人間失格アニメ映画の原作ネタバレあらすじや結末!日本文学の名作がSF・ダークヒーローアクションに!?

人間失格
Pocket

スポンサーリンク

2019年11月29日(金)から全国公開され『HUMAN LOST 人間失格』が、とても注目を集めていますね。

そんな人間失格アニメ映画の原作あらすじ&ネタバレや、結末の感想などが気になるところではないでしょうか?

今回のアニメ映画は、豪華なクリエイター陣によって描かれるFS・ダークヒーローアクションアニメとなっています。

そして声優には、宮野真守さんや花澤香菜さん、櫻井孝宏さんなどの豪華声優陣が勢ぞろいしています!

それでは気になる『HUMAN LOST 人間失格』の原作あらすじ&ネタバレをを見ていきましょう!

結末の感想や、制作スタッフ、ノベライズ版についても紹介していきます!

ジラフくん
人間失格のファンからすると、今までにない全く新しい作品に期待が高まるね!
エフレファンくん
世界一とも賞賛される日本アニメーションが作る、綺麗な映像が楽しみだよね!

スポンサーリンク

 

人間失格アニメ映画の原作ネタバレやあらすじは?

人間失格アニメ映画の原作は、日本文学の最高峰と言われる太宰治の「人間失格」です。

今までにも映画や漫画など、数々の作品で原作となっていますよね。

しかし今回は、深い死生観や文学性などのスピリチュアルを内包し、屈指のクリエイター陣によって再構築された新たなオリジナルアニメーション映画となっています。

改めて、太宰治さんとはどういった人物なのか、原作「人間失格」がどんな物語なのか見ていきましょう!

 

原作のあらすじ

この作品は、太宰治の「遺書」や「自伝」として語られていて、完成した作品としては、「人間失格」が遺作となっています。

内容は、“私”という第三者の目線から書かれた「はしがき」と「あとがき」、そして主人公・葉蔵が書いた「第一の手記」「第二の手記」「第三の手記」から構成されています。

それでは、簡単にあらすじを見ていきましょう。

 

はしがき

「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」

という書き出しから始まり、10歳前後・学生時代・白髪の写真が並び、“私”視点で見比べた感想が書かれています。

 

第一の手記

「恥の多い生涯を送ってきました」

という書き出しで始まる第一の手記には、葉蔵の少年時代のことが書かれています。

葉蔵は人とは全く違う感覚を持ち、それゆえにまともに人と会話が出来ず、人間に対する最後の求愛として道化を演じていました。

だが、葉蔵の本性は女中や下男に犯されるという大人たちの残酷は犯罪を信じず、力なく笑う人間だった。

 

第二の手記

中学時代、葉蔵の道化を同級生の竹一に見抜かれそうになり、恐怖を感じます。

その後、東京の高校へと進学し、人間への恐怖を紛らわすために、悪友・堀木に紹介された酒、タバコ、娼婦、左翼思想に浸ります。

これら全てが、葉蔵にとってひとときの開放をもたらすものでした。

しかし、急激に変わる環境に、様々なしがらみから逃れたくなり、結果的に人妻・ツネ子と一夜を過ごしたのちに心中を試みるも、葉蔵だけ生き残ってしまったのです。

 

第三の手記

ツネ子との心中に失敗した葉蔵は、高等学校を放校になり、ヒラメという引取人の男の家に身を寄せるも、窮屈すぎるあまり家出します。

それをきっかけに、子持ちの女性や、バーのマダムらとの破壊的な女性関係にはまりこみ、葉蔵はさらに深い絶望の淵に立ちます。

しかし、一人の無垢な女性と知り合い、結婚し一時の幸福を得るが、彼女が出入りする商人から暴行を受けてしまいます。

葉蔵は凄惨な恐怖に襲われ、あまりの絶望にアルコール飲料を浴びるように呑むようになり、睡眠薬を用いて再び自殺未遂を起こします。

なんとか助かったものの、次はモルヒネ中毒になり、葉蔵は自分の罪の重さに耐えきれなくなり、実家に状況を説明する手紙を送ります。

やがて、精神病院に強制入院させられたことで、自分はもはや「人間失格」だと自覚したのです。

その後、故郷に引き取られた葉蔵は廃人同然となり、不幸も幸福もなくただ時間が過ぎていく「人間」の世界の心理を感じました。

実年齢は27歳を迎えるも、白髪が多く40歳以上に見られると最後に語り、自白は終わりました。

 

あとがき

“私”がマダムと会い、葉蔵の手記と写真を見せると、その奇怪さから熱中します。

“私”は手記を出版社へ持ち込むことを決め、マダムは葉蔵のことを「神様みたいないい子」と語り、小説幕を閉じました。

 

原作ネタバレ内容は?

葉蔵は、幼い頃から自分が他とは違うと思いながら苦しみ、人間を理解出来ずにいました。

高校生になり、悪友とつるんで酒、タバコ、女遊びをするうちに、苦しみから解放されたような気持になったのです。

たくさんの女を心から愛し、酒に溺れ、裏切られ、そして自殺。

しかし死にきれず、最後には自分が嫌で実家に手紙を出し、精神病院に連れて行かれたことで、自分が狂った廃人であることを理解したのです。

そして自分は「人間・失格」なのだと失望。

その後、故郷の北海道に戻り、今まで理解出来なかった人間としての真理を、初めて感じたのでした。

 

主人公である太宰治とはどんな人物?

