ドラマ【パーフェクトワールド】第2話ネタバレとあらすじや感想は?樹の母が全国の視聴者の涙を誘う?

ドラマ【パーフェクトワールド】第2話ネタバレとあらすじや感想は?樹の母が全国の視聴者の涙を奪う?
Pocket

スポンサーリンク

2019年4月16日にスタートしたドラマ・パーフェクトワールドですが、今回で第2話まで終了しました。

有賀リエさんの描く原作の大人気少女コミック・パーフェクトワールドは累計170万部を突破し、2018年には映画化もされるなど多くのファンが注目しているドラマが現在放送されているドラマ・パーフェクトワールドです。

主演が松坂桃李さんと山本美月さんという人気の役者を起用していることも期待が大きい理由の一つです。

そんなドラマ・パーフェクトワールドの第2話を見れなかった人のために、ネタバレやあらすじ、感想についてご紹介していきます。

第1話がどんな展開で終了したのかそのあらすじもありますので是非読んでみてくださいね!

今回の内容はドラマ・パーフェクトワールドの第2話のネタバレの内容となるので、知りたくないという方は絶対に読まないでよう注意してください!

それではパーフェクトワールド第2話のネタバレやあらすじ、その感想について見ていきましょう。

また、第1話も第2話も見落としてしまった!という方の為に、パーフェクトワールドの動画フルを第1話〜最終回まで無料視聴する方法についての記事も書いてますので、良かったら合わせてどうぞ!

ジラフくん
第2話は第1話以上に、感動的で泣けるシーンが多かった!
エフレファンくん
一度見たけど、どうしてももう一度みたいなー

スポンサーリンク

 

ドラマ【パーフェクトワールド】第2話の気になる視聴率は?

ドラマ・パーフェクトワールド第2話の視聴率はまだ発表されていませんので、確認が取れ次第更新していきますね!

 

第1話のあらすじ

第1話は仕事の飲み会で高校の同級生であったつぐみと樹が偶然にも再会するところからストーリーが始まります。

樹が下半身不随で車椅子になっていたことを知らずに驚くつぐみですが、高校時代に片思いをしていた樹への想いは未だに続いていました。

障害を持つ人の苦労や、樹に生じた尿路感染からの褥瘡(じょくそう)の悪化という合併症などを間近で感じながらも、それでも懸命に生き、自分の夢を追い求めて努力する樹にさらに惹かれていくつぐみ。

そんな樹を見て、自分自身もインテリアデザイン会社の事務で終わるのではなく、小さい頃から好きだった絵を書くこと、インテリアデザイナーになることを決意します。

樹が病に倒れて病院で懸命に仕事のコンペに出すための作品を作る中、それを一緒になってつぐみはサポートします。

その甲斐もあってコンペを通過し、樹の夢はまた一歩前進しました。

さらに、困難を一緒に乗り越えたことで2人の距離はさらに縮まり、病室で良い雰囲気となります。

顔が近づき、自然を目をつむるつぐみ。

しかし、樹は過去のトラウマが蘇り、つぐみにキスをすることができません。

障害を持ってから、もう自分は二度と恋愛をしないのだと心に決めた以上、中途半端なことはできないと樹は感じてしまウノです。

キスができずに微妙な空気が流れる病室でしたが、急に謎の女性が現れます。

その女性はやけに馴れ馴れしく樹に話しかけ、ボディータッチをするので、つぐみは同様してしまいます。

一体この女性は誰なのか、樹とどのような関係なのか、謎を残したままに第1話はそこで終了します。

原作の漫画も170万部を突破するほどの人気なので、樹になる方は是非読んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ【パーフェクトワールド】第2話の完全ネタバレ!

ドラマ・パーフェクトワールドの第2話は、前回病室に突然現れた謎の女性が何者だったのか、という場面から始まります。

やたらと馴れ馴れしい女性は樹とどんな関係なのか、つぐみのライバルとなるのか、とても気になります。

それでは第2話のネタバレを見ていきましょう。

 

謎の女性の正体

樹の病室に入ってきた女性は、元看護師で樹のヘルパーをしている長沢葵でした。

しばらくの間不在にしており、樹のことは別のヘルパーに頼んでいたにも関わらず、褥瘡によって入院をしていたことに怒りを感じている長沢。

さらには、入院している樹につぐみが仕事をさせ体に負担かけるようなことをして、いったい何を考えているのだとつぐみを問い詰めます。

必死にかばう樹でしたが、何もわからない一般人と元看護師のヘルパーである自分との差を、わざとつぐみに見せつけるように強く当たるのです。

ショックを受けて思わず病室を飛び出したつぐみは、複雑な気持ちで病院を後にしようとしました。

 

晴人の驚きの事実!?

