嵐の解散理由は大野智だった?引退の可能性も?

嵐の解散理由は大野智だった?引退の可能性も?
Pocket

スポンサーリンク

嵐の活動休止報道が2019年1月27日にありましたが、その理由がリーダーである大野智さんのためであったということで世間を騒がせていますね!

嵐というグループがここまで世間を騒がせる国民的アイドルとなっていたことに、正直驚きを隠せません。

活動休止と聞くと、もはやその先には解散しかないように思えてしまいますが、活動休止の理由になぜ大野智さんが登場するのでしょうか。

芸能界引退の可能性があるのかも気になります。

一部のメディアやサイトでは大野智さんが芸能界を引退するのでは?という話も出ています。

今回の嵐の活動休止は大野智さんに原因があるのか、それとも嵐メンバーに原因があり大野智さんが嫌になってしまったのか、いったいどちらなのかも気になりますよね。

嵐の解散の可能性や活動休止の理由、また大野智さんの芸能界引退の可能性について調べてみました。

ジラフくん
大野くん、嵐を脱退するとかではなく芸能界を辞めたいってマジなの!?
エフレファンくん
大野くんがいなくなったら、なんだか嵐がつまらなくなりそう、、、
それだけ大野くんの存在って大きい気がするな!

スポンサーリンク

 

嵐の解散理由は大野智って本当?芸能界も引退してしまう?

嵐の活動休止に伴い、その説明をしたのがリーダーである大野智さんでした。

説明の中で話していた内容は、実は以前からテレビ番組で話していたことでもあり、驚きよりもやはりそうだったのか、と思うファンの方も多いのではないでしょうか。

大野智さんの長年秘めてきた想いを紐解いていきたいと思います。

 

活動休止の動画で話した内容とは?

活動休止を報告する動画になりますが、5人を代表してリーダーである大野智さんがその理由を話しました。

簡単に要約すると以下の通りです。

  1. 2017年6月に大野智さんがメンバー4人に2020年で嵐に区切りをつけたいと伝える
  2. 2020年はデビューから20周年であり、区切りが良いため一度嵐をたたみ、5人がそれぞれの道を歩んでいきたい
  3. 大野智さんは何事にも縛られずに自由な生活をしてみたい
  4. メンバー1人1人とは何度も話し合い、活動休止という結論に至った

今回の活動休止の原因となる発言をしたのは、やはり大野智さんでした。

なぜ大野智さんが嵐に区切りをつけたいと考えていたのか、その理由は過去に遡ると見えてきます。

 

大野智が休みたい理由とは?

それでは大野智さんが嵐を活動休止して、いったい何をやりたいのか気になりますよね。

「何事にも縛られない自由な生活」とはいったいどんなことなのでしょうか?

その理由は3つ考えられます。

一つづつ見ていきましょう。

 

元から嵐をやりたくなかった

実は嵐の結成の際に大野智さんは嵐への加入を拒みました。

ジャニーズとしては、バラードを歌う嵐には歌の上手い大野智さんは必須と考えていた様ですが、当の本人はそれを拒否!

結成する直前、大野智さんは携帯も2週間電源を落として音信不通となっていたとか。

そもそもグループに加入すること自体が嫌だった様です。

 

本当は嵐の10周年の時に辞めたかった

嵐15年目の告白で、本当は嵐10周年の少し前に辞めたかったが、思いとどまったことについて話をしています。

趣味が講じて絵画やフィギュアなどの個展もやって、嵐としてやりたいことは個人的にやりきったと大野智さん自身は感じていたようです。

 

自分の好きなことをする時間が欲しい

ダンスも歌も演技も芸術も、実はなんでもこなせる器用な大野智さんですが、嵐としてのグループではダンスも歌もしっかりこなして個人的にはやりきった想いが強いようです。

個人で手がけていた芸術活動や、時間がないとできない世界旅行、趣味の釣りなど日頃は芸能活動が忙しすぎて十二分に時間が取れず、長い間ずっと我慢してきました。

10年以上前からその想いはありましたが、グループのリーダーとして嵐を途中で投げ出すことなく引っ張ってきました。

そんな責任感の強い大野智さんが、メンバー1人1人と話し合いを重ねて出した結論が今回の活動休止だったのです。

20年間嵐として、そしてメンバー全員が個人でも多くの仕事をこなすことができるようになったことを大野智さんは見越して、現時点で嵐が活動休止しても問題ないと判断したのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

嵐が解散しない3つの理由とは?大野智も引退ではなくお休み

活動休止により解散も心配されている嵐ですが、恐らく解散することはないでしょう。

その理由は、嵐のメンバー5人の絆の強さが本物だと見て取れるからです。

活動休止発表直後の会見で、大野智さん以外のメンバーが話す姿やその内容を見れば納得がいくと思います。

さらに色々と調べてみると、大野智さんが自分の好きなことを追求してきた実績があること、活動休止はその部分にさらに時間を費やしたいから、という理由が明白であることもよくわかりました。

大野智さんがやりたいことをやる時間を取る為に、メンバー全員が納得して活動休止の発表をしたことは容易に想像ができます。

さらに詳細に解散しないであろう理由を見ていきましょう。

 

解散しない理由① 大野智のガチな趣味

大野智さんはガチンコで釣りが大好きなのをご存知でしょうか?

