巨匠・映画監督キューブリックは何故原作と大きく異なる描き方をしたか?

キューブリックは本作で、ホラー(恐怖)の映像表現というところを凝縮していて、人物の心理の掘り下げはあまりしない描き方をしています。

心理の掘り下げまで2時間程の映画で描くのは難しいと考えたのでしょう。

なるほど、私も最初映画シャイニングを観て感じたのはなんか怖かったしゾクゾクしたけどダニーの不思議能力のかがやき(シャイニング)ってどうなった?等疑問の残る感想でした。(すっごく怖かったですけどね!!)

本作は怖いだけではなく、当時開発されたばかりのステディカムを使った左右対称の美しい映像美や僅か2秒ほどのシーンに、190テイク以上重ねる監督の病的完全義のこだわりが沢山詰まっています。

巨匠キューブリックは本作を自身の芸術作品として制作したのではないのでしょうか。

 

シャイニングのドラマ版をスティーブン・キングが製作総指揮

スティーブン・キングは映画シャイニングの悪口を言わない事を条件に後にドラマ版を製作しました。

自分の理想を実現すべく、キング自身の脚本による再映像化が実現しました。

原作に忠実に主人公夫妻の心理問題も描きますが、お互いの親の問題まで掘り下げるには至っていません。

ドラマは全部で4時間半。

4時間半使っても全て描くことはできなかったので、スティーブン・キングもキューブリックを批判しすぎて反省しているかと思いきや

キューブリック死後、再び批判を繰り返しているそうです。

どうしても許せなかったんでしょうね。。。

スポンサーリンク

 

 

映画ドクター・スリープのあらすじと原作のネタバレ!キングは今度こそ納得するか!?

映画ドクタースリープは『シャイニング』の続編として、2013年にスティーヴン・キングが発表したホラー小説に基づいた作品です。

本作は、父親に殺されかけるという悲惨な過去を体験した幼い息子・ダニーの40年後が舞台です。

子供の頃を過ごした呪われたホテルへと誘われるダニー。

そこで彼に囁きかける、封印されたはずの”住人たち”。

ダニーを新たに襲う恐怖が描かれます。

主演はユアンマクレガー。

 

キングとキューブリック遺族側が映画ドクタースリープを好意的に支持!

監督・脚本は、『オキュラス/怨霊鏡』や『サイレンス』など、ホラー作品を数多く手掛けるマイク・フラナガンが務めます。

子供の頃からキングとキューブリックの大ファンだったというフラナガンは、今作で、その両者の世界感を見事に融合させ、キングにも、キューブリックの遺族にも気に入ってもらうことに成功したようです。

キングとは、映画シャイニングと原作との違いをどう描くか話し合いをし、脚本ができたら1番にキングにみせ納得してもらっているそう。

キューブリックの遺族からは、キューブリックが描いた展望ホテルの図面まで見せてもらい、双方ともにとても協力的だったようです。

本作ドクター・スリープでは原作と映画との世界観をまさに見事融合させているに違いないと思います。

両者ともに映画ドクター・スリープを大変気に入ったそうです!

 

ドクター・スリープ原作あらすじ

前作で登場した時はまだ小さな少年だったダニーは、30年経ち、すっかり大人になっていました。

しかし、壮絶な事件を経験し親を亡くしたダニーは父親と同じようにアルコール中毒になり、まさにどん底の人生を送っています。

不思議な能力(=シャイニング)その力のおかげで死者が見え、それを忘れるために酒におぼれています。

そんな中、自分よりも強い能力「シャイニング」を持つ少女・アブラと出会います。

しかし、その出会いは新たな敵「真結族」との戦いの始まりでもありました。

この一族は「シャイニング」を持つ者を捕食するのです。

「シャイニング」を持つがゆえに狙われることになってしまったダニーとアブラは、戦いを経てどこへ向かうことになるのか……怖さだけではない、新しいホラー小説ともいえる内容です。

 

まとめ

ここまで、映画ドクター・スリープのあらすじ・原作ネタバレを簡単に説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

本作の監督マイク・フラナガンをはじめ主演のユアン・マクレガーもスタンリー・キューブリックとスティーブン・キングの大ファンだそうです。

映画シャイニングでは原作者と監督の間に色々ありましたが、39年の時を経て、続編となる映画ドクター・スリープでは2大巨匠のユニバース(世界観)を継承しているのではないかと思います。

以上、映画ドクター・スリープのネタバレ結末やあらすじ、原作との違いを簡単にご紹介でした。

最後にドクター・スリープを観にいく予定の方は前作シャイニングを観ておくこと必須です!シャイニングを無料視聴する方法も調べましたのでこちらも是非ご覧くださいね!

スポンサーリンク