病院を出ようとつぐみが歩いていると、ちょうど病院のロビーで樹の会社の同僚である渡辺晴人に遭遇します。

晴人はコンペの資料を樹に渡すために来ていました。

立ち話をしている際、つぐみは病室にいた長沢のことを話そうとすると、なぜか晴人も長沢のことを知っていました。

そこでわかる驚きの事実、なんと晴人も左足を無くした障害者だったのです。

義足を履いて健常者のように歩いている晴人は、つぐみも障害を持っているなど気づきませんでした。

晴人は、樹の障害にあれだけ驚いていたつぐみを見て、自分も障害を持っていることをその場で言えなかったのです。

晴人と樹の出会いは病院で、一緒にリハビリをしている時。

2人とも長沢の厳しいリハビリを経て、現在の動ける体にまで回復したのでした。

そんな驚きの事実を知ったつぐみを、晴人はお茶に誘いつぐみにあるお願いをします。

 

樹と車椅子バスケの出会い

つぐみは現代美術展が体育館であると嘘をついて樹を誘い出します。

そして体育館の扉を開くとそこには、車椅子でボールを追いかける晴人の姿が。

晴人は車椅子バスケットをやっており、どうしても樹を誘い込みたかったのです。

まだ障害を持つ前の樹がバスケ部だったことをつぐみの発言で知った晴人は、一度は断られたものの、やはり樹には車椅子バスケをやってもらいたいと強く思ったのでした。

最初は拒否をする樹も、晴人にシュートを促されてゴールめがけてボールを放ちます。

しかし、自分の想像以上に飛ばないボール。

負けず嫌いの樹はそこから練習に参加し、車椅子バスケを始めることになります。

避けていた車椅子バスケがこんなにも楽しいものだと知ることができた樹は、機会を作ってくれたつぐみに感謝します。

「川奈に会えて本当に嬉しい。事故以来、昔の友人を避けてきた。川奈みたいに自分に付き合ってくれる人はいなかった。」

と正直な気持ちを、樹はつぐみに伝えるのでした。

 

樹の母

つぐみと樹が車椅子バスケから樹の家に帰ってくると、家には樹の母親の文乃が来ていました。

心配で樹の手伝いをしに来たのです。

3人は樹の家に上がって楽しくお茶をしながら話をします。

樹には幸せになってもらいたいと願う文乃は、つぐみのことをとても気に入りました。

つぐみがいない時に、文乃は樹につぐみとの関係を聞こうとします。

樹は、恋愛感情はなく、自分は今後恋愛をするつもりはないと文乃に断言、そこへタイミング悪く帰ってきたつぐみは、こっそりその話を聞いて、またもへこんでしまいます。

しかしつぐみと文乃はとても馬が合い、連絡先を交換して次回美味しいバームクーヘンのお店に一緒にいくことを約束します。

 

告白する前に振られるつぐみ

車椅子バスケにのめり込み正式にメンバーとなった樹は、練習の後に歓迎会を開いてもらいます。

つぐみも参加して居酒屋でみんなで楽しんでいると、そこに車椅子が邪魔だといちゃもんをつけてくる酔っ払い2人が登場します。

障害者だから特別扱いされていい気になってるんじゃないと、酔っ払ってむちゃくちゃなことを言ってくる最低な人たちに晴人がキレてしまい、殴りかかります。

止めに入るつぐみはただ押しはねのけられるだけで、さらには樹もそんなつぐみを守ることができずに見ているだけでした。

樹の家に帰った2人でしたが、樹の表情が暗いままです。

つぐみが気になって問いかけると、樹は先ほどの酔っ払いたちのせいでつぐみが危ない目にあっているのに、自分は何もできなかった、守ることもできないと話し出します。

さらには、つぐみが自分のことを想ってくれていたとしても、それには答えられないとつぐみのことを振ってしまうのです。

 

