キングダムネタバレ最新話637話確定速報!!兵糧は一体どこへ!?

キングダムネタバレ最新話637話確定速報!!兵糧は一体どこへ!?
Pocket

スポンサーリンク

2020年4月2日(木)発売予定のヤンジャンに掲載されるキングダムネタバレ最新話637話の確定速報をお伝えしていきます。

今回はどこよりも一足先に確定されたネタバレ速報を見ていきましょう。

前回636話では、兵糧の問題解決に向け動き出した秦とそれを防ごうとする李牧の攻防戦でした。

もしまだ前回の636話を読んでいない方がいれば事前に確認してから、今回のキングダムネタバレ最新話637話をお読みくださいね!

また、ヤングジャンプのキングダム最新話を実際に読みたいという方は、以下の方法で読むことも可能です。

それでは、キングダムネタバレ最新話637話確定速報!兵糧は一体どこへ!?を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話637話の確定速報!兵糧は一体どこへ!?

前回636話では鄴の陥落後に城にたどり着いた秦の後方部隊でしたが、食糧が全くないことで限界を迎えるという内容でした。

王翦や桓騎も軍議を行う中、秦の王都でも兵糧について話合いが行われていいます。

そして、蒙武の息子である蒙穀がすでに介億を動かし兵糧を趙に向けて送っていたことがわかりました。

介億は列尾で舜水樹を戦いを始めましたが、兵糧の行方は果たして、、、?

 

介億の仕込んでいた偽の兵糧

前回636話の最後、舜水樹が介億軍の兵糧を狙い攻撃を仕掛けたものの、兵糧はもぬけの空、、、

介億は兵糧が狙われることを予期して偽物の兵糧にすり替えていたのですね。

してやったりの舜水樹でしたが、兵糧が偽物だとわかると動揺、それを見た介億もニヤリと微笑みます。

普通に考えたら兵糧を届けにきた秦の援軍の兵糧が狙われるのは当然のことなので、偽物をおとりにして別の場所に隠しておくのは当然のことのようにも思えます。

それでは兵糧はいったいどこに隠されているのか?

簡単には見破られないように、またたとえ一部がやられても大丈夫なように分散して積まれている可能性が非常に高いです。

あえて兵糧を絶対に持っていないであろう前方の方で隠し持っている可能性もあります。

 

すでに兵糧は運び込まれている?

635話の最後、王翦が食糧問題は解決した、と話していたのを覚えてますでしょうか?

今回の介億の兵糧運び込み自体が、大規模に仕掛けた騙しの戦略の可能性が非常に高いのです。

まだ兵糧が運び込まれていないのに、解決したなんて言えないですよね普通は。

そう、つまりは別の方法を使ってすでに兵糧は秦軍のもとへ運び込まれている、または運ばれている途中である可能性が非常に高いのです。

一体どうやって?

これは前636話のネタバレ予測でもお話しましたが、黄河を渡って誰も予想がつかない方法で運び込むことです。

詳しくは前回のネタバレをご覧くださいね!>>636話ネタバレ予想

これを王翦は事前に昌平君に頼んでいたのではないかと予想されます。

黄河という巨大な川を渡って運び込むなんて想像も出来ませんからね。

実際はどうなのか、次回その答えがわかるのでしょうか?

 

別働隊がいる?

介億の補給部隊自体が大規模なおとりだとしたら、別働隊がすでに動いている可能性があることは示唆しました。

この別働隊は一体誰なのか、そこも非常に気になる部分です。

さて、今回の戦いであまり登場していない将軍は誰だったか、、、

そう、蒙武将軍ですよね。

秦の国を守るために戦いには参加していなかった蒙武でしたが、ここに来て趙に完全勝利するために送り込まれた可能性はあります。

このことが国外に漏れてしまうと別の近隣国から秦が攻められる可能性も出てきてしまうため、かなりの賭けでありかつ誰にも漏れてはいけない超極秘任務です。

しかし、蒙武軍が黄河を渡って兵糧を運び込むだけのために動いているとも考えにくいため、もしかすると遼陽にいる楊端和たちを開放するために動いている可能性もあります。

圧倒的な武力で趙軍を蹴散らし、楊端和や壁たちを開放して鄴に向かわせる。

この可能性も一理あるのではないでしょうか。

 

兵糧が運び込まれれば完全勝利?

