キングダムネタバレ最新話636話確定速報!意外な兵糧問題の解決法!

キングダムネタバレ最新話636話確定速報!意外な兵糧問題の解決法!
Pocket

スポンサーリンク

2020年3月26日(木)発売予定のヤンジャンに掲載されるキングダムネタバレ最新話636話の確定速報をお伝えしていきます。

今回はどこよりも一足先に確定されたネタバレ速報を見ていきましょう。

前回635話では、これまで耐え忍んでいた鄴がついに民たちによって開門されてしまいました。

もしまだ前回の635話を読んでいない方がいれば事前に確認してから、今回のキングダムネタバレ最新話636話をお読みくださいね!

また、ヤングジャンプ のキングダム最新話を実際に読みたいという方は、以下の方法で読むことも可能です。

>>ヤンジャンのキングダム最新話を無料で読む方法<<

それでは、キングダムネタバレ最新話636話確定速報!?意外な兵糧問題の解決法!を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話636話の確定速報!兵糧問題が解決!?

前回635話ではついに鄴が陥落し桓騎軍、王翦軍が城内に入っていくことはできたものの、兵糧は城内に一切なく秦兵士たちの体力も限界に達している状況でした。

王翦が考えていた兵糧問題の解決法は一体どのようなものなのでしょうか?

 

楊端和と壁から兵糧を持ってくる?

前回635話でありましたが、李牧軍は兵糧攻めを兵糧攻めで返して王翦軍を殲滅させる作戦を考えていたようでした。

鄴城を奪われたところで、兵糧がなければ再び鄴を奪い返すのも時間の問題。

他全ての場所から鄴への兵糧の流れを打ち切れば、簡単に鄴を奪い返すことができるのです。

これが李牧が簡単に鄴を明け渡した理由でした。

さて、王翦は兵糧の解決策をどう考えているのか。

まず一つ目として考えられるのは、遼陽にいる楊端和や壁の城に潤沢にある兵糧を鄴へ持ち込んでもらうこと。

それができれば問題なく兵糧は解決できるのですが、王翦がそんな単純な考えをする可能性は低いか?とも思えます。

もっと奇想天外で誰もが思いつかないような戦略がある可能性が高いです。

 

精鋭部隊とは別の残してきた兵士たちの活躍か?

今回鄴に向かうために秦の兵士の精鋭部隊を作り、全体の8割の兵は朱海平原に残してきました。

この残してきた8割の兵士たちが食糧をどうにかして鄴へ遅れてやってくる、というのがまた一つ考えられる策になります。

例えば、一度列尾まで戻り舜水樹(しゅんすいじゅ)を倒すことで城を奪還して兵糧を奪う、もしくは秦からの兵糧を運んでくる援軍の救済をして活躍する可能性もありますよね。

兵糧が秦から鄴へ無事に届けば、今最大の懸念点である兵糧は問題なくなるので戦いに専念できます。

残された8割の兵がどれだけ役に立てるかが勝負かもしれません。

 

黄河を渡って秦の援軍がくる?

今回の戦で王翦軍は西の秦から東の趙へ、山脈と黄河の間にある列尾を通り北上して朱海平原の戦をスタートさせました。

朱海平原の南東にある鄴ですが、そのすぐ南には黄河が流れています。

つまり、秦から鄴へ来るには通常は列尾を通るか、山脈をなんとか超えるかしか方法がありません。

しかし、誰も思いつかないような方法、つまり黄河を渡って来るという方法が残されていたのです。

巨大な川である黄河さえ渡ればすぐに鄴ということもあり、これは思いも寄らない秦の援軍が兵糧を持って鄴に入ってくる可能性は十分にありますよね!

 

王翦が昌平君にした頼み事とは?

鄴の戦いに入る前、王翦が昌平君に頼み事をしていました。

その頼み事の内容について詳細ははっきりしていませんがおそらくはこのギリギリの状況を乗り切る答えがその頼み事のはずです。

可能性として、

  • 尽き果てた兵糧を送ってもらう
  • 傷ついた兵士の代わりの兵を送ってもらう

あたりが考えられますが、前者の施策を黄河を渡って行わせる可能性は十分にありますよね。

636話でその真相がはっきりとするはずです。

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話636話の確定速報について読者の予想・考察・感想は?

それでは続いて、キングダムの大ファン達による636話の予想・考察・感想や635話を読んでからの感想などを見ていきましょう。

ツイッターだけでなく、キングダムの専用掲示板の情報も一緒に掲載していきます。

 

ツイッターによる最新話636話の予想・考察は?

