キングダムネタバレ最新話634話確定速報!ついに鄴を陥落か?

キングダム634話ネタバレ最新話確定速報!ついに鄴を陥落か?
Pocket

スポンサーリンク

2020年3月12日(木)発売予定のヤンジャンに掲載されるキングダムネタバレ最新話634話の確定速報をお伝えしていきます。

3月5日は休載となっていますので、注意してくださいね!

今回はどこよりも一足先に確定されたネタバレ速報を見ていきましょう。

前回633話では秦の選抜された精鋭隊が、ついに鄴へ全速力で向かうというところで終わりました。

もしまだ前回の633話を読んでいない方がいれば事前に確認してから、今回のキングダムネタバレ最新話634話をお読みくださいね!

また、ヤングジャンプ のキングダム最新話を実際に読みたいという方は、以下の方法で読むことも可能です。

>>ヤンジャンのキングダム最新話を無料で読む方法<<

それでは、キングダムネタバレ最新話634話確定速報!ついに鄴を陥落か?を見ていきましょう。

キングダムネタバレ最新話634話の確定速報!ついに鄴を陥落か?

前回633話では信が死の淵から蘇った後、秦軍は精鋭部隊をつくって李牧軍を追う作戦に出ました。

李牧軍ももう鄴まで目と鼻の先、周辺を囲っている桓騎軍とぶつかるか?という様な展開です。

朱海平原の戦いもついに閉幕間近、今回634話はどんな展開になるのでしょう?

 

桓騎軍に鄴の民は陵辱されてしまう?

前回633話で鄴の城内の民たちは暴動を起こして場外へ出てきてしまう一歩手前でした。

空腹に限界を覚えた民達は、もう城外へ出て食べるものを探しに行くしかないのです。

しかし、一歩外へ出てしまえば桓騎軍の思うつぼ、陵辱され、または人質に取られて趙軍が不利になることは目に見えています。

それを阻止するために城内の兵たちが総動員で民の暴動を止めますが、やはり止められずに桓騎軍の思う壺となってしまう可能性も。

李牧軍が到着したころには、全てが終わってしまっている可能性が十二分にありますね。

 

李牧軍が到着し桓騎軍を包囲?

秦軍の精鋭隊は全速力で李牧軍を追いかけていますが、李牧軍が桓騎軍にぶつかるのが先になりそうです。

兵力は圧倒的に趙軍の方が上であるため、精鋭隊が到着する一歩手前で桓騎軍が包囲され、壊滅させられる可能性も?

李牧は何かしらの策があるからこそ鄴へ逃げている、そしてその後を秦軍が追ってくることももちろん承知の上だと考えます。

となると、李牧は一体どんな最後の手を残していると言うのでしょうか?

知才である桓騎将軍を討つことだけでも非常に難易度の高い戦いとなることは間違いありません。

さらには後ろから王翦軍の精鋭部隊が、絶体絶命の様に見えますが思いもよらない奇襲に出るのか?

 

楊端和が桓騎に加勢するのか?

李牧軍が一足早く鄴に攻め込んできた時、包囲をしている桓騎軍を一気に追い詰める可能性があると先ほどお伝えしました。

精鋭隊がくる前に、壊滅させられ、城内に趙軍が雪崩れ込んだ場合に城攻めとなり秦軍にとっては非常に面倒な戦いとなります。

そのためにも、桓騎軍にはなんとか耐え忍んでもらう必要がある秦軍。

そうです、ここで登場するのではないかと言われているのが、楊端和軍。

一時絶体絶命か?と思わせる様なおとり作戦で見事に犬戒の城を落とし、さらには見方につけてしまった楊端和の軍。

兵力もまだまだ余力は残っています。

ここで、桓騎軍に楊端和軍が加勢することによって李牧率いる趙軍を止めるのではないかと言われているのです。

事実、歴史上の話を見ても楊端和が出てきていることも確か。

桓騎軍は楊端和軍が助けるのでしょうか?

 

史実ではどうなのか?

歴史上の事実としては、王翦軍は閼与を攻め落とすとあります。

その後に、精鋭部隊を鄴へ送り込む様なのですが、漫画では最初から精鋭部隊を鄴へ送りこみましたよね!

ですので史実にある様に閼与を攻め落とすと言うのは漫画では省かれる可能性が非常に高いです。

信が死にかけから復活するなど、やはり史実と全く同じではなく多少のアレンジが加えられているのが漫画キングダムの様ですね。

と言っても、軸となる本筋のストーリーは変わらないので、歴史を学びたい人にとっては流れを知るにすごく良い漫画とも言えますよね!