超忙しい仕事の合間に時間さえあれば海へ出かけて釣りに時間を費やしていました。

釣りをしたことのある人はわかると思いますが、釣りというのは本当に贅沢な時間を過ごせる趣味であり、とにかく「時間」が必要です。

釣り糸を垂らしてただひたすらにのんびり待つ、待っている間にぼんやりすることもあれば考え事をすることもあります。

そんな贅沢を過ごす時間は、アイドルとして引っ張りだこな大野智さんにはほとんどありません。

活動休止後は趣味に没頭する時間を確保するのは間違いなさそうですね!

 

解散しない理由② 芸術に本腰を入れる

またしても大野智さんの趣味の一貫ですが、大好きな芸術の時間を確保したいが為の活動休止でもあると推測できます。

大野智さんは絵を描いたり、フィギュアや造形物を作るなど芸術の分野でも高く評価されています。

元々は趣味として取り組んでいましたが、作品が増えてきたことで過去に個人の個展を開催したこともあり、その芸術的センスは多くの芸術家から高い評価を得ました。

有名な芸術家ですと水玉模様の作品がよくメディアにも取り上げられている草間彌生さんとの交流も深く、その芸術的センスを認められています。

初めての個展「FREESTYLE」は2008年に表参道で開催されましたが、なんと二度目となる個展「FREESTYLE Ⅱ」は中国の上海で開催されました。

日本だけでなくアジアでも人気のある嵐、そしてそのリーダーである大野智さんの個展ということで、上海で行われた二度目の個展には中国人の大行列ができたそうです。

活動休止して自由な時間ができたら、世界を旅して回りたいとも話していた大野智さん。

芸術活動にもさらに本腰を入れて、世界中を回りながら個展を開いて新しい世界を切り開いていくかもしれませんね。

 

解散しない理由③ 嵐のメンバーの硬い絆

嵐の活動休止会見の際に「無責任ではないか?」という質問をした記者について、その質問はおかしいのではないかと大規模な炎上が起こりました。

しかし、その無責任な質問に対して答えた櫻井翔さんや二宮和也さんの対応が素晴らしいと、逆に賞賛される結果になったこともまた驚きでした。

この「無責任ではないか?」という質問問題の一連の流れを簡単に説明します。

  • 記者が「今回の活動休止は無責任ではないか?」と質問
  • 櫻井翔さんが「活動休止まで約2年間の期間を設けている。今回の活動休止はメンバー全員でしっかりと話し合った上での決断であり、活動休止までの期間で無責任ではないということを僕たち嵐が証明していきたい。」と冷静に返答。
  • 質問があった際に表情に少し強張りがあるも、怒りをあらわにせず逆に賞賛の声が上がる
  • 記者が続けて「他のメンバーにも活動休止したい思いはあったのか?」と質問
  • 二宮和也さんが「今回リーダーである大野智さんが発表をしたことで、悪者になってしまうのではないかと心配しているが決してそうではない。1人1人話し合って決めたことであり、もし世間からそう思われるのであればそれは他メンバー全員の力不足。」と返答

今回の活動休止の発端は大野智さんであることは間違いないですが、活動休止を決めたのは嵐のメンバー全員であり、誰か個人の責任があるわけではありません。

ここまでメンバー1人1人が嵐のことを想っているというのは、本当に絆が強からこそだと思います。

他のジャニーズグループはここまでじゃないですよね。

以上の理由から、2020年をもって活動休止にはなりますが、解散とはならないと自信を持って予想ができますね。

 

まとめ

嵐の活動休止について、その理由は大野智さんの要望がメインではありましたが、嵐全員で決めた決断であることもよくわかりました。

解散と騒がれている現実もありますが、決してそうなる可能性は低いと思われます。

大野智さんもジャニーズを、芸能界自体を引退してしまうのでは無いかと懸念されましたが、体系を維持してまた戻ってきたいと本人が会見で話している様に、引退説もただの想像にすぎないと言えるでしょう。

先のことですのでなんとも言えませんが、たとえ嵐が解散してしまったとしても、それがメンバー全員の気持ちですので笑顔で受け入れてあげて欲しいものですね。

今後2020年までの嵐の活躍に期待して、また新たな情報が入れば追記していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です