やはり読者が気になっているのが兵糧問題をどう解決するかという部分。

昌平君に頼んで運んでもらうなんて普通のことは王翦はさせないと読む人もいれば、予想にも書いた残った8割の兵が奪ってなんとかするという意見も。

636話でその解決策が提示されるはずです!

 

キングダムのコミュニティによる最新話の予想・考察は?

Aさん

ギョウを落とす以上はギョウを秦の領土にすること前提だろうから、食糧問題に対して、今の危機に対応するだけじゃなくて、領土として維持できる解決策を王翦はやってのけるんだと思う。
その場凌ぎの策じゃなくて、先を見越したものだろうね。

まあ、どんなやり方かはわからないにしろ、それほどのスケールのことを原先生は考えていると思う。本国から食糧を運べるようにする手段が規定路線か?思わぬ伏線もどこかにありそう。この先の展開が楽しみ。

Bさん

個人的には黄河を活用するんだったらもっと早くしとけばもっと簡単だったし、逆にありきたりすぎるんで、残された8割の兵がギョウという大都市に必ずあるであろう近隣の村や城から回収してくるんじゃないかなと思います

Cさん

曹操が袁紹の食糧庫を焼いたのが、官渡の戦い。

趙国の食糧庫は、官渡にあると思います。

時代は、前後してますが。

船で運ぶより、強奪、鹵獲、ゲットを決めて欲しい。

Dさん

リョウヨウが陥落した件は王翦、李牧に伝わってないから。陸地内の輸送は双方にとって動きづらい。どなたかご指摘ありました通り鄴は黄河に近いから、船の輸送を考えているように思います。通信手段は伝書鳩とか。コメくれ!とか。いづれにせよ、秦軍の戦場3箇所で勝利したことから一旦仕切り直しになると思いますが、私達の想像の上をいく展開を楽しみにしてます。

やはり読者からしても普通に予想できる展開ではあって欲しくないという思いが強いようです。

これまでそうきたかー!と良い意味で期待を裏切られてきましたからね。

掲示板での予想も的を得ている内容ばかりでした。

スポンサーリンク

 

キングダムネタバレ最新話636話の確定速報!決定内容がこちら

2020年3月26日(木)に発売されたキングダム636話のネタバレをお伝えしていきます。

この先は完全にネタバレとなりますのでご覧いただく方は注意してくださいね!

 

精鋭部隊とは別の後方部隊が!

首魁平原で秦の兵士達は、精鋭部隊と朱海平原から後から来る部隊に分かれて進んでいました。

この後方部隊が精鋭部隊の向かった先である鄴へ向かうのです。

空腹の中、どんどんと倒れていく仲間をお互いに助け合いながら皆で鄴を目指します。

渕副長が後少しで鄴に到着するから頑張るんだ、と激励の言葉を飛ばしますがそろそろ部隊の体力は限界。

尾平なんかはあまりのしんどさ涙しながら進んでいきます。

そして、やっとの思いで精鋭部隊が先に到着している鄴の城へとたどり着くのです。

そこで見た後継は、城に「秦」の旗が立っている姿。

辛く大変な思いをしてたどり着きましたが、ここで喜びが爆発します。

 

バラバラの飛信隊も合流

飛信隊のメンバーを含む後方部隊は、精鋭部隊が鄴を落としていることで城内の食糧にやっとありつける思い出喜びを爆発させています。

そして、信が馬に乗って到着した後方部隊に駆け寄ってきました。

久しぶりに合流した飛信隊のメンバーたちは各々の抱きしめ合ってお互いの無事を喜び合います。

仲間の絆が垣間見られるとても良いシーン。

信の体は龐煖と戦いボロボロであるのを心配しているメンバーも非常に多かったので、無事に再会出来たことは本当に嬉しかったのでしょうね!

 

兵糧対策はその後どうなった?

後方部隊や飛信隊のメンバーは、精鋭部隊が勝ち取った鄴の城へ入城していきます。

これでやっと食糧にありつける、ここまで必死に戦ってきたことが報われる!

