キムタクの娘の学校はどこ?学校名も紹介!

キムタクの娘の学校はどこ?学校名も紹介!
Pocket

スポンサーリンク

SMAPが解散した現在でも不動の人気を誇るキムタクこと木村拓哉さんですが、娘が2人いることは有名な話ですよね!

そんなキムタクの可愛い娘2人が通う学校はどこなのか気になりませんか?できれば学校名も知りたいところです。

キムタクの娘の長女は心美(ここみ)さん、次女は光希(みつき)さんという名前で、次女の光希さんはkoki(コウキ)という芸名で2018年にファッションモデルとしてデビューして大きな話題となりました。

長女の心美さんは現在は芸能界デビューの噂はありませんが、芸能以外のところで今後活躍される可能性は十分にあります。

というのも、この2人通う学校がとても優秀なことでも知られているからです。

今回はキムタクの娘2人の通う学校はどこなのか、その学校名も見ていきたいと思います。

ジラフくん
あのキムタクが子供を通わせている学校となるとすごく気になるよね。入学シーズンになると、どこに進学させるか考えている両親も多くなるしね!
エフレファンくん
キムタクの娘ってすごい優秀って噂だよね?
自分の子供もそんな学校に通わせたいなー。

スポンサーリンク

 

キムタクの娘の学校はどこ?学校名も紹介!

キムタクは2000年に工藤静香さんと結婚してから、 次の年の2001年5月に長女の心美さん、その2年後の2003年2月に次女の光希さんが生まれています。

2018年に次女の光希さんがkokiとしてモデルデビューを果たすまで、キムタクの子供に関する情報はあまり出回ってきませんでした。

テレビで娘について話題になることもほとんどなかったため、長女の心美さんには障害があるのではなんて意味不明な噂も流れていたくらいです。

しかし、ある番組でキムタクが娘の通う学校について「英国式のインターナショナルスクールに通わせている」と話していたそうです。

それでは英国式のインターナショナルスクールとはいったいどこなのでしょうか?

 

都内にある英国式インターナショナルスクールとは?

キムタクの2人の娘が通っている学校は、「ブリティッシュ・スクール・イン東京(The British School in Tokyo)と言われています。

この学校は日本で4つあるブリティッシュのインターナショナルスクールの一つだそうです。

キャンパスは二つあり、世界65カ国を代表する3〜18歳の学生が1,000名以上も在籍し、質の高いイングリッシュ・カリキュラム教育を提供しているのだとか。

ほとんどの学生はイギリス出身だそうなのですが、英語が流暢であれば日本人でも入学できるとホームページには記載がありました。

英語が流暢であればって、入学する幼少期ですでに英語が流暢な日本人なんて帰国子女くらいではないかなとも思うのですが、心美さんもkokiさんも幼少期から英語の英才教育を受けていたのかもしれませんね。

 

なぜインターナショナルスクールに通わせているのか?

それではキムタクはなぜ娘2人を数ある優秀な日本の私立学校でなく、ブリティッシュのインターナショナルスクールに通わせているのか気になりますよね。

その理由の一つは現在のkokiさんの活躍がヒントになります。

kokiさんはキムタクや工藤静香さんの娘だという理由で世間から注目されていることもありますが、その活躍は必ずしも親の七光りのおかげではありません。

15歳という若さで海外のモデルしか起用しないELLE Japanの表紙を飾ったり、世界のハイブランドであるシャネルやブルガリのアンバサダーを務めたりと、ワールドワイドな活躍を見せています。

これは一重に両親の力で採用されている訳でなく、その堪能な英語力も大きく関係しています。

さらには、モデルとしての仕事ぶりを見てみても、普通は15歳の中学生にあのような堂々とした振る舞いや表情は出すことはできません。

その堂々とした姿勢、自信も日本の学校教育には無い、インターナショナルスクールだからこそ培われる自分に対する自信の現れなのでしょう。

日本人は引っ込み思案と言われますが、一歩世界に出てみると海外の人はみな自分に自信を持っていることが多いですからね。

 

ブリティッシュ・スクール・イン東京の詳細は?

この学校の特徴や、通うための規定なども見てみたいと思います。

  • 正式名称:The British School in Tokyo
  • 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-21-18
  • TEL:03-5467-4321
  • Fax:03-5467-4322
  • 入学金
    出願入学金教材費
    4万円40万円48万円
  • 授業料
    年間授業料全学年度Term1Term2Term3
    小学校通常授業料
    (保育園込み)
    229万円78.5万円76.5万円74万円
    中等学校通常授業料
    (7年生と8年生)
    233.5万円82.5万円77万円74万円
    中等学校通常授業料
    (9年生から13年生まで)
    238万円84万円78.5万円75.5万円
    寄付金10万円4万円3万円3万円

     

やはりインターナショナルスクール、学費がとても高いですね。

全ての生徒が洗練されたデータベーストラッキングを使用して、生徒それぞれのレベルやスキルに適した教育が受けられるようです。

大学への進学は日本国内に止まらず、世界中の優秀な大学に進学していく生徒たちで溢れているのだとか。

もちろん入園もしくは入学する人は入試が必要で、学校の先生とコミュニケーションをとる為にも両親のどちらかもある程度の英語が話せないといけないのだとか。

日本にある学校ですが、もう違う国のようですね!

