人間失格アニメ映画の評価・レビューや感想は?期待されている理由!

人間失格
Pocket

スポンサーリンク

太宰治の「人間失格」を原案とした、アニメ映画『HUMAN LOST 人間失格』が、2019年11月29日(金)に全国公開されます。

とても注目を浴びている作品で、ファンからは期待の声がSNSでたくさん上がっています。

そんな人間失格アニメ映画の試写会が行われ、公開より一足早く映画を見た方が、どんな評価・レビュー・感想を抱いたのか気になるところではないでしょうか?

「人間失格」を原作した作品はたくさんありますが、今回のアニメ映画は、今までとは全く違う「人間失格」として生まれ変わります!

世界一を誇るアニメーション制作スタッフと、日本文学の金字塔が危うく交差してが造り上げた、SFダークヒーローアクションとなっています。

それでは、実際に『HUMAN LOST 人間失格』を視聴した方の評価・レビューなどの感想や、この映画の見どころを見ていきましょう!

ジラフくん
僕も試写会に行きたかったなぁ。早く綺麗な映像が見たいなぁ!
エフレファンくん
公開までもう少し!本当に待ち遠しいよね!!

スポンサーリンク

 

人間失格アニメ映画を試写会で見た方の評価・レビューや感想は?

2019年11月20日(水)に『HUMAN LOST 人間失格』の一般試写会が、ニッショーホールで行われました。

老若男女問わずにたくさんのファンが訪れ、Twitterでは様々な映画の評価・レビューなどの感想がアップされています。

それでは皆さんの反応を見ていきましょう!

 

試写会を見た方の評価・レビューや感想がこちら

とても圧倒される映画に仕上がっているみたいですね。

今までに見たことがないアニメーション映画となっていて、その体験を是非いろんな方にしてもらいたいです。

 

ダークヒーローアクションということで、アクションシーンもたくさんあったみたいです。

迫力満点でキレイな映像が見応えありそうですね。

 

ポリゴンピクチュアズが創り出した映像美に、音楽と豪華な声優陣の演技がマッチして、とても素晴らしい作品のようですね。

今までアニメーション映画に興味が無かった方でも、引き込まれるほどの作品ではないでしょうか?

 

原作は「人間失格」ですが、全く新しいオリジナルストーリーと感じた方も多かったようですね。

物語が少し難しいという感想も多いので、予告ムービーなどで予習していくのがいいかもしれません。

 

原作の「人間失格」は、読み終えた後に人それぞれ感想が違うのが特徴的で、主人公の最期に後味がモヤモヤする感じ、とても分かります。

やはり内容が難しい様で、映画の後も復習しないといけないかもしれませんね。

どの方の感想を見ても「素晴らしかった」「圧倒された」「映像美が綺麗で感動する」という声が多数でした!

評価も高く、この映画の仕上がり度が伺えますね!

 

個人的なレビューと感想

太宰治の「人間失格」が原案ではありますが、完全にオリジナルストーリーだと思って見たほうがいい作品です。

しかし、原作の基本的な部分は残しつつ、主人公・大庭葉蔵がダークヒーローへと構築されて、見ていて圧倒されるアニメ映画になっています。

少し物語が難しい内容になっているのは事実ですので、予習をしていくのが一番いいと思います。

それでも分からなかったら、復讐して、もう一度見ると面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

人間失格アニメ映画のレビュー評価が高く良い感想が多い理由はなぜ?見どころはどこなのか?

ここでは『HUMAN LOST 人間失格』の作品情報と、この映画の見どころを見ていきたいと思います。

どんなところに注目して見れば、この映画を存分に楽しめるのか、紹介していきますね!

 

どの様な作品なのか?

  • 原案:太宰治「人間失格」
  • 監督:木崎文智
  • スーパーバイザー:本広克行
  • 脚本:冲方丁
  • キャラクターデザイン:コザキユースケ
  • コンセプトアート:富安健一郎
  • グラフィックデザイン:桑原竜也
  • CGスーパーバイザー:石橋拓馬
  • アニメーションディレクター:大竹広志
  • 企画・プロデュース:MAGNET・スロウカーブ
  • 配給:東宝映画事業部

「恥の多い人生を送ってきました」

革命医療によって、死を克服した昭和111年の日本、東京。

人々の体内は“ナノマシン”と、それを管理する“S.H.E.L.L.”によって支配され、病気にかからず、120歳の寿命を保証する無病長寿を約束されていました。

しかし、経済格差や死ねないことへの退廃的倫理観、S.H.E.L.L.ネットワークから外れた異形化する“ヒューマン・ロスト現象”など、究極的な社会システムによって、国家に様々な歪みを生み出していました。

大気汚染の広がるアウトサイドで、薬物に溺れ怠惰な暮らしをする“大庭葉蔵”は、ある日、暴走集団と行動を共にする“堀木正雄”という謎の男と一緒に、特権階級が住むインサイドへの突貫に参加します。

そこで激しい闘争に巻き込まれ、ヒューマン・ロストした異形体“ロスト体”に遭遇した葉蔵は、“ヒラメ”という体ロスト体機関に属する、不思議な力を持った少女“柊美子”に命を助けてもらいます。

そして、自分も人とは違う力を持っていることを知り、葉蔵は運命に翻弄され、絶望に呑みこまれて血の涙と共に“鬼”と化すのです。

貴方は、人間合格か、人間失格か。

 

評価の高い理由である見どころとは?

『HUMAN LOST 人間失格』を見に行こうと思っている方は、是非この予告ムービーを見て行って下さい。

そして、出来れば公式サイトの「CHARACTER」「KEYWORDS」で予習して頂ければ、映画の物語を難しくなく楽しめると思います。

『HUMAN LOST 人間失格』の映画の見どころは、

  • 綺麗な映像美
  • 声優陣の素晴らしい演技
  • 圧巻のアクション
  • 想像を超える物語

だと思います!

見終えたころには「私は何を見たのだろう…」と思えるくらい、圧倒されること間違いなしです!

映画公開まであとわずかですが、本当に待ち遠しいですね!

 

まとめ

ここまで『HUMAN LOST 人間失格』の評価・レビュー・感想を見てきました。

この映画は、世界が誇る日本のアニメーション制作スタッフが作り出した、本当に素晴らしい作品となっている様です!

試写会で一足早く見た方は、ほとんど全員の評価が高く、感想では褒め称える声が多かったです。

「人間失格」のファンだけでなく、今まで興味が無かった方や、アニメーション映画を見たことない方でも、見てよかったと思えること間違いなしです!

是非みんなで予習して、より多くの人に映画館へ見に行って欲しいです!

以上、『HUMAN LOST 人間失格』の評価・レビュー・感想を紹介しました。

スポンサーリンク