介億の1万の兵を率いた軍自体が大規模な翻弄作戦であったとしたら、これは李牧や舜水樹の作戦を大きく打ち破って秦軍、つまりは王翦の完全勝利となり決着がつくはずです。

すると李牧の完全な敗北となります。

前回の秦VS合唱軍で大敗を喫した李牧ですので、もうあとはありません、今回は最後のチャンス。

しかしそのチャンスも失敗に終わるとなると、ついには命が危ういことは誰しもわかります。

史実ではこの戦いに敗れた李牧は、趙王である悼襄王に処刑されると記されています。

また、以前にも悼襄王から「鄴を失ったらお前を切り刻む」と言われていたのを覚えていますでしょうか。

すでに鄴は陥落し李牧はギリギリの状態に追い込まれていることは事実ですので、これで兵糧が運び込まれたとなってはもう後がありません。

首を差し出して死刑となり、公衆の面前の前に晒されてしまうなんて残酷なことをされる可能性は大いにあります。

秦に勝って欲しいものの、李牧には死んで欲しくない、この絶妙な葛藤があるのは私だけでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話637話の確定速報について読者の予想・考察・感想は?

それでは続いて、キングダムの大ファン達による637話の予想・考察・感想や637話を読んでからの感想などを見ていきましょう。

ツイッターだけでなく、キングダムの専用掲示板の情報も一緒に掲載していきます。

 

ツイッターによる最新話637話の予想・考察は?

介億が結構人気で、久々の登場に喜んでいるキングダムファンが多いようです。

ついに長きに渡った鄴攻めも終盤、終わりが見えてきているので読者もワクワクし始めているようですね!

637話に目が離せません!

 

キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は?

Aさん

趙国においては周り全部自国なんだからいくらでもなんともなったはずなのに3年引っ張って最後李牧あっさりすぎて結局ホーケンいなきゃ何も出来ないキャラ確定じゃあないですかね。

Bさん

リョウヨウが陥落した件は王翦、李牧に伝わってないから。陸地内の輸送は双方にとって動きづらい。どなたかご指摘ありました通り鄴は黄河に近いから、船の輸送を考えているように思います。通信手段は伝書鳩とか。コメくれ!とか。いづれにせよ、秦軍の戦場3箇所で勝利したことから一旦仕切り直しになると思いますが、私達の想像の上をいく展開を楽しみにしてます。

Cさん

曹操が袁紹の食糧庫を焼いたのが、官渡の戦い。

趙国の食糧庫は、官渡にあると思います。

時代は、前後してますが。

船で運ぶより、強奪、鹵獲、ゲットを決めて欲しい。

Dさん

個人的には黄河を活用するんだったらもっと早くしとけばもっと簡単だったし、逆にありきたりすぎるんで、残された8割の兵がギョウという大都市に必ずあるであろう近隣の村や城から回収してくるんじゃないかなと思います

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話637話の確定速報!決定内容がこちら

2020年4月2日(木)に発売されたキングダム637話のネタバレをお伝えしていきます。

この先は完全にネタバレとなりますのでご覧いただく方は注意してくださいね!

 

完全におとりだった介億たち

食糧難に陥っている鄴の秦軍たちに兵糧を届けるため列尾に向かっていた介億軍を待ち受けていた舜水樹たち趙軍。

前回636話の最後で、運んできた兵糧がおとりで中身が何も入っていなかったところで終わりました。

いったい本当の兵糧はどこにあるのか?

実はそもそも介億率いる補給部隊の全体がおとりだったのです、最初から兵糧なんて積んでいなかった。

前方の舞台はまさにこれから戦闘に入ろうとしていたところで、趙軍におとりであったことがばれてしまったのです。

部下たちは慌てふためましたが、いたって冷静な介億。

「想定より大分早くバレてしまった」

と。

それではいったい誰がどうやって兵糧を運んでいるのか???

