死役所のあらすじやキャスト・相関図を画像で紹介!

死役所
Pocket

スポンサーリンク

2019年秋の新ドラマ『死役所』が、松岡昌宏さん主演で10月16日からスタートします。

このドラマの原作は大人気漫画で、きゃりーぱみゅぱみゅさんや広瀬すずさんがSNSで広めて話題になるなど、著名人にもファンが多い作品です。

そんな人気漫画の連続ドラマ化が、どんなあらすじやキャスト・相関図なのか気になりますよね?

このドラマは松岡昌宏さん演じる主人公のシ村を中心に、あの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員たちと、次から次へと訪れる死者との対話を描いた物語です。

シ村が発する「お客様は仏様です」という言葉がドラマのキーポイントになっていて、“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを今までにない考えさせられる人間ドラマとして描かれています。

それでは『死役所』のあらすじやキャスト・相関図を見ていきましょう。

ジラフくん
僕もこの漫画の大ファンなんだ!
エフレファンくん
大人気漫画のドラマ化だからすごく注目されているね!

スポンサーリンク

 

『死役所』のあらすじや原作は?

2019年秋の最新ドラマ『死役所』は、2019年10月16日(水)の深夜0時12分からのスタートです。

それでは『死役所』のあらすじや原作を見ていきましょう。

 

『死役所』のあらすじ

「お客様は仏様です」

誰もが一度は想像する“死後の世界”は天国?地獄?

この世を去った者たちは、その世の市役所ならぬ「死役所」を最初に訪れます。

そこは自殺、他殺、病死、事故死など様々な理由で亡くなった者たちの行き先を決めるの手続きをする場所です。

死役所の総合案内で働く主人公のシ村(松岡昌宏)は、次から次へと現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼な態度で対応します。

訪れる死者は“死”を受け入れた者から、現実を理解しないまま訪れる者まで様々です。

彼らはどんな生き方をし、どう死んだのか?

壮絶な生前の姿が死者の申請書から次々とあぶり出され、罪なき者は天国へ、罪深き者は地獄へ、あるいは・・・

シ村を取り巻く職員たちも癖のある者たちばかり。

実は死役所の職員たちも隠された秘密があったのです。

彼らはなぜ死後にこの場所で働いているのか?

そしてシ村の秘められた壮絶な過去とは?

魂えぐる死者との対話を描いた人間ドラマが始まります。

 

『死役所』の原作は?

このドラマの原作は、新潮社「月刊コミックバンチ」にて2013年1月より連載中の、あずみきしさんの『死役所』です。

累計は300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画なんです!

あずみきしさんのプロフィールがこちらです。

  • ペンネーム:あずみきし
  • 本名:非公開
  • 性別:非公開
  • 生年月日:??年5月24日
  • 出身地:大分県別府市
  • 最終学歴:大分県芸術文化短期大学
  • 主な作品:「死役所」「プレゼント」

あずみきし先生は、小学2年生から漫画を描き始め、通算40作、計1300ページ以上の投稿を続け、漫画家のアシスタントや市役所の臨時職員をしていました。

その経験から「死役所」の構想を練り、本作にてデビューを果たしました!

現在は13巻まで発売されていて、まだ完結はしていません。

あの世と死者たちが、どういう風に実写化されるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

 

『死役所』のキャスト・相関図は?

ここでは現在分かっているキャスト陣を見ていきましょう。

キャストが演じるキャラクターも紹介していきますね!

 

 シ村(市村正道) / 松岡昌宏

  • 松岡昌宏(まつおかまさひろ)
  • 所属グループ:TOKIO(ジャニーズ事務所)
  • 生年月日:1977年1月11日(42歳)
  • 主な出演ドラマ:「LOVE&PEACE」「天国に一番近い男」「ショカツ」「ナースマン」「成りあがり」「マンハッタンラブストーリー」「明智小五郎VS金田一耕助」「夜王」「新・美味しんぼ」「ヤスコとケンジ」「0号室の客」「高校生レストラン」「13歳のハローワーク」「家政婦のミタゾノ」

人気ドラマシリーズの「家政婦のミタゾノ」では、圧巻の女装演技を見せている松岡昌宏さん。

ジャニーズとは思えない演技派な印象がありますよね。

TOKIOの中でも俳優業をたくさんしている松岡昌宏さんが、今回の変わった主人公をどう演じてくれるのか楽しみですね。

 

【シ村のキャラクター】

あの世の市役所ならぬ「死役所」で働く職員。

次から次から現れる死者に「お客様は仏様です」と慇懃無礼(いんぎんぶれい)な態度で対応し、ミステリアスで強烈な魅力を持つ、闇の深い主人公。

いつもニコニコしているが、その笑顔からは想像できない壮絶な過去を持つ。

 