>>ヤンジャンのキングダム最新話を無料で読む方法<<

キングダムネタバレ最新話634話の確定速報について読者の予想・考察・感想は?

それでは続いて、キングダムの大ファン達による634巻の予想・考察・感想や633話を読んでからの感想などを見ていきましょう。

ツイッターだけでなく、キングダムの専用掲示板の情報も一緒に掲載していきます。

 

ツイッターによる最新話634話の予想・考察は?

やはり楊端和が動くだろうと予想している人はいましたね。

確かに最近あまり出てきていない舜水樹が李牧を補助する可能性はあるかもです。

ここ最近の信を蘇らせる云々よりも、読者は戦いを望んでいますよね!

今の話の進みの遅さだと、論功行賞タイムはまだそこそこに先になるのではないかと思います。

終わりそうで終わらない朱海平原の戦い。

この方の予想はかなり的を得ていて面白いですね。

 

キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は?

Aさん

残った飛信隊の運命はいかに…

壁のあんちゃんが食料もって出てこないかなぁ…

Bさん

李牧の退却した本陣跡には、食糧は無かったのか!?。

鹵獲失敗なのか??。

李牧軍の背を討って欲しい。

が、結果は出なかったのか??。

戦国時代の補給は、略奪あるのみ。

餓えた軍の本領は、描かれるのか??。

Cさん

>間に合わなかったーじゃ笑えないからな
そもそも抜かれる事が笑えない気がする(^p^

>うまくやりながら
の部分のデンリミと蒙恬の意味深な表情は一体(゚A゚)
デ「ちゃんと食料手配してるから心配すんな
も「信じていいのですね?
なのか
デ「(見捨てるつもりだがな)
も「(なにかたくらんでやがるな)
なのか。

Dさん

久々のオギコ!かわいいなぁ。

ギョウの連中にあからさまな嘘w
カンキ軍が殺さないわけない。

リボクを追うオウセン達。
少数精鋭で残りの食糧ごっくんこで追うよ。

でも残された仲間たちに変なフラグ立っちゃった。

キョウカイに行ってら言われたい。

ここにきて壁将軍がスーパー役立つ動きを見せるって考え、なきにしもあらずですよね!

鄴の民は桓騎に陵辱され殺されてしまうのか、、、できればそれは見たくないなー。

キングダムネタバレ最新話634話の確定速報!決定内容がこちら

634話がヤンジャンに掲載されましたので、ネタバレを紹介していきたいと思います。

 

急いで鄴へ向かう李牧

龐煖が信に破れる姿を見届けた後、急いで鄴に向かう李牧。

しかし、王翦軍が全速力で背中を追いすでに追いつかれ始めていたのです。

一度死にかけた信は見事に復活し、追いかけながら李牧軍の兵士を次々となぎ倒していきます。

先頭走る李牧、しかし後方では殿(しんがり)の部隊が王翦軍をなんとか遅らせようと必死に戦っているのです。

李牧は王翦軍よりだいぶ早くに鄴へ向かっていたにもかかわらず、何故追いつかれてしまったのか?

その理由は明白で、王翦が考えた少数精鋭隊がここで功を奏したのです。

一見冷静に部下の対応をしているように見える李牧でしたが、内心かなりの焦りを感じているのでした。

 

崩壊寸前の鄴

李牧の焦りは追いつかれたことの他に、別のところにもありました。

それはもう鄴が限界ギリギリにあるということ。

王翦の戦略によって侵入した秦兵によって焼かれた鄴城内の食糧は、すでに城に避難している民を空腹で限界まで追い詰めていました。

城門には空腹を満たすために城外へ出たいと押し寄せる民たち。

しかし、外へ出てしまえば王翦や桓騎の思う壺、それだけは避けなければなりません。

城にいる趙軍の兵士たちも、一般人たちを攻撃する訳にもいかず、なんとか対処すること意外に方法はありません。

なんだか香港で起こっているデモを彷彿とさせますよね。

一触即発の雰囲気が漂う中、民の暴言でついに兵士が民を攻撃してしまうのです。

そして、ここからが崩壊の始まり、民たちも武器を持ってついには兵士と衝突してしまいます。

この衝突について報告が上がってくる城主、邯鄲軍でも李牧軍でもどちらでもいいから早く来てくれ・・・

このことは、しっかりと城外を包囲している桓騎の耳にも入って来ていました。

 

