キングダム630ネタバレ最新話確定速報と考察!信は死んでいた?

キングダム最新話630ネタバレ確定速報と考察感想予想!信は死んでいた?
Pocket

スポンサーリンク

2020年2月6日(木)発売予定のヤンジャンに掲載されるキングダム630最新話のネタバレ確定速報をお伝えしていきます。

前回のヤンジャン発売日は1月16日(木)でしたので、休刊を挟んで2週間ぶりのキングダムをドキドキワクワクされてい方が非常に多いかと思います。

今回は一足先に確定されたネタバレ速報を見ていきましょう。

前回629話では、あたかも信が死んでしまう様な展開で驚きを隠せない読者が錯乱していました。

本当に死んでしまった説と、そんなことしたら話が続かないだろ説で真っ二つに割れていますが、果たして次回の630話はどうなるのでしょうか。

630話では信が今後どうなるのかと、龐煖なき今後の戦いの続きがどう展開していくのか楽しみなところです。

それでは、キングダム最新話630ネタバレ確定速報と考察感想予想!信は死んでいた?を見ていきましょう。

>>キングダム最新刊を無料で読む方法<<

キングダム630話ネタバレ確定速報!最新話の信について予想・考察は?

信が死んでしまったわからない状況で終わった628話のどんでん返しで、前回629話では本当に死んでしまっていた、という展開でまるまる1話が終わってしまいました。

信が死んでしまったその後の展開はどうなる?

 

本当に本当に信はこのまま死んでしまうの?

629話では信が完全に死んでしまった展開となっていますが、さすがにこのまま進んでいくとキングダムの話自体が最高につまらなくなります。

単行本第一巻の最初の1ページ目をみなさん覚えてますでしょうか?

そう、信が大将軍となり王騎将軍の矛を持って戦に向かうシーン。

ここで信が本当に蘇らなければ、あのシーンは完全なフェイクとなってしまいます。

そのため、死んだ様でゴキブリ並みの生命力で蘇るというのが次回最新630話のネタバレで確定です。

もちろん蘇ってからそのまま李牧の元へ、という体の状態ではないので、残すところの鄴での戦いは完全に信抜きの展開になることも間違いありません。

それでは一体、どうやって信が蘇る流れに持っていくのか?次を見ていきましょう。

 

龐煖による不思議な力で信が蘇るという予測

さて、前々回の628話で龐煖の回想シーンがあったのを覚えている方も多いかと思います。

不自然にこのタイミングで龐煖の故郷や両親の話が出てくるのは何か伏線があるに違いない、、、と。

龐煖の両親には人を癒す不思議な力があり、村人の多くをこの両親が助けていました。

そうです、その子供である龐煖にもまず間違いなくこの不思議な力は持っているはずです。

ここも完全ネタバレ確定になりますが、龐煖がまず先に自身の不思議な力によって蘇ります。

そして周りを取り巻く飛信隊の面々や秦軍の面々が絶望します。

しかし、李牧もいなくなった今、龐煖にはもう闘う意思はありません。

自分を人生で唯一打ち破った信という偉大な男を尊敬し、自身に宿る不思議な力で瀕死状態の信を蘇らせるというのでまず間違いないです。

 

龐煖でなく羌瘣が信を蘇らせる可能性はある?

ここで思い出していただきたいのが、羌瘣も持つ不思議な治癒力です。

王賁が尭雲(ぎょううん)に酷くやられた際に、信と羌瘣は王賁の休むテントに向かいました。

そして、信が羌瘣に王賁の治療を頼むと任せたのです。

そう、この羌瘣の持つ不思議な力を使えば、瀕死状態の信を復活させることができるのではないか?と考える読者の方も多いかと思います。

しかし、それはおそらくは不可能でしょう。

なぜか?理由は羌瘣のこの治癒の力はそこまで強いものではないからです。

王賁の時もなんとか一命を取り留める、くらいの処置までしかすることはできず、完全に心臓が止まっている様な信の状況を回復させるほどの力は無いと考えます。

また、いくら羌瘣と言えど自身も連戦で体を負傷し疲労コンパイ状態です。

残す羌瘣の力で信を復活させると言うのは、ちょっと考えにくい考察ですね。

 

完全に予想外!?羌瘣が龐煖を蘇らせる可能性は?

