約束のネバーランドのノーマンとレイがかっこいい!人気の理由は?

約束のネバーランドのノーマンとレイがかっこいい!人気の理由は?
Pocket

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載中の『約束のネバーランド』。

約束のネバーランドの主要人物としているのがノーマンとレイです。

今、この2人がかっこいいと『約束のネバーランド』ファンの間で話題になっています。

筆者もノーマンとレイ、それぞれかっこいいのでいろんな場面に悶えてます。

2人の人気の理由は何でしょうか?

『約束のネバーランド』は読んでいるけど、ノーマンとレイのかっこよさに気づいていない人!

まだ『約束のネバーランド』を読んでないけど、よく見る表紙のノーマンとレイが気になっている人に!

この記事では、ノーマンとレイがどんな人物で、どこがかっこいいのかお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

『約束のネバーランド』のノーマンとレイがかっこいい!どんな人物か?

『約束のネバーランド』のノーマンとレイがかっこいいところをお伝えする前に、2人がどんな人物かをまずご紹介します!

上記画像の真ん中が主人公エマ、左がノーマン、右がレイです。

 

ノーマンはどんな人?

エマと同じくグレイスフィールドで育った11歳です。

ノーマンの性格は、優しくておちょこちょいのエマ含め年下子供たちの面倒を率先してみる頼れるお兄ちゃんです。

グレイスフィールドが人肉農園だと知り、エマ、レイと共に脱獄計画をたてます。

そのときに見せる策士な表情が、普段の頼れるお兄ちゃんキャラとのギャップがあってまたいいんです!

 

レイはどんな人?

レイも、エマ、ノーマンと同様にグレイスフィールドで育った11歳です。

レイの性格は、クールで物静かなイメージですね。

みんなが遊んでいるのを横目に木陰で本を読んだりしているシーンが多いです。

たまに、エマのことを「5歳児」と言ってからかったり、ノーマンを「エマの保護者」と呼んだり、冗談も言ったりします。

レイは、脱獄に向けてママのスパイを6年間かけて演じたり、エマのために自分を犠牲にしようとする仲間思いな一面もあります。

スポンサーリンク

 

『約束のネバーランド』のノーマンとレイが人気な理由

多くのファンがいる『約束のネバーランド』ですが、ノーマンとレイの人気が高いようです。

どんなところが人気なのか、『約束のネバーランド』ファンの筆者が考察していきます!

 

ノーマンが人気な理由

ノーマンの魅力は、

  • 笑顔が可愛い!
  • テストで毎回満点とる天才!
  • 大人を出し抜く計画を考えることは、レイよりずば抜けている!
  • 目的のためなら手段を選ばない冷たい一面もギャップがあり、またいい!

最初はとにかく優しい優等生キャラが魅力的だと感じました。

ノーマンはエマと年下の子供たちにとても優しいんです。

グレイスフィールドの脱獄編では、途中でノーマンが出荷されてしまい、不在の状態で物語は進んでいきます。

この後、ラムダ収容所で1人で勉強しているシーンがあります。

エマやレイに会いたいという思いを馳せながら、多くいる大人をどう出し抜こうか、他に食用児はいるのかと考える顔は時に冷酷さがあっていい!

エマ、レイと再会を果たしたノーマンは、自身がウィリアム・ミネルヴァと名乗り全食用児を開放していました。

年月を重ね、だんだん大人になっていくノーマンがかっこいい…背が伸びてる…と魅力が増す一方です。

物語最初の11歳の可愛いノーマンから、食用児のボスとして君臨するノーマン、はたまた鬼と交渉する姿は大人の男性としてかっこいいです!

 

レイが人気な理由

レイの魅力

  • 前髪長めの、目が細めで怖そうに見えるけど、実は面倒見がいい
  • 普段はクールなのに、実は仲間思いなところ
  • 脱獄後もエマを支え続ける優しさ
  • エマの無謀な願いを叶えようと一緒に汗水流しているところ

一見、クールで友情は2の次なイメージな外見ですが、全くの逆です!

ノーマンが出荷されてから、エマを支えていきます。

最後脱獄しようとするときは、自身にガソリンをかけて火をつけようとします。

火がついてママがパニックになった隙にエマと子供たちで逃げろと言います。

実際はノーマンが残した計画のおかげでそんなことはしなくて済みましたが、自分を犠牲にしてまで友達を助けようとする姿は必見です。

 

『約束のネバーランド』のノーマンとレイが好きな人の感想

ここまでは筆者が感じたノーマンとレイの魅力ですが、『約束のネバーランド』ファンの方々はノーマンとレイのどんなところがかっこいいと思っているのかツイッターで調査しました!

 

ノーマンが好きな人の感想

 

レイが好きな人の感想

スポンサーリンク

 

『約束のネバーランド』ノーマンとレイの人気についての考察

文章2-3行

 

ノーマンの人気について

ノーマン人気の理由は、

  • エマに対する惜しみない愛情
  • グレイスフィールド編での、優等生なところ、頼れるお兄ちゃんぽさ
  • 普段の優しい表情から、計画を練る実行するときの冷酷な一面のギャップ
  • 秘密のアジトでのボスキャラ感が素敵

グレイスフィールドにいた頃とアジトでのギャップにやられている方多数いると感じました!

無邪気に遊んでいた11歳の頃と比べて、アジトでは格段に大人の男性に変化してます。

グレイスフィールドの子供たちだけでなく、他の農園の食用児を守るため自ら王国を作る強いリーダーになっていました。

ノーマンは、エマとほかの子供たちのためですが、エマは昔の優しいノーマンが懐かしいと思うシーンもありますね。

お互いを思うあまり交差する2人の思いは、今後の物語の重要なポイントとなるでしょう!

 

レイの人気について

レイの人気の理由は、

  • クールなようでいてエマ思いの優しいところ
  • 仲間思いで、いざって時に自分を犠牲にしてまで守ろうとする強さ
  • 脱獄後、エマの無謀な願いを実現させようと一緒に努力してくれる
  • そつなくこなすようで、すごく努力家(ママのスパイを6年間こなした)

レイの魅力が最大限に発揮されるのは、脱獄後ですね。

グレイスフィールドにいるときも、もちろんかっこいいです!

レイは見た目と裏腹に、本当に仲間思いなんです。

鬼に捕まりそうになっても自分をおとりにするし、エマのことを本当に支えるし、脱獄後にレイファンになる方が多いですね。

脱獄前のママの回想シーンでは、ママが妊娠していたときに歌っていた歌を覚えているという衝撃な思い出も発覚しました。

親子の愛情が伝わったと同時にママも苦しんでいたのだと分かりますね。

レイやママ、それぞれのストーリーに涙する人も多いみたいです。

 

【約束のネバーランドのノーマンとレイがかっこいい!人気の理由は?】まとめ

ここまで、『約束のネバーランド』のノーマンとレイの人気の理由について徹底的に掘り下げてきました。

基本的に『約束のネバーランド』は物語の構成がしっかりしているので、それぞれのキャラクターが本当に生きてるような喋っているような感覚になります。

それほどまでにこの世界観にのめりこみます。

昔は仲の良かった友達が大人になって、本心をなかなか話せないようなノーマンとレイの立場の違いにも注目していきたいですね!

読者としては、人気の2人にはいつまでも仲良く笑いあってほしいという親心に近いものが湧いてきます。

『約束のネバーランド』は週刊少年ジャンプで連載中です。

単行本は現在18巻まで出版されているので、一気読みがおススメです。

もしくは、こちらでネタバレ記事をお待ちくださいませ。

スポンサーリンク