ドラマ【インハンド】第1話ネタバレとあらすじや感想は?シャーガス病によるバイオテロの犯人は?

【インハンド】1話ネタバレとあらすじや感想は?シャーガス病によるバイオテロの犯人は?
Pocket

スポンサーリンク

2019年4月12日からついにスタートしたドラマ・インハンド!

原作漫画のインハンドが人気を集めたことでドラマ化されましたが、主演を山下智久さんが演じることで話題となっています。

そんなインハンドの第1話が見れなかった人のためにネタバレやあらすじ、感想、そして無料で見れる動画サイトなどをご紹介して行きますね!

第1話のネタバレとなるため、知りたくない方は読まないでください。

期待のインハンド第1話はシャーガス病という感染病によるバイオテロの話で、原作漫画のストーリーに基づいた内容でした。

山下智久さんや菜々緒さんの最新ドラマ・インハンドの第1話ネタバレやあらすじ、気になる感想も含めて一挙に見ていきましょう!

また、見逃した人や途中から見始めたという方向けに、インハンドの第1話〜最終回までを無料で見れる4つの方法についても紹介していますので、是非ご覧ください。

ジラフくん
ついに始まったインハンド!1話はどんな内容だったのかな?
エフレファンくん
山ピーが漫画の紐倉にぴったりはまってて面白かった!

スポンサーリンク

 

ドラマ【インハンド】第1話の気になる視聴率は?

現在まだ視聴率は発表されていないので、正確な数字が発表されましたら随時更新していきます!

人気漫画のインハンドを人気俳優の山下智久さんが主演を務めるということで非常に話題となっていたため、第1話の視聴率も期待できそうですね。

菜々緒さんが悪女ではない役柄だったり、濱田岳さんの個性的なキャラクターもすごくよかったです。

 

原作漫画・インハンドとの比較

原作漫画のインハンドと比較すると、第1話のストーリーは根本の部分は同じですがオリジナルで変えられているところもあり、原作を読んだことのある人でもかなり楽しめたと思います。

原作の1巻には実は菜々緒さん演じる牧野や濱田岳さん演じる高家は出てこず、別の名前の阿里という女性と紐倉が活躍するという内容になっています。

トリパソノーマウィルスを使いターゲットをシャーガス病にさせテロを起こす犯人を見つける、といった土台の部分をうまく使いながら、ドラマオリジナルでわかり易く面白い展開になっていてとても楽しめました!

ドラマ1話の原作を読んでみたい!という方はこちらからどうぞ!

 

 

ドラマ【インハンド】のあらすじを紹介!

主人公の紐倉哲(山下智久)は天才的な頭脳を持つ寄生虫学者で、箱根にある巨大な自宅兼研究室にこもり日々研究に明け暮れています。

右腕がロボットハンドの義手となっており、なぜそうなってしまったのかはこれから話が進んでいくと共に明かされていくようです。

ある日紐倉が自宅で研究をしていると、内閣官房サイエンス・メディカル対策室という国の部署から美人官僚の牧野巴(菜々緒)が訪れてきます。

科学が発展しグローバル社会になったことで、今までは考えられなかったような未知の病気や事件が起きている現在、その対策のためにできたのが牧野の所属するサイエンス・メディカル対策室という部署になります。

牧野は一般的な医師や科学者では対応できないような病気や事件の解決に協力してもらうため、寄生虫や未知の生物・病気などに詳しい紐倉の元を訪れてきました。

自分の好きな研究だけをしていたい紐倉は当初役人の協力などする気はありませんでしたが、牧野の提案してきた交換条件で協力することを決めます。

そもそも牧野が協力依頼してくる事件には謎が多い珍しい生物や感染症が多く、単純に興味が湧いたということも協力する理由の一つとなりました。

また、紐倉はある事件がきっかけで知り合った元医者である高家春馬(濱田岳)を医者時代の2倍の給料で助手に招き入れ、牧野が持ってくる案件を一緒に解決していくことになります。

様々な事件から見えてくる未知の病原体や謎の生物、最先端化学などは天才である紐倉の想像を超えるものばかりですが、天才科学者たる所以を発揮して難事件をその知識や発想で次々と解決していくサイエンスヒューマンミステリードラマ、それが「インハンド」です。

紐倉自身にも右腕の義手など隠された過去に多くの謎があり、ドラマの回が進むごとにその謎が解けていく面白さもあるので、毎回新鮮な気持ちで楽しめるドラマとなっています。

スポンサーリンク

 

ドラマ【インハンド】第1話の完全ネタバレ!