ここからは完全に予測の世界に入っていきます。

不思議な力を持つ龐煖と羌瘣ですが、629話の最後では羌瘣がアップになって意味深に終わります。

誰もが羌瘣が信を治癒するのか!?と思いますよね。

それでは普通の展開で面白くありません。

そう、羌瘣が残った力で治癒するのが龐煖です。

龐煖には羌瘣以上の治癒能力が備わっており、同じ匂いを感じとる羌瘣は龐煖が不思議な力があることに気づいています。

そう、ここで頭のキレる羌瘣が取った行動、それは龐煖を自分の力で蘇らせ、信を治癒させることです。

龐煖自身が治癒能力が高いと見た羌瘣は、自分の力も合わせて龐煖の再生に努めます。

復活した龐煖は前述の通り、さらに戦いを続けるでもなく信の治療に専念し、信を復活させるという展開。

そして、羌瘣は信を龐煖に任せて、自らは鄴に飛信隊を率いて向かうのです。

おそらくここまで予測している人は誰一人としていないので、完全ネタバレ確定内容となってしまいますが、次回が楽しみで仕方ありませんね。

>>キングダム最新刊を無料で読む方法<<

キングダム630話ネタバレ確定速報!最新話の鄴の戦いはどんな展開か予想・考察!

さて、629話では信が死んでしまったという話でその後の李牧の展開などが一切ありませんでしたが、次回の最新630話ではさすがに進展あるのでしょうか。

ネタバレ確定速報を見ていきましょう。

 

鄴に到着した李牧が最初にとる行動とは?

趙策略家の李牧は、決して諦めた訳ではありません。

全軍を南下させて鄴に向かい、なんとか城の陥落を防ぐことに従事します。

しかし、どんな策略を練ろうとも、相手となるのは王翦、桓騎、そして駆けつけてくる楊端和、羌瘣率いる飛信隊です。

この状況で、趙軍の大将で残すは馬南慈(ばなんじ)と紀彗(きすい)の2人、この布陣では太刀打ちできそうもありません。

ここではおそらく、これ以上の被害と命を無駄にせぬ様、李牧は和睦に出ると考えられます。

歴史上の事実に細かく記載はされてませんが、王翦軍が大挙して鄴を攻め落とすとあるので、和睦の可能性は極めて高いと考えます。

 

絶対に負けられない戦いで敗戦した李牧の責任はどうなる?

さて、趙の首都である邯鄲(かんたん)の入り口、絶対に死守が必要な鄴を守りきれないであろう李牧は今後どうなってしまうのか。

歴史上の事実によると、悼襄王(とうじょうおう)によって更迭され、殺されてしまうとなっています。

つまり、戦で首を取られる訳ではなく、負けた後に趙王によって殺されるのですね。

この様な歴史上の事実からも、今回の鄴での戦いで李牧が誰かに首を取られるという可能性も極めて低いのが事実です。

キングダム630話ネタバレ確定速報について読者の予想・考察・感想は?

それでは続いて、キングダム熱狂的読者による630巻の予想・考察・感想はどういったものがあるのか見ていきます。

ツイッターだけでなく、キングダム掲示板の情報も掲載していきます。

 

ツイッターによる最新話630の予想・考察は?

やはり羌瘣が信を治癒する、という流れが多くの人の予想みたいですね。

ちょっとふざけたものもありますね、、

読者をガッカリさせてしまっている展開でもある様です。

いくら信がこの後蘇るにしても、ちょっとファンタジーすぎるという意見は多いですね。

李牧は取り逃がしたものの、残す戦力から見ても秦が有利なことは変わりありません。

ほとんどの読者もそう考えているのではないでしょうか。

 

キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は?

Aさん

信が死んだ事をオウセンは知らなんだ。
だからリボク追撃しない事態に???とな。

飛信隊。。信がいないとダメなんだよね。
テンすら泣き崩れる事態。

そんな中、キョウカイたんが救う方法あり?

Bさん

たしか、キョウカイは手を合わさることで
自分の命を相手に送りこむ事ができると信に言ってたシーンがあったの思い出した

Cさん

きょうかいは、医学に通じてるところがあるから、人工呼吸か何かをするんでしょうか?