  • 太宰治(だざいおさむ)
  • 本名:津島修治(つしましゅうじ)
  • 生年月日:1909年6月19日
  • 死没:1948年6月13日(38歳没)
  • 出身地:青森県北津軽郡金木村(現:五所川原市)
  • 代表作:富嶽百景、走れメロス、津軽、お伽草紙、ヴィヨンの妻、斜陽、人間失格

太宰治さんは、左翼活動を挫折した後に、自殺未遂や薬物中毒を繰り返しながら、第二次世界大戦前から次々と作品を発表しました。

新戯作派、無頼派として称されるも、典型的な自己破滅型の私小説作家でした。

かなり短い生涯の中で、波乱万丈な人生を生きた太宰治さん。

今でも歴史に残る偉人の一人です。

 

人間失格アニメ映画の製作は誰が担当したの?

今回の人間失格アニメ映画を手掛けるのは、日本を代表するアニメーション制作の方々です。

それではスタッフの方々を紹介します。

 

  • スーパーバイザー:本広克行

本作の起点となった、“日本発の世界を魅了するSFダークヒーロー”を創出した人物。

  • 脚本:沖方丁

太宰治と同じ小説家であり、日本SF大賞ほか数々の賞を受賞。

日本文学の金字塔である「人間失格」を、大胆なFS世界観と重厚な物語へと昇華させます。

  • アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

海外でも多数の賞を受賞し、次々に映像革命を起こしているアニメ制作会社。

異様の日本WPリアリティある映像へと落とし込みます。

  • 監督:木崎文智

「アフロサムライ」で卓越したアクション描写で世界を驚愕させた監督。

鋭く多彩なクリエイティブを、美しく、ダイナミックに、エモーショナルにまとめあげます。

 

日本を代表するスタッフを集結して作られた『HUMAN LOST 人間失格』が、どんな仕上がりになっているのか、期待が高まりますね。

綺麗なアニメーションと、壮大な映像に注目です!

スポンサーリンク

 

人間失格アニメ映画のノベライズとコミカライズの結末は?

『HUMAN LOST 人間失格』公開にあたり、映画本編のストーリー完全ノベライズ本が2作と、コミカライズが月刊アフタヌーンで掲載されることが決定しています。

それどは、ノベライズ本とコミカライズの情報を詳しく見ていきましょう!

 

ノベライズ版とは?

  • ノベライズ第1作:本編ノベライズ『HUMAN LOST 人間失格 ノベライズ』
  • 著作:葵遼太
  • ストーリー原案:沖方丁
  • 発行:新潮文庫nex
  • 発売日:2019年10月28日

第1作のノベライズ本は、映画公開日の1ヶ月前から発売されました。

本屋では特設が作られるなど、とても人気となっています。

映画を見に行こうと思っている方が購入されているみたいですが、迷っている方もノベライズ本を見て、検討してもいいかもしれませんね。

 

  • ノベライズ第2作:外伝『二・二六 HUMAN LOST 人間失格』
  • 堀木正雄の過去を描いたオリジナル・ノベライズ
  • 著作:浅生鴨
  • 発行:新潮文庫nex
  • 発売日:2019年11月28日

第2作のノベライズ本は、映画公開日に発売されます。

映画の内容とは別の話になりますので、映画を見た方だけでなく、見てない方でも楽しめると思います。

発売前ですので、まだどんな表紙なのか発表されていませんが、堀木のアップが描かれるのではないでしょうか?

 

コミカライズ版とは?

  • コミカライズ『HUMAN LOST 人間失格』
  • 漫画:高城隆介
  • 掲載:講談社 月刊アフタヌーンにて8月号(6月25日発売)より全5回の集中連載開始
  • 映画公開に合わせて単行本発売決定

映画公開より7ヶ月先になりますが、月刊誌での掲載もありますし、単行本発売も決定しているのはすごいですね。

このアニメ映画に関する本や漫画の発売が多くてびっくりするほどですが、それだけ人気があるということです!

ですので、興味が無かった方も、どれか1つでも見て頂ければ、必ず引き込まれること間違いなしですよ!

 

結末に対するコメント

人間失格は、それを見た年齢や見たときの感情で、結末に対しての感想が個々で様々なのが特徴的ですよね。

人それぞれに解釈の仕方が変わる小説だけに、日本文学の金字塔と言われ、今なお人気なのでしょう。

 

小学生にぐらいで見ると、大人になるのが怖くなるぐらいの衝撃的内容だと思います。

結末を迎えてみれば、確かに幸せになった人は誰もおらず、悲しい物語なのかもしれません。

 

個人的には、太宰治を人間失格とは私も思えません。

自分なりに苦しんでもがいて、でも結果的にそうなってしまっただけですから。

本当にいろんな感想・意見があって、たくさん考えさせられる小説です。

 

まとめ

ここまでアニメ映画『HUMAN LOST 人間失格』の原作あらすじ&ネタバレの紹介や、結末の感想、ノベライズ本&コミカライズを見てきました。

日本を代表する小説「人間失格」は、今までにもたくさん漫画やアニメ、映画になってきましたが、今回のアニメ映画の注目度はかなり高いですね。

アニメーション制作を手掛ける凄腕のスタッフ陣と、キャストを務める有名声優陣との作り上げられた映画の公開が、本当に楽しみです。

映画だけでなく、ノベライズ本や単行本も待ち遠しいですね。

「人間失格」の作品を今まで見たこと無い方にも、是非見て欲しい作品です!

以上、アニメ映画『HUMAN LOST 人間失格』の原作あらすじ&ネタバレ、結末の感想を紹介しました!

スポンサーリンク