インハンドの第1話は、原作漫画の1巻をしっかりと踏襲しつつ、ドラマでオリジナリティを出してテレビならではの面白さを演出した展開となっています。

いったいどんな展開になるのか、気になる1話のネタバレはこちら!

 

事件の始まり

ある日、台田総合病院に目元を腫らした心臓発作の患者が立て続けに2人も運ばれてくるところから話が始まります。

2人の患者を対応した救急医の高家は、この患者が通常日本で起こることがないシャーガス病にかかっており死亡したことに気づきます。

しかし、台田総合病院の黒野院長はこのシャーガス病で死亡した2人のことを隠蔽し、表に出ないようにしました。

日本で通常は絶対にありえない病気を隠蔽することに憤りを感じた高家は、サイエンス・メディカル対策室にこの事件を密告するのです。

 

その頃サイエンス・メディカル対策室では

外務省からサイエンス・メディカル対策室に異動してきた牧野は、最初の仕事としてこのシャーガス病の密告事件を受け持ちます。

寄生虫に対してなんの知見もない牧野は、早速天才研究者である紐倉の元を訪れます。

紐倉は最初この事件に協力することを拒みますが、牧野がある交換条件を示したことで協力することを決めます。

紐倉は以前訪れた異国のジャングルで日本にこっそり連れてこようとした猿がいたのですが、その猿は天然記念物で持ち出してはならない種類のため、パスポートが剥奪されてしまったのです。

元外務省に勤めていた牧野は、ツテを使ってパスポートを発行することを条件に、今回の事件の捜査に協力してもらうのです。

また、シャーガス病の病原であるトリパソノーマにも寄生虫学者である紐倉は非常に興味を持ちます。

シャーガス病の病原はトリパノソーマという原虫で、このトリパノソーマを運ぶのが「サシガメ」という吸血虫なのです。

サシガメはお腹いっぱいに人間の血液を吸うと、その場で糞をします。

その糞にトリパソノーマ原虫が含まれており、刺された人間がそこを搔きむしると糞が傷口に刷り込まれシャーガス病に感染してしまうのです。

サシガメは通常中南米にしか生息しないため、何者かによって故意で日本に持ち込まれたことは間違いありません。

いったい誰が日本に持ち込んだのか、これは悪意のある事件なのか、その謎はこの時はまだはっきりしていませんでした。

 

シャーガス病患者たちにあった共通点

新たに台田総合病院に運ばれてきた3人目のシャーガス病患者の血液を見事に採取することに成功した紐倉は、研究室でこの病気の元凶がトリパソノーマであることを確認し、確証を得ます。

ちょうどその頃、紐倉の研究室に訪れてきた高家は最初の2人の患者の血液を持ってきており、この2人もシャーガス病であったことが確認されました。

その場にいた牧野がこの3人の患者の共通点がないかを高家に聞いたところ、3人とも黒野院長の知り合いであることが発覚します。

さらには、3人目の患者である桶谷は桶谷食品の社長であることが発覚します。

桶谷食品は10年前にトリパソノーマ食害事件を起こしており、当時は大変な騒ぎとなっていたのです。

10年前の食害事件を起こした社長が、同じトリパソノーマに感染して死亡する、3人の患者は全て黒野院長が関係している、これは何者かによる陰謀であることに紐倉、牧野、高家の3人は気づくのです。

 