それか、きょうかいも死にかけたところで、ホウケンが2人を助けるか。

どちらにせよ、あまりファンタジー要素は入れないで欲しいなー。

Dさん

飛信隊は軍隊としてダメでしょう。特にテンは李牧追撃の指示を出すところを、あの対応は軍師として不適格。むしろ信を大将軍にしたいなら李牧の首を挙げるように動かなければ。
それに今回の茶番は「仲間」や「絆」の負の側面しか出ていないと思います。

信が蘇るとして何話分使うつもりなんでしょうかね。あの状況から蘇るとしたらファンタジーやスピリチュアルな展開しかないと思いますが、それだと王騎とかも死んでないことにできるような気がします。

それにしても王翦、「田里弥」しか言ってませんが……指示せーよ。

キングダムの掲示板ではこの停滞気味な展開に文句を言っている方がかなり多かったですね。

鄴の話うんぬんの前に、このファンタジーな展開にガッカリと。

原先生はこの展開を大どんでん返しできるのか?

スポンサーリンク

キングダム630話ネタバレ確定!最新話の内容と感想について

630話がヤンジャンに掲載されましたので、その内容を見ていきましょう。

以降、ネタバレがありますのでご注意くださいね!

 

信が倒れたことに気付く戦友2人

信の戦友である蒙恬と王賁の2人は、異変に気付きます。

理由は李牧を狙える絶好のチャンスであるにも関わらず、飛信隊に動きが見られないからです。

その異変に気づいた蒙恬と王賁は急いで飛信隊の群がる円の中心へ向かと、そこには息を引き取った信が横たわっているのでした。

周りの飛信隊の面々が泣きひしがれる中、羌瘣が一人何かをしようと信のそばにいるという光景でした。

 

羌瘣が動く

羌瘣は、蚩尤族の禁術と言われている人に命を分け与える行為をしようとしているところでした。

そんなことができるはずがないと、河了貂は信じることができません。

もちろん、禁術ということだけあって羌瘣自身、いまだかつてこの術を試したことはありません。

息を整え、昔の記憶を遡りながら何やら口ずさみます。

死の舞をする時のような、超集中状態です。

 

羌瘣の過去に遡る

ここで羌瘣と象姉の過去の思い出回想シーンに入ります。

羌瘣が禁術の詩を唱えていると、気づいた時には後ろに象姉がいました。

「あんた何やばい禁術やろーとしてんの」

子供の羌瘣はなんのことやらさっぱり、キョトンとしています。

そう、子供の羌瘣はこれが禁術であることを知らなかったのです。

象姉は言います、死んだやつを生き返らせる術なんて、この世に存在しないと。

死んだものは、生き返らないと。

これが本当なのか、それとも羌瘣の身に危険があるから象姉は止めたのか、どちらなのでしょう。

とにかく、使った奴に最悪のことが怒るから忘れろと象姉は羌瘣に言うのでした。

 

自分を犠牲にしても信を救うと決めた羌瘣

このまま禁術を続ければ、象姉の行っていた最悪のことが起こる可能性があります。

しかし、自分に何かあるよりも信をこのまま失いたくない。

その強い想いから羌瘣は禁術を続けます。

そして、血管が浮き上がり目を見開いた羌瘣が、あちらの世界にいる信と繋がります。

その先に待ち受けていたのが、真っ白の無の世界。

そこには象姉の命を奪った張本人である、幽蓮がいたのです。

 

戻るか、行くか

幽蓮は羌瘣に向かって言います。

「ここが天地の間の門戸だ ここより先に行くのはお前の命 寿命をいくつかもらう

そして、それはお前が決めろ」

これには流石に驚く羌瘣でしたが、後ろから象姉が語りかけてきます。

これはそういう術だから、お前の寿命を減らさないとあの男は救えない。

しかし、羌瘣の気持ちはすでに決まっていました。

「全部やる」

そう、信を救える可能性が少しでも残っているのなら、羌瘣は何も悩むことなく全部をやると迷いなく言うのです。

幽蓮はその言葉をきき半ば呆れながらも、禁術を発動し羌瘣は今度は暗闇の世界に突入します。

ここで630話は終了、次回の631話に続きます。

 

 【キングダム最新話630ネタバレ確定速報と考察感想予想!】まとめ

ここまで、キングダム最新話630ネタバレ確定速報と考察感想予想!信は死んでいた?について見てきましたが、以下に内容をまとめます。

  • 信が完全に息絶えたことが発覚する
  • 信を治癒するのが羌瘣なのか?という伏線がはられる
  • 李牧は逃げ切り、王翦の次の展開がまたれる

といったところでしょうか。

最新話である630話の発売は2020年2月6日(木)ですので、このあとの展開がどうなるか気になると思いますがなんとか待ちましょう!

以上、キングダム最新話630ネタバレ確定速報と考察感想予想!信は死んでいた?についてでした。

>>キングダム最新刊を無料で読む方法<<

スポンサーリンク