三樹ミチル / 黒島結菜

  • 黒島結菜(くろしまゆいな)
  • 生年月日:1997年3月15日(22歳)
  • 主な出演ドラマ:「ごめんね青春!」「一番電車が走った」「サムライせんせい」「ナイトヒーローNAOTO」「時をかける少女」「アシガール」

黒島結菜さんはまだ22歳ですが、「時をかける少女」で主人公に抜擢されてから、ぐんぐん延びている若手女優さんです。

このドラマではキーパーソンとなるヒロインを演じるというこど、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

【三樹ミチルのキャラクター】

二十歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった女子大生で、天真爛漫で明るくわがまま。

生活事故課で取り扱う治安で死亡したものの、「酒を強要された」という理由で“殺人”として手続きしてもらうことを望み、死役所に居座っている。

次第にシ村の笑顔の秘密を知りたくなる。

 

ハヤシ(林晴也) / 清原翔

  • 清原翔(きよはらしょう)
  • 生年月日:1993年2月2日(26歳)
  • 主な出演ドラマ:「レンタルの恋」「兄に愛されすぎて困ってます」「警視庁いきもの係」「いつまでも白い羽根」「深夜のダメ恋図鑑」「PRINCE OF LEGEND」「連続テレビ小説 なつぞら」「チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~」

清原翔さんは、NHKの連続テレビ小説「なつぞら」で主人公の兄を演じていて、清純派なイメージが強いですよね。

そんな清原さんが今回のドラマで、今風な青年を演じるということで、とてもお似合いの役なのではないでしょうか。

 

【ハヤシのキャラクター】

死役所の生活事故課。

語尾に「す」を付ける言葉使いが特徴的で、見た目はチャラくミーハーな少年。

時代劇役者だった祖母の影響が大きく、出生に大きな秘密を抱え、苦しみ抜いた末に大事件を引き起こす。

 

ニシ川(西川実和子) / 松本まりか

  • 松本まりか(まつもとまりか)
  • 生年月日:1984年9月12日(35歳)
  • 主な出演ドラマ:「六番目の小夜子」「太陽の季節」「虹のかなた」「夏目家の食卓」「戦場のガールズライフ」「ホタルノヒカリ」「先に生まれただけの僕」「ホリデイラブ」「ブラックスキャンダル」「神酒クリニックで乾杯を」

個性的な女性の役を演じることが多い松本まりかさん。

「ホリデイラブ」や「ブラックスキャンダル」では、凶器じみた女性を演じていた印象が強いですよね。

今回演じるのは笑顔はなく、口が悪い女性ということで、声の高い松本まりかさんがどう演じるのか楽しみですね。

 

【ニシ川のキャラクター】

死役所の自殺課。

美人だが笑顔はなく、口が悪くて、口元のほくろが特徴的。

仕事は出来、生前は美容師だった。

想像を絶する恐ろしい過去の持ち主。

 

イシ間(石間徳治) / でんでん

  • でんでん
  • 生年月日:1950年1月23日(69歳)
  • 主な出演ドラマ:「緊急取調室」「TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部」「ゼロの真実~監察医・松本真央」「刑事7人」「そして誰もいなくなった」「BG~身辺警護人」「バイプレイヤーズ」

でんでんさんはバイプレイヤーとして大人気の俳優さんですよね。

主な出演ドラマは多過ぎて書ききれないほどです。

どんなドラマでも個性的な演技を見せたくれるでんでんさんに、今回も期待したいですね。

 

【イシ間のキャラクター】

死役所の他殺課。

強面だが人情に厚く涙もろく良心的。

生前は妻に先立たれ子供もいなかったため、姪のミチを可愛がっていたが、ある事件に巻き込まれて人生が一変する。

 

以上が現在発表されているキャスト陣です。

大人気の漫画の実写化ということ、これから続々と発表されるキャストにも注目したいですね。

 

まとめ

ここまで2019年秋の新ドラマ『死役所』のあらすじやキャスト・相関図を見てきました。

大人気漫画の実写ドラマ化と、主演が松岡昌宏さんということで、注目度はとても高いですよね。

あの世と死者たちが舞台なので、どういったドラマになるのかも注目ポイントですね。

ドラマの放送時間は深夜枠ですが、毎週水曜日は夜更かしして視聴する方も多くなりそうです!

ドラマのスタートが待ち遠しいですね!

以上、『死役所』のあらすじやキャスト・相関図の紹介でした。

スポンサーリンク