スポンサーリンク

キムタクの娘の心美は高校生?どこの学校に通っているの?

キムタクの娘二人はお勉強ができることはさることながら、外国語も堪能に話すことができます。

ブリティッシュスクールなので英語は当たり前ですが、それ以外にもフランス語やスペイン語などを勉強しており将来は日本にこだわらず世界に羽ばたいて仕事をするのが夢のようです。

長女である心美さんはkokiさんの一つ年上なので、現在は高校一年生ですが、高校はどこに通っているのでしょうか?

インターナショナルスクールは中学で卒業したようですので、進学した高校も調べてみました。

 

心美が通う高校は桐朋女子高校って本当?

長女の心美さんが通う高校は、都内にある私立の桐朋女子高校(とうほうじょしこうこう)と噂されています。

その理由は心美さんが幼少期から習っているフルートとピアノです。

第23回ヤマハジュニアフルートコンテストでは、心美さんが最優秀賞、kokiこと光希さんが優秀賞としまい揃って入賞しているすごい腕前のようです。

音楽に精通している心美さんだからこそ、進学する高校は音楽教育に長けたところを選び桐朋女子高校になった可能性が非常に高いです。

桐朋女子高校は「音楽科」という科があり、様々な楽器や歌を専門的に勉強することができます。

全国から生徒は集まってくるようで、音楽の世界では非常に有名な高校なのだとか。

桐朋女子高校からは現在世界で活躍する多くの音楽家が卒業しています。

 

桐朋女子高校は勉強もできるのか?

音楽でとても有名な高校ではありますが、学力も優秀でないと入れない名門高校です。

創立から80年近い歴史ある高校であり、入学するには偏差値が70近くないと難しいようなランクAの高校となっています。

音楽の学校となると、医学部ほどではないにしてもかなり高額な学費がかかります。

初年度をざっと計算しても100万以上は軽くかかりますし、楽器などその他かかるお金を想定してもかなりの高額になりそうです。

とは言っても、キムタクと工藤静香さんから見れば全然高くはない金額なのかもしれませんが、、、

ジラフくん
英語やフランス語もできて勉強もできて音楽の才能もあるなんて、キムタクや工藤静香さんの血を受け継いでなんでもできるのかなー。羨ましい、、、

スポンサーリンク

 

キムタクの娘だけじゃない?優秀な学校に通う芸能人の二世たちとは?

それでは続いてキムタクと工藤静香さん以外にも子供をインターナショナルスクールへ通わせている芸能人がいるのかどうかを調べてみました。

やはり、芸能人は一般人よりも高い給料をもらっていることは明白で、子供をインターナショナルスクールへ通わせている人がたくさんいます。

中には学歴のない芸能人の子供が?ということも多々あるようです。

自分が勉強してこなかったから、子供には良い教育をさせたいと思う方が多いのかもしれませんね!

それでは見ていきましょう。

 

可愛いシングルマザーの紗栄子

野球選手のダルビッシュ有さんと離婚し、その後にZOZOTOWN社長の前澤友作さんと交際もしていましたが破局して現在はシングルマザーの紗栄子さん。

紗栄子さんは教育ママということで芸能界でも有名のようで、二人の息子はインターナショナルスクールに通っているのだとか。

ある番組で林修先生と共演した際に、東大生で幼少から英語教育をしている親を見たことがないと苦言を言われてしまったというエピソードもあります。

離婚して多額の養育費があるとはいえ、シングルマザーで子供二人の教育をしっかりと受けさせている紗栄子さんはすごいと個人的には思います。

 

おばか二人のフジモンとユッキーナ

お笑い芸人のFUJIWARA藤本さんと、おバカキャラでブレイクしたユッキーナこと木下優樹菜さんの娘さんも、インターナショナルスクールに通っているのだとか。

両親二人とも幼少期はお勉強をしてこなかったので、自分の子供にはしっかりとした教育を!ということなのでしょうね。

おバカでもこの二人のように成功することもありますし、であれば必ずしもお勉強ができなければいけないという理由も内容な気もしますが。

 

まとめ

キムタクの娘の学校はどこなのか、また学校名についても調べてみましたが、現在のkokiさんが世界で活躍する姿を見ると、やはりインターナショナルスクールが子供の教育には良いのかなーなんて思ってしまいますよね。

インターナショナルスクールというと英語などの外国語が学べるという印象が強いですが、もちろんそれだけでなく勉強や人間性の構築にも非常に熱心に取り組んでいて、子供にとって良い教育が受けられることは間違いありません。

もちろん私立なので費用がかかりますが、普通の日本の教育では絶対に味わえない様々な経験をさせることができるので日本の私立学校だけでなくインターナショナルスクールも子供の進学先の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

キムタクの娘の心美さんやkokiさんのように、優秀な子供に育つかもしれません!

kokiさんが2018年3月には現在のインターナショナルスクールを卒業するので、進学先の学校はどこなのか、学校名もわかり次第更新していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です