 

本命の部隊はどこ?

それではいったい兵糧を運んでいる本部隊はどこにいるのか?

そうです、「黄河」の上です。

鄴がある位地は黄河のすぐ側、さすがに趙軍の李牧でさえも黄河を渡って兵糧を運んでくるなんて無謀なことをしているとは思わなかったのか?

かなりの兵糧を積んだ船が黄河を進み、趙国の水域に侵入していたんですね。

しかし、昌平君だけはこの状況を心配している素振りでした。

 

黄河の利用がばれていた?

空っぽの俵を見たす舜水樹すは、焦るそぶりひとつ見せることなく言います。

「秦軍は必ず黄河の水路を使って兵糧を行へ運ぼうとする」

実は李牧はこのことをすでに読んでいたのです、当たり前といえば当たり前でしょうか、2手も3手も読んでいる李牧ですからね。

そして侮れないのが舜水樹。

冷静沈着で李牧の信頼も大きい舜水樹は、実はさらに裏をかいて行動にうつしていたのです。

そう、黄河を使って兵糧を運ぶことなんて見え見えだったのですね。

 

黄河の水路はすでに対策済み?

船で黄河をわたってきた青忠水軍の目の前には、驚くべき後継が広がっていました。

そう、趙軍の船が待ち伏せして待ち構えていたのです。

秦軍の船を両側から挟み込み、矢や槍で総攻撃を仕掛けてきます。

さすがにピンチの秦軍ですが、これを無理に突破しようと試みます。

しかし、完全に相手の思うつぼとなる状態、絶体絶命です。

趙軍の方が一枚も二枚も上手でした。

このままでは兵糧ごと黄河の水の底に沈められてしまう、、、

 

秦ぐんにも近づいてくる限界

ギリギリの戦いを繰り返し、もう体力も限界な上に食べるものもなく、そろそろ飛信隊や秦軍は限界に近づいていました。

城の外では李牧軍が高みの見物をしていますが、なにやら李牧は考え込んでいます。

特に確信があるわけではないようですが、なにか予感がしているようなんです。

李牧は黄河で食料を運ぶことを予想してましたが、他には特に方法はないと思っています。

そこへ、李牧へ近づいてくる一人の兵士、

「李牧様、今すぐ王都 邯鄲へご同行願います」

????

李牧は朱海平原の失態を勘ぐっていますが、果たして、、、

 

黄河での兵糧持ち込みは失敗

あと10日あれば王翦から鄴を取り返せたはず、王翦と秦軍が餓死する最後まで見届けたかったでしょう。

王の命令は絶対のため、李牧の想いは残念ながら通ることはありませんでした。

残すところは舜水樹に任せるしかありません。

しかし、やはり先ほどから残る李朴のなかの懸念、いったいこの懸念はなんなのか、、

そして秦の王都 咸陽には、黄河を渡る軍が全滅したという報告が入ります。

これまた最悪の展開、何も言えない昌平君。

そこで昌平君は以前、王翦との話を思い出していました。

「出陣前に一つ頼んでおきたいことがある」

未だにそれがどういった内容だったかは明かされていませんが、そのとき昌平君は驚愕していました。

 

 【キングダムネタバレ最新話637話確定速報!】まとめ

ここまで、キングダムネタバレ最新話637話確定速報!兵糧は一体どこへ!?について見てきましたが、以下に内容をまとめます。

  • 介億軍はおとりだった
  • 本隊は黄河を使って兵糧を届けようとしていた
  • 李牧、舜水樹には読まれていて黄河経由も見事に失敗
  • はたして李牧の予想を上回る策はあるのか?

といった感じです。

まだまだこの先の話となりますがが、ぜひ予想しながら次回を待ちましょう。

以上、キングダムネタバレ最新話637話確定速報!意外な兵糧問題の解決法!についてでした。

キングダム最新話が掲載されているヤングジャンプ、または最新刊37巻を無料で読みたい方はこちらから。

スポンサーリンク