キングダム最新話ネタバレ657話速報!満羽が虚無となった理由

キングダム最新話ネタバレ657話速報!満羽が虚無となった理由
Pocket

スポンサーリンク

『キングダム最新話ネタバレ657話速報!満羽が虚無となった理由』を紹介させて頂きます。

前回のお話では、満羽が圧倒な力を蒙武に見せつけました。

また呉鳳明の策も明らかとなり、謄軍と蒙武軍を秦魏同盟軍の主攻に、乱美迫軍が謄軍と蒙武軍を場から抜けさせます。

一方、魏軍本陣に迫る千斗雲。

苦戦を強いられてた秦軍ですが蒙武、録鳴未の各将軍達がなんとか楚軍を追い込んでいく様子が描かれていた前回。

満羽と蒙武の戦いはどうなるのでしょうか?

そして満羽が虚無となった理由は明かされるのか?

『キングダム最新話ネタバレ657話速報』ネタバレありですので、注意してご覧ください!

また、

  • ヤンジャンを買いに行くのめんどい
  • 木曜に日付が変わった瞬間すぐ読みたい
  • 雑誌は重いしスマホやiPadで読みたい

そんなことを考えているあなたへ、無料で漫画を読める厳選3つの漫画サイトを調べました。

世にある漫画サイトを徹底分析!まんが村などの違法サイトについても考察しています。

気になる方は是非こちらの記事もご覧くださいね!>>

約束のネバーランドネタバレ最新178話!人間の世界へ!

\1か月間完全無料で読める/

 

キングダム最新話ネタバレ657話速報!

キングダム前話ラストで蒙武は不意打ちに近い形とはいえ、満羽の一撃を受けて落馬してしまう程の威力の攻撃を受けました。

「どうした蒙武。俺は汗明より弱いぞ」と言う満羽。

女性A
満羽は汗明より弱いの!?

満羽軍は満羽に蒙武へのとどめを促します。

しかし何やら満羽の様子がおかしい…満羽は蒙武を観察しているようです。

その間に蒙武は再び乗馬し、闘志を剥き出しにする蒙武。

満羽は相変わらず余裕の表情です。

 

魏軍本陣に迫る千斗雲

千斗雲を先頭に、千斗雲軍は魏軍最終防陣まで近づいていました。

「そこまでだ。楚の暴将」龍范は千斗雲を見据え、龍范の「葬れ」の言葉で光華狼が突撃を開始。

また新しい敵の登場に千斗雲軍は慌しくなります。

これで千斗雲軍は前方を魏軍本陣。

右方を龍范軍、後方を録鳴未軍にと3方を囲まれてしまいます。

女性A
でも全然千斗雲は怯んでるような感じしないわね
男性A
龍范と録鳴未が今後どんな戦いを繰り広げていくのか、活躍が楽しみだな!

 

蒙武vs満羽

再び馬に乗り態勢を整えた蒙武。

しかし、やはり満羽の力は凄まじく蒙武軍はまさかの事態に焦ります。

満羽と汗明は戦り合ったことはないそうですが、満羽の絶対的な強さを確信していました。

それは汨国時代、満羽は迫りくる楚の将軍たちと戦い討ち取ってきたからです。

女性A
満羽は、俺は汗明より弱いぞなんて言っていたけど…そんなことあるわけないわよね

 

“背負うもの”が与える力

満羽が蒙武の中にあると気づいた“背負っているもの”、それが強さに繋がることを満羽は知っていました。

それは満羽も「かつては大きなものを背負っていた」から、しかし今は「今は解放された。楽なものだぞ」と蒙武に語りかけます。

今の満羽の楽しみは「お前を“背負うものごと”打ち砕くこと」

全力で蒙武を叩きのめすつもりでいる満羽。

その言葉に蒙武は“これが本当の力だ”と言わんばかりの一撃を満羽に食らわせました。

 

呉鳳明の更なる策とは

戦場を見守る寿胡王の元へ、戦況報告が届きます。

「いつから秦魏はそこまで仲良くなった」と呟く寿胡王。

部下たちが什虎城への一時退却を進言しましたが、什虎城は急展開を迎えていました。

なんとそこには魏軍が井闌車を率いてやってきたのです。

男性A
魏軍は什虎城に突入できるのかな?続きが気になる!