トリパソノーマ食害事件の被害者

10年前に桶谷食品が起こした食害事件を牧野が調べていくと、江里口という人物の娘がこの食害の被害で自殺していることにたどり着きます。

早速江里口を訪れた紐倉たちは、江里口の娘が自殺に追い込まれた真相を知るのです。

桶谷食品が当時発売したチクチクオイルは、アトピー性皮膚炎によく効くとして特定保健用食品にもなり販売されていました。

アトピーに悩む当時高校生だった江里口の娘は、チクチクオイルを購入して自分のアトピーがついに治ることを夢見て毎日使用していたところ、この食害事件が発生するのです。

アトピーが治るどころか、シャーガス病になるトリパノソーマに感染したことを知った江里口の娘は、ついには自殺してしまうのです。

チクチクオイルの販売元の桶谷食品や特保に指定した厚生労働省を激しく訴えた江里口でしたが、この事件はもみ消されてしまうのです。

娘の死に、悲しみを訴える江里口の話に3人は心打たれるのですが、家を出た紐倉は江里口の家の裏にさとうきびのビニールハウスがあることに気づくのです。

 

被害者の拡大

さとうきびはトリパソノーマを運ぶ原虫であるサシガメの餌になるため、紐倉は江里口が犯人であることを確信します。

マンションから広い一軒家に引っ越してきた江里口が、家のどこかでサシガメを繁殖させていることを疑うのです。

一方でタクシーの運転手をしていた江里口の次なるターゲットは、厚生労働省の事務次官である倉井でした。

倉井は10年前、この事件をもみけしたトップの人物で、サイエンス・メディカル対策室にもこの事件に深入せずお蔵入りさせろと圧力をかけている人物でした。

倉井にも怒りを抱いていた江里口は、倉井の毎日のスケジュールを調べ上げ、タクシーに乗せてから自宅の研究所に拉致するのです。

ちょうどその頃、江里口の家に潜入した紐倉と高家は、家の外にサシガメを飼う環境の整った大きな倉庫を発見します。

倉庫の中を調べていると、高家と紐倉は何者かにスタンガンで気絶させられてしまいます。

2人が目を覚ますと、目の前にはなんと縛られた倉井がトリパソノーマに感染したサシガメの糞が溶け込んだ水を大量にかけられているのです。

 

ラストシーン

江里口は当時の食害事件に関与した人物を次々と狙い、当時の食害事件と同じトリパソノーマを用いた復讐をしていました。

厚生労働省の事務次官・倉井がトリパソノーマに感染する水をかけられている姿を見ているしかない紐倉と高家ですが、縛られていた腕をなんとか外して江里口を止めに入ります。

こんなことをしても娘は喜ばないと説得する高家。

こんな立派な研究施設を作って復讐計画を練っていたことを称賛し、この熱意をアトピーを治す薬の開発に注いだら、娘と同じ病気に苦しむ人を助けられると諭す紐倉。

この言葉に、江里口は涙ながらに崩れ去り、インハンド第1話の事件は終結します。

スポンサーリンク

 

ドラマ【インハンド】第1話の感想

テンポよく進んでいくストーリー展開がよかったと評価されています。

配役もバッチリで、第2話を楽しみにする視聴者も多かったです。

 

実はこのシャーガス病の話は、コミックだと1巻丸ごとのストーリーで、もっと複雑な部分が多かったのです。

しかし、重要でないヘビーな部分はすっ飛ばして、原作の軸となる部分をコミカルに演出しており面白かったとの意見がありました。

 

面白かった!次回も楽しみ!と行った感想が非常に多く、山下智久さんのファンでない方も楽しんで視聴していたようです。

第2話以降もとても楽しみですね!

 

まとめ

ここまで、ドラマ・インハンド第1話のネタバレとあらすじや感想について見てきました。

原作と同じストーリー展開にも関わらず、面白さはそのままにドラマの時間にしっかり凝縮された脚本は称賛されるべき内容でした。

視聴者からも、

  • 面白かった
  • 次回が楽しみ
  • 久々にハマれるドラマだ

など非常に高く評価されたインハンド第1話でしたが、第2話以降も非常に楽しみですね!

以上、インハンド第1話のネタバレ、あらすじや感想についてでした!

また最後に、見逃した人や途中から見始めたという方向けに、インハンドの第1話〜最終回までを無料で見れる4つの方法についても紹介していますので、是非こちらもご覧ください。

スポンサーリンク