精鋭部隊の圧倒的な強さ

一方、李牧の殿隊とぶつかっている秦軍の精鋭部隊でしたが、さすがに厳選された兵士たちだけあって圧倒的な強さを見せつけます。

本来であれば16日目の半ばで鄴に到着している予定だった趙軍でしたが、この精鋭隊の襲撃によって明らかに進む速度が遅れ始めていました。

殿隊を怒涛の勢いで倒していく倉央と糸凌の攻撃は、ついには李牧軍の中央まで届き始めていたのです。

ここまで追い詰められることは完全に李牧の想定外だったようで、明らかに焦る表情を見せる李牧。

ここまで軍に損傷を受けた状態で桓騎軍と相対するのはかなり難しいと考え、一度王翦軍の対応を優先させます。

 

急遽追い込まれる形となった飛信隊

今まで逃げていた李牧軍は突然歩みを止め、左右に分かれて隊が分裂します。

中心部に入り込んできた倉央隊を包囲し、総攻撃を仕掛けようとしたのです。

それを敏感に察知した倉央は一度下がるように指示をだし、この異変に気づいた王賁や蒙恬もまた後方へ逃げて上手く対応しました。

しかし、殿隊の撃墜に集中していた飛信隊は、この李牧軍の動きに気ずくのに送れてしまったのです。

このままだと飛信隊だけ李牧の餌食となってしまう可能性も。

気づいた河了貂が指示を出して、飛信隊は全員が後方へと逃げます。

この李牧の動きに一部の王翦軍は討たれましたが、精鋭部隊の強者たちを揃えていた王翦軍は李牧の攻撃を見事に回避したのでした。

これにはまた悔しさの表情を見せる李牧。

 

桓騎の鋭い予測

王翦軍を迎え撃っている李牧軍ですが、決着がつかずに17日目を迎えてしまいました。

夜を迎え、敵のことが気になって仕方がない信。

河了貂は李牧もかなり疲れがあるため、休息をとって馬も休めているだろうと信に伝えます。

しかし、河了貂の言葉も束の間に夜営をしていた飛信隊に李牧軍が襲いかかります。

休んでいるどころか、徹底的に潰しにきている李牧軍。

そして鄴を案ずる李牧は、王翦を止めるための舞台を残して休むこともせず鄴を目指し、ついに到着するのでした。

城門が開いていないこと、鄴がまだ陥落していないことに安堵する兵士たち。

しかしまだ安心できる訳ではない李牧軍、これから桓騎と真っ向勝負が始まるのです。

 

ついには開門してしまう鄴

朱海平原の戦いは、すでに王翦軍の勝利となっています。

なぜ今回、王翦は李牧に勝つことができたのか?それは武将としての才覚でなく、手駒の差であると王翦は部下たちに言いました。

その手駒とは、まさに信・王賁・蒙恬の若き武将達のことを指しているのでした。

この有能な3名の若き武将が、李牧の作戦を完全に打ち壊したことは間違いありません。

すでに戦いには負けてしまっている李牧が、最後に守らなければならないのが鄴。

しかし、これを桓騎は許してくれませんでした。

鄴に到着した李牧軍の目に飛び込んできたのは、城門がゆっくりと開門していく姿でした。

絶体絶命、まさにその言葉がぴったりな状況でした。

城内の民の反乱により、ついには鄴の陥落がほぼ確実となってしまったのです。

開門するところで終了となる今回の634話、次回635話でついにこの戦いもクライマックスを迎えます。

 

 【キングダムネタバレ最新話634話確定速報!】まとめ

ここまで、キングダムネタバレ最新話634話確定速報!ついに鄴を陥落か?について見てきましたが、以下に内容をまとめます。

  • 李牧が舜水樹と桓騎軍に奇襲をかける
  • 楊端和が桓騎軍に加勢して時間稼ぎ
  • 秦軍の精鋭隊が到着するまでしばし時間が必要

といった感じです。

まだまだこの先の展開が読めないですが、ぜひ予想しながら次回を待っていましょう。

3月5日はキングダムが休載なので、3月12日のヤンジャン発売日を待ちましょう。

以上、キングダムネタバレ最新話634話確定速報!ついに鄴を陥落か?についてでした。

>>ヤンジャンのキングダム最新話を無料で読む方法<<

スポンサーリンク