誰しもがそう思っていました、、、

これまで死んだ馬の肉を食べたりして飢えをしのいでいたのです。

しかし、ご存知のように鄴の城にも食糧は残っていません。

羌瘣も竜川の背中に背負われてなんとかギリギリ生きて鄴にたどり着きましたが、水と食糧がないので餓死寸前。

他の兵士も餓死寸前のものがたくさんいる状況です。

後方部隊に取っては本当に悲惨な状況、一体この最悪な食糧難をどのようい乗り切るのか・・・

 

兵糧についての軍議

食糧がなく餓死寸前の兵士たちであふれている現状、この機器的状況の打開策を王翦や桓騎などの幹部太刀で軍議を開きます。

軍議の内容は食糧をどうするのか。

ただでさえ精鋭部隊の食糧もない中で、後方部隊が到着し人が増えたことで食糧は1日ももたない状況にあります。

城を落としたはいいものの、兵糧攻めを逆にくらってしまう秦の面々、李牧があっさり引き渡したのはこのためです。

ここでもし李牧の力ある大軍が押し寄せて攻められれば、今体力のない秦の兵士たちは一瞬にして倒されてしまうに間違いありません。

なんとしてでもどこからか食糧を補給する必要がある、それを李牧は阻止しようとしてくることも当然考えられます。

この戦いはお互いに兵糧が鍵を握る戦い、一体どうなるのでしょうか?

 

李牧の先読み

さすがは李牧といったところ、こうなることは全て戦略に含まれていました。

またさらに秦の先を読み、食糧の補給をどうにかしてしようとすることを阻止する戦略も考えています。

王翦たちはおそらく今控えている楊端和などから食糧を補給してもらうことを考えているはず、であれば楊端和たちのいる遼陽からの補給を遮断すること。

そのためにすでに動き始めているのです。

楊端和の郡は周囲を李牧の軍に包囲されてしまい、簡単に外に出ることが出来ずにいます。

あと残された道は、秦国からの補給のみ。

さて、秦から食糧を運んでいる援軍は、趙の入り口である列尾を打開して補給に成功するのでしょうか?

 

昌平君への言付けとは

王翦軍が鄴を陥落したことは秦の王都へも知らせが届いています。

みな驚きと歓声を上げて喜びますが、政は黙っています。

そう、鄴を落とせたとしても出入り口である列尾が固く閉ざされているのであれば王翦軍は完全孤立して食糧難に陥ることは目に見いているのです。

流石に頭の回転の早い政は、そのことに気付きそれが解決しないと喜ぶのは早いと他を一蹴します。

王翦軍と桓騎軍がすでに飢餓状態にあることは昌平君も承知しているので、すぐにでも兵糧を送るための手立てを打たなければと動こうとします。

そこへ、なんと蒙武の息子である蒙穀(もうき)が、昌平君にすでに手を打っていることを明かします。

そう、昌平君の側近であり、軍曹司令である介億がすでに食糧を持って列尾に向かっていたのです。

列尾への到着はもうすぐ、しかし強固に固められた列尾をどう抜けるのか。

 

介億の列尾の攻略戦

さて、列尾に到着した秦軍の前に、しっかりと趙の軍が待ち構えていました。

兵力は共に1万ずつ、拮抗した戦いになりそうです。

趙軍はもちろん最初から兵糧を狙って押し寄せてきます、そりゃそうですよね。

この秦軍は鄴へ兵糧を届けることだけが目的の軍、それさえ無駄にしてしまえば任務完了です。

兵糧をとにかく守ろうとする秦軍ですが、相手は舜水樹(しゅんすいじゅ)という李牧も認めるキレもの。

厄介な戦いになりそうです。

しかし、兵糧が狙われるなんて介億もそんなわかり切ったことに対してしっかり策を打っています。

舜水樹を中心として趙軍の兵士たちが兵糧に一気に攻撃を仕掛けてくる中、食糧が入っていると思われた俵の中身はなんとことごとく空っぽ!

これには舜水樹もやられた表情を見せます。

そう簡単にはいかないと介億もニヤリと笑います。

ここで636話は終了、次回がさらに気になります!

 

 【キングダムネタバレ最新話636話確定速報!】まとめ

ここまで、キングダムネタバレ最新話636話確定速報!意外な兵糧問題の解決法!について見てきましたが、以下に内容をまとめます。

  • 飛信隊は信たちと合流し喜びあうも食糧がないことに絶望
  • 頼みの綱であった楊端和からの補給も李牧が先手を打っていて不可能
  • 秦から介億が兵糧を届けに列尾へ向かっていることがわかる
  • 果たして介億は兵糧を無事鄴へ届けることができるのか?

といった感じです。

まだまだこの先の話となりますがが、ぜひ予想しながら次回を待ちましょう。

以上、キングダムネタバレ最新話636話確定速報!意外な兵糧問題の解決法!についてでした。

キングダム最新話が掲載されているヤングジャンプは無料を無料で読みたい方はこちらから。

>>ヤンジャンのキングダム最新話を無料で読む方法<<

スポンサーリンク