文乃に勇気付けられるつぐみ

樹の言葉にショックを受けたつぐみは、泣きながら自宅に帰ります。

幼馴染でもある是枝洋貴はつぐみの妹と仲良しで、よくつぐみの家に遊びにくるのですが、その日は付き合ってもいないつぐみにプロポーズするのだと意気込んでいました。

そんな中で泣きながら帰ってきたつぐみに、是枝は何も声をかけることができません。

つぐみが部屋で一人うなだれていると、ちょうどそこに樹の母親である文乃からつぐみに連絡が入ります。

先日話していたバームクーヘンの美味しいお店に、是非明日一緒に行かないか、と誘いがあったのです。

お店で美味しいバームクーヘンを食べながら、つぐみと文乃は樹のことについて話をしていました。

文乃は、樹が10年前に事故にあってから、本当に本人は地獄のような苦労をして今までやってきたと話します。

例え樹が誰かに迷惑をかけることになっても、犠牲を強いることになっても、樹には幸せになってほしいと切に願うのです。

それを聞いたつぐみは、自分が必ず幸せにすると決意し、例えダメでも想いをちゃんと樹に伝えると文乃に約束します。

 

第2話ラストシーン

つぐみが文乃と話をしている一方で、樹は会社の社長である渡辺剛に声をかけられていました。

そろそろ恋愛をしてもいいのでは?と樹に話す渡辺に対して、樹は頑なに自分の幸せのために誰かを犠牲にしたくはないと話します。

しかし、渡辺はいいます。

「なぜつぐみが犠牲になると決めつけているのか?健常者だけが障害者の犠牲になるというのは、思い込みなのではないか。お前だって彼女に振り回されて、仕事を犠牲にしなければならないかもしれない。多かれ少なかれ、自己犠牲の精神がないと恋愛なんて続かない。」

文乃と話をしたつぐみは、想いを伝えに樹の家に向かいます。

すると樹がちょうど家から出かけるところでした。

どうしたのかを尋ねると、拾った犬のチャコがいなくなってしまったので探しに行くと話す樹。

つぐみも一緒になって探し始めますが、空からは雨が振ってきます。

つぐみは雨に濡れる樹を気遣いコートを渡してマンションをもう一度探そうとしますが、樹は俺のことはいいからとコートを受け取りません。

俺のことはいい、俺と一緒にいても幸せになれない、守ってやれないから一緒にいられない、そんなつぐみの気持ちを無視した言動に、ついにつぐみは泣きながら樹に気持ちの内を伝えます。

「私の気持ちを無視して、全部勝手に決めないで、私は鮎川くんのことが好き。」

ついにつぐみは樹に告白をします。

泣きながらしゃがみこむつぐみに戸惑いながらも、一緒に樹のマンションに戻ります。

すると、チャコは家の中にいて、2人は本当に一安心。

濡れた髪を乾かしながら、2人で話をしていると、樹はついにつぐみの想いに答えようと決心します。

そして、病院ではできなかったキスを、2人はそっとして第2話が終了します。

ついに過去のトラウマを振り払い、恋愛へと動き出す樹、次回の第3話はどういった展開になるのかが楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ【パーフェクトワールド】第2話の感想

第2話は非常に泣けるシーンが多かった印象です。

特にお母さんの息子を想う正直な気持ちは、誰の胸にも突き刺さりますよね。

 

ラストシーン、雨の中告白するつぐみのところで流れる菅田将暉さんの「まちがいさがし」は本当に心に響きます。

シンプルに歌がいいのもありますが、流れるタイミングが絶妙です。

 

ナベさん(社長の渡辺剛)の樹にかけたセリフも名言でしたね。

健常者だけが障害者の犠牲になると思うのは、間違っている。

 

まとめ

ここまで、ドラマ・パーフェクトワールド第2話ネタバレとあらすじ、そして感想について見てきました。

第1話に引き続き、非常に面白い展開となってきましたね。

第2話は特に泣けるシーン、感動シーンが多く視聴者泣かせの内容となっていました。

純愛というのはこういうことを言うのか、と納得させられそうな、そんなストーリーですね。

引き続き第3話が非常に樹になるところではありますが、今回は第2話のネタバレやあらすじ、感想についてお届けしました。

パーフェクトワールドの動画フルを第1話〜最終回まで無料視聴する方法についての記事も非常に人気ですので、良かったら合わせてどうぞ!

スポンサーリンク