 

昌平君は秦を去ってしまうのか?

男性A
蒙武が背負っているのは“秦国”だよね?
女性A
でも今その中心で国を動かしているのは親友である昌平君よ

秦の軍総司令官である昌平君、しかしもともと彼は楚の国の者です。

忠実では、紀元前226年に秦国を去って楚へと戻った昌平君。

きっと今回の話はこれから繋がっていくのでは無いでしょうか?

 

魏軍を率いていくのは?

『什虎城への突入を試みる魏軍だが…!?』という次号予告で終わった今回のキングダム。

きっとそう簡単には什虎城への突入できなさそうな気配があります。

魏軍は誰が率いていくのでしょうか?

蒙武vs満羽の激闘も楽しみですが、魏・楚ともに本陣付近まで近づいた今、什虎城での攻城戦も始まりました。

今後の展開から目が離せませんね!

 

蒙武は満羽に倒されてしまうのか?

656話では、一撃で落馬してしまう攻撃を蒙武に与えた満羽。

いくら不意打ちとは家、満羽の矛を蒙武は避けられませんでした。

今までも苦戦を強いられてきた蒙武ですが、過去にないピンチに立たされている蒙武。

史実では、蒙武の活躍は大々的に描かれていることはありません。

もしかしたら、今回の戦いは負けてしまう可能性もあるかもしれませんが、蒙武には何度でも立ち向かって欲しいです。

 

国を背負うという事

蒙武を圧倒しそうな雰囲気は感じていましたが…やはり圧倒的な力を見せつけた満羽。

“かつての俺達”と言っていた満羽ですが、かつて…とは国を背負っていた時のことを行っていたのでしょうか?

力で押し通すタイプの蒙武、しかし汗明を討ち取るほどの力を発揮できるのは“背負っているものがあるから”だと満羽は感じたようです。

 

秦国軍の顔になるべきもの

もしかしたら蒙武に影響を与えた王騎「秦国軍の顔になるべきひとりである」という言葉も背負っているものの一つかもしれません。

国を背負い、そして戦うということはかつての満羽たちと同じことです。

彼らは“楚軍であって楚軍にあらず”の状況ですので、命がけの戦いであっても虚無感が暑のかもしれません。

蒙武はこれからそんな満羽に、どのような影響を与えていくのか…蒙武の戦い方には注目ですね。

 

満羽が虚無となった理由

もしかしたら蒙武の背負っているものは昌平君との約束という可能性もあると思います。

そして満羽。

この満羽が背負っていたものとは民、そして国だと思っています。

きっと満羽が虚無を悟った理由は、民のために戦っていたはずが国が亡くなり、軍だけが生き残った。

命がけで戦ったのに民にも見放されてしまった事が理由ではないでしょうか?

背負っていたものに裏切られた満羽は、かつての自分と重なる蒙武。

もしこの理由が当たっていれば、蒙武が背負っている物を打ち砕くのが楽しみだと感じてしまうのもわかる気がしてしまいます。

 

Twitterファンの感想は?

 

キングダム最新話ネタバレ657話速報!まとめ

 

『キングダム最新話ネタバレ657話速報!満羽が虚無となった理由』はいかがだったでしょうか?

楚の生まれである昌平君。

今後の展開で、どのように繋がっていくのか気になる今回のお話でした。

きっとこれから満羽が虚無となった理由も、明かされていくでしょう。

「背負っていたもの」があったけど…という満羽の話は、重要なポイントとなりこれから描かれそうですよね。

次回のキングダムもたのしみですね!

最後まで『キングダム最新話ネタバレ657話速報!満羽が虚無となった理由』を読んでいただきありがとうございました。

また、

  • ヤンジャンを買いに行くのめんどい
  • 木曜に日付が変わった瞬間すぐ読みたい
  • 雑誌は重いしスマホやiPadで読みたい

そんなことを考えているあなたへ、無料で漫画を読める厳選3つの漫画サイトを調べました。

世にある漫画サイトを徹底分析!まんが村などの違法サイトについても考察しています。

気になる方は是非こちらの記事もご覧くださいね!>>

約束のネバーランドネタバレ最新178話!人間の世界へ!

\1